源平観戦日記


イケ麺そば屋探偵〜いいんだぜ!〜 エピソード6「イタ子危機一髪! 伝説の亡霊」

前編 2009年6月6日/後編 2009年6月13日 / 24:55〜25:25 / 日本テレビ系列放映

【キャスト】
藤木直人(主人公)/古田新太/堀内敬子(主人公の姉)/生瀬勝久 京本政樹(義経を名乗る亡霊)/2人の弁慶(山西惇・八十田勇一)

【エピソード6のあらすじ】
主人公・潤太郎(藤木直人)の姉であるイタ子(堀内敬子)の前に、義経を名乗る武士の霊が登場。彼はイタ子に「静御前」と呼びかけ、一緒に冥府へ旅立とうと誘う。霊媒体質かつ共感体質なイタ子は陥落寸前。潤太郎は姉を救うことができるのか…!

■たまたま夜中、コーヒー飲もうとリビングに行ってTVつけたら放映してました。ぼんやり観てたら途中で「義経の霊」って登場人物たちが話し始めて、びっくり。しかも亡霊役は京本政樹でこれまたびっくり。観れたのはラッキーでした。
■さて。敢えて「義経役が京本政樹」と書いてないことからお察しいただけるように、この亡霊は、実は義経ではなかった…という展開です。

「義経は、死ぬときには既に【義経】ではない、大きな存在になっていた。霊は死ぬ直前の名が呼び名である。」

これで「…馬?」と思ってしまった私は、タッキー義経のインパクト強すぎ。答えは【ジンギスカン】でした。
というわけで、この亡霊は義経ではない。じゃあ誰なんだ…!?となるわけですが、そこはラストであっさり明かされます。
(ネタバレ注意・文字反転しときます)

答え:佐藤弟。忠信は義経の影武者になって死ぬが、影武者生活が長かったので、死んだ後に自分が義経だと思い込んじゃったんだそうで、でもって実は静御前にひそかに想いを寄せていたそうな。

アリといえば非常にアリな展開ですね。この展開になんとなく既視感あるんだけど、何かの小説かドラマでもあったのかな?
■今回しか観てないので、毎回こうなのかはわかりませんが、主人公は狂言回しで、メインはゲストキャラとイタ子。TV番組ですが、展開とか間の取り方とか、無駄なセリフや小ネタで笑わせるトコロは、小劇場(って今はもう言わないのかな)ノリです。役者さんも舞台の人ばかりですしね。私が高校で演劇部員だったころ、鴻上尚史氏や成井豊氏の作品がすごく流行ってて、どのくらいはやってたかというと、影響受けて早稲田大で演劇やるぞーって進路決めた人が何人も出たくらいだったのですが、その頃のノリを思い出して懐かしくなりました。
しかし、懐かしくはあるんだけど、ドラマとしてはテンションが空振り気味なんですよ…惜しい。
■さて、ドラマの内容のほうですが、本物義経からの懐ふかーい言葉を頂戴した京本義経は、イタ子を解放して成仏します。ラスト手前でイタ子が静御前として舞うんですけど、こういうドラマならではの自由度高い舞い方で、却ってイキイキしてて良かったですよ。くるくる袖がひるがえって。ちなみにいきものがかり「SAKURA」に合わせて待ってました。そうくるかー。
このドラマ、全体的には非常にゆるいんですけど、義経だけテンションもテンポも違ってて、良かった。
時代劇かつ美形人物かつコメディという役ドコロは、京本氏にぴったりでしたね。楽しそうでした。「八艘飛びノリツッコミでおなじみの源義経」は笑った。
[PR]
by mmkoron | 2009-06-14 21:52 | その他映像・劇 等

<< 能・狂言・平曲による平家物語の...      五上楽 平家公達徒然 >>

源平関連の本・ドラマなどの感想文あれこれ
by mmkoron
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のトラックバック
スキヤキ・ウエスタン ジ..
from 徒然独白 - 手鞠のつぶやき
小栗旬 カリギュラ 関連..
from 小栗旬 画像・動画 最新情報..
小澤 征悦『西郷隆盛』役
from 篤姫(あつひめ)大河ドラマ
リンクなど。
きよもりよりもよき
まみころの平家物語サイト。
あらすじ紹介漫画とか人物紹介など。



まみころのブクログ
源平関連以外の読書日記はここに。読む本にあまり偏りはないと思ってたけど、こうして見るとすごく偏ってる。
以前の記事
その他のジャンル