源平観戦日記


第20話「前夜の決断」

今回、最初見てて、「ん?どうして??」と思う箇所が多かった。
で、見直してみて、
 ・後白河側と崇徳側、どちらが優勢になりそうだと、武士たちが考えていたのか
 ・頼盛が何を考えてるのか

を私が誤解してたので、違和感があったのだとわかりました。
「事前に兵力のかき集めをはかった後白河側のほうが優勢」
と思って見始めちゃったから、なぜ頼盛が崇徳側につきたいのかが腑に落ちなくて不思議だったのです。
「生き残りたいなら、後白河側で問題ないじゃん。一門の存続のために、両陣営に一門を置こう…と考えているのかな。でも、一門の命運よりも自分の命運のほうを気にしてる風だし…」って。
 ・よほどの武力差にならない限り、両陣営の力は拮抗している
 ・頼盛は、一門の存続云々というよりも、超保守で、勝つ側につくことを重視している

と思って見直すと、違和感ないですね。

====================================

■冒頭には西行登場。彼は京に来たところを鳥羽院崩御に行き合ったようで、感傷にひたります。
が、彼に語りかけられた清盛は、武士の棟梁としての顔で「戦になるぞ」と告げます。
■雨の中、呆然とする崇徳に音も無く接近・捕捉(笑)した頼長は、崇徳に自分も同じ状況なのだと呼びかけます。自分も政から追い出されてしまった、世の中は狂っている…と頼長。「うまくいかないときに、自分が間違ってるのではなく世の中のほうが間違ってると考える」という、自滅回路に完全にハマってます。
それを黙って聞く(聞いてないのかも)崇徳。烏帽子まで濡れて「しょぼん」って感じになってるのが、ちょっと笑っちゃう。

しかし、「あいつらにぎゃふんと言わせてやろうぜ」以外に共通項がない二人が組んでる時点で、負け決定って感じだよなぁ。

崇徳と頼長は、すぐに戦を起こすという発想ではなかったようですが、二人が結託した動きを察知した信西は、先手を打って自分側(後白河側)に人々を誘致します。
信西は、前回のセリフにもあったように、敢えて大乱を起こし、ここで摂関家のイニシアチブを完全に奪うつもりでいますから、二人の結託は「よしきた!」状態なのです。早速諸国に参集の呼びかけを行う信西サイド。

■平家一門もその呼びかけを受けましたが、清盛は当面どちらにもつかないと判断します。焦らして、戦の恩賞を釣り上げるという作戦なのです。
頼盛は、恩賞が良いほうを選ぶという発想では、欲に目がくらんで勝つ側につき損なうかもしれないと危惧します。しかし、清盛は「ただ勝つだけでは駄目なのだ」と言い切ります。清盛は、ここで政治への発言権を得ようとしています。それでなければ、永久に番犬扱いで戦に駆り出されるだけの存在を続けるしかない。
■清盛が、感情移入していた鳥羽・崇徳親子を「切っ」て、ドライに徹しているのもこれが理由の一端でしょうね。他所の親子に感情移入するよりも一門が大事、というのもあると思いますが、動かされる側でなく動かす側にならないと、自分が解決できる問題があまりに少なすぎると思ったのでしょう。
視聴者は、清盛成長したなーって嬉しくなりますが、しかし頼盛はちょっと心配顔です。
彼はほかの兄弟と比べるとよく発言しますし、なかなか賢い子という設定のようですが、保守的というか、どうしても戦や政に対して受け身(勝つ側につくという発想や、戦のさらにその先の自分達のイメージはもてないところ)なところに留まっちゃう人のようです。
■一方、忠正叔父さんは、清盛の決断に対して黙り込んでいます。
その真意を問う家貞に対して、忠盛も同じ言葉を言っただろう、と清盛の決断を頼もしく思っている様子を見せるのでした。その後の展開に対しての、「決して清盛の意見に賛成していなかったわけではない」とう伏線になっているようです。
■態度を明らかにしない平家に、イライラする両陣営。
頼長は、自分の所領を分け与えると伝えていたようで、それでは不服なのかと不満顔。でも、資金潤沢な平家に、「うちの所領を一部あげる」ではなぁ。
武士は自分たちの争いに駆り出されるのが「仕事」である、って考え方なので、「いつもより給料ベースアップしてあげるって言ってるのに」っていう感覚なんでしょうね。相手が何を望んでいるのかを読み取って、それで釣るというような駆け引きをする相手ではないのです、武士は。

■後に引けなくなった崇徳サイドも諸国に呼びかけを行い、各地から武士たちが参集します。
ここで弁慶久々の登場。入京する為朝の軍に併走し、めっちゃはしゃぎまくってます。完全にチンピラ(笑)。
でも、この為朝の凄みを見て目をキラキラさせている弁慶だったら、義経を信奉しちゃうのもわかる気がするわ…。
為朝についてですが、見るからに「この人別格です。」って感じでいいですね。為義との会話シーンも今回初めて?ありますが、このドラマでは別々にずっと登場してたから、為義&義朝ほどしっくりきてなくて、「為朝が強いのは頼もしいんだけど、規格外に強すぎて親父ちょっと引き気味」に見えるところが、これまたいい。
■そんなわけで、源氏側は一足早く集結しました。義朝は後白河側へ、為義とその子たちは崇徳側へ。
美福門院に自分の忠義をアピールする義朝、一方、為義は「息子が敵側についたお詫び」から入っています。ここでも、為義が既に飼い犬属性になっちゃってて、そこから抜け出せない様子が見えます。
為義を見下ろし、「きっと勝て」と命じて去る頼長。
このセリフがよかった。完全にアウトソージング気分なのが伝わるわ~。「しっかりよろしくね」ってなもんですよね。「がんばろうぜ」じゃなく「がんばってね」なんだよな。
頼長にとって、自分がやるのは政争、武士がやるのが戦争って感覚なんでしょうね。
自分も「戦争」の参加者なんだと思い知らされたときのリアクションが、次回予告のうろたえっぷりなんでしょう。
■鎌田パパは親子が別れて戦うことを嘆き、なんとかしようと為義に呼びかけますが、為義は今更どうにもならないと諦めモードです。しかし、義朝のことをまだ心にかけてはいて、前回で義朝のもとから離脱して来た鎌田正清に「義朝のもとに戻ってもいいよ」と呼びかけます。しかし、正清は迷いの残る表情でここに残ると告げるのでした。

■立場を決めない平家に対して、後白河側が動きました。
信西が清盛を訪れ、清盛が恩賞のつりあげを狙っていることは承知していることを告げます。しかし、信西はそれを受けてオイシイ恩賞をチラつかせに来た…わけではありませんでした。
■信西に案内されて訪れた高松殿には、後白河がいました。
後白河は目で合図して側近たちをも下がらせ、清盛との直接対話を望みます。
既にこの時点で、後白河側での清盛の立場は、崇徳側(崇徳が直接語りかけることはなく、頼長の命令を受ける立場。頼長たちの私兵や傭兵扱いであって、陣営の核にはしてもらえない)とはかなり異なることがわかります。
■後白河が清盛を呼んで何を言い出すのかと思いきや、
 ・お前が武士の地位向上を狙っていることはわかっている
 ・でもお前の望みどおりになんかならないよーだ
 ・どんだけ焦らして粘っても無駄、とっとと決めやがれ(と、サイコロを投げる)
その前には、清盛が出生時に不吉な存在として忌み嫌われたことを、「私は知ってるよ」と話してます。この人は相変わらず、人のトラウマをつつくことで自分の優位を得ようとしますねー。
しかし、その挑発に対して、清盛は後白河との戦いには負けない、と言い放つのでした。
■と言ったからには、清盛は後白河と戦うほう、つまり崇徳側につくのかと思いきや。
清盛は後白河側につくことを決断します。なぜそう判断したのか。
後白河は清盛の目論見を見抜いていた。そして、どちらについても武士の立場向上など不可能、と言い放った。清盛としては、薄々思っていたところを突かれた状態です。
ただ、では、どちらも武士を「自分たちのかわりに戦をしてくれる連中」としか思ってなかったとする。しかし、その場合、武士の動きに興味を持ちどう出るかを面白がっている後白河側のほうが、武士がのし上がれるチャンスがある…清盛はそう判断したのです。
わざわざ「お前の思い通りにはさせないよ」とクギを刺しに来た後白河は、武士の力をよくわかっていると。
■頼盛は、そんなチャンスに賭けるような戦は危険だ、ちゃんと分析して勝ち馬に乗るべきだと進言します。普段は脳筋の伊藤忠清も、「戦はすべてをかけてやるもの。(だから、猪口才な皮算用を持ち込まないほうがいい)」と言います。
それに対して清盛は、「じゃあ、お前らは天皇家や摂関家の争いに対して、命を賭けられるのか」と問いかけます。答えられない弟たち。そんな、他人の勢力争いに命をかけたいはずがありません。
清盛は、自分たちが命をかけられるもの…つまり、武士の未来をつくるためにこそ戦う、それを考えた結果の選択なのだと断言しました。ここで、盛国が会議終了を宣言。一門結束し、棟梁の決断に従おうと呼びかけました。
いやー、清盛頼もしくなりました。いろいろ考えて迷う分、具体的な「軸」が定まると強いっすね。

■さて。そんなわけで源平両方の立場が決まりました。
都での戦闘になるため、義朝や清盛は自分の家族を郊外に避難させます。
■義朝は、常盤を、由良と同じ館に避難させます(ここで、常盤の父母も同じ館で養われていることがわかります。両親にラクな暮らしをさせてあげられて、よかったね常盤。でも、それも長く続かないわけだが…)。
常盤を出迎える由良。こういうときの立ち振る舞いをできるほど世慣れてないので硬直する常盤に、由良はできた妻のあいさつをし、案内します。
■清盛のほうは、家成の娘が住む別邸?に、時子たちを避難させました。ここで重盛と、家成の娘・経子とのボーイ・ミーツ・ガール。四角四面の重盛が、ちょっとドギマギしてるのが可愛いですね。
経子は、まんまる顔に置き眉、一重?の目で、当時でも美少女顔だったかも。(もうちょっと目がシュッとしてるほうが美女顔かな。この経子は目もまるっとしてる感じですね。)

■清盛の決断に不満が残る頼盛は、自分の部下を集めて、崇徳側につくことを伝えます。それを「なりません」と遮る宗子。清盛の決断は、父の決断だと受け止めろという宗子に対して、頼盛はその胸のうちを語ります。
ここで、いままで、何を考えてるのかわかりづらかった頼盛の価値観がわかります。
彼は超保守、手が届く実利重視という人のようです。とにかく、戦で命を保つのが最優先、次が恩賞。だから、賭けに出るような清盛には賛同できないと。
いわゆる、「給料分働けばいい」タイプに近いのかな。「せっかくだからデカいことしようぜ」タイプや、「自分の存在感つくろうぜ」タイプにはついていけない、だからその方針に従わなくて済むように、袂を分かつと。

■そんなことは知らない清盛は、家族に見送られて出陣。重盛・基盛に勇ましく送り出す言葉をかけつつも、命を無駄にしてはならないと無事を祈る時子。ちゃんとお母さんしてますねー。
その前の、経子のシーンで出てきた重盛との「避難時に源氏物語なんて持ってきてー!」って会話でも、ほのぼのと親子のやりとりをしてて、安心した。
時子のおなかには、新しい子が授かっているそうです。
「こんな時期にだなんて、戦上手の子になるぞー」「そんなこと言って、娘だったらどーするんですか」って会話してますが、時期的に重衡(盛子が時子の子だとしてももう生まれてるだろうし…)でしょうから、まぁ確かに戦上手だ。
■義朝も、由良・常盤に見送られて出立。義朝の、為義への思いを見てきた常盤は、どうしても納得がいかない様子。親子で戦うことについて、これでいいのか? かけがえのない身内と戦うことになるのに…と、言う常盤。かつて親子仲直りを画策していた由良も気持ちは同じでしょう。
しかし、「できた妻」である彼女は、逆に激励する言葉をかけ、夫を見送るのでした。義朝は、父親思いの義朝と、源氏の地位向上を目指す義朝に分裂して葛藤してるわけですが、由良は後者に寄り添うと決めたのでしょう。
義朝の性格に対しては、この由良の性格はソンする性格なんだよなぁ。。。
■為義側でも出立です。さりげなく通清・正清を置いて立ち去る為義。こういうところが、いい人なんだよね。
そして、父・通清は、正清の前で義朝を罵倒してみせます。明らかな誘導なのに、それに乗っかって「源氏の行く末を真剣に考えてる義朝様を悪く言うなキー」となってしまう正清。
その正清の様子を見つめながら、目の力を緩める通清がすごく良かった。
「厄介な殿を見捨てられないのは、わし譲りじゃの」。そう言って、息子を義朝のもとへ送り出す。
敵味方に分かれても、「お互いの主君を理解し、仕える」というところで絆をつなぐことを、この父子は選んだんですね。ここはちょっと泣けた。私、「てっぱん」大好きだったから、正清をつい応援しちゃうってのもあるんだけど。

■そして頼盛。宗子の制止もきかず、崇徳側につこうとする彼を止めに来たのは、忠正叔父さんでした。
忠正は、兄弟がバラバラになることは忠盛の遺志に背くことになると、頼盛を止めます。ひとり崇徳側についたとき、たとえ勝利したとしても、頼盛は「身内を裏切った」というそしりを受けます。そのときに、宗子や亡き忠盛がどれだけ悲しむかと。
しかし、頼盛は、後白河側が負けた場合の保険がなかったら、一門根絶やしではないか!と反論します。
(でも、頼盛は、一門存続の保険としてではなく、自分が生き残る為にこの選択をしてるんですけどね)
このシーン、この先…ほんとに先ですが、都落ちに頼盛が同行せず、しかし結局壇ノ浦からまもなく死んでしまうことを思うと、「ああ頼盛は、このときの忠正の言葉を忘れてしまったのか…」と胸が痛みますね。
■忠正に説得され、清盛の前に参上した頼盛。忠正は一緒じゃないの?という清盛・家貞に、忠正は崇徳側についたと伝えます。
一蓮托生が一門の絆!と忠正を連れ戻そうとする清盛を遮って、頼盛は忠正からの伝言を告げます。

「清盛、わしとお前の間には、絆などはなから無いわ!」

ここで、ショックを受ける清盛の姿も良かったけど、プルプル震える頼盛も良かった。彼はここでようやく「絆を断つ」ということが、どれだけ心に負荷を与えるのか、ようやくリアルに感じることができたのでしょう。
崇徳の陣で弓の手入れをしながら、前述の言葉をつぶやく忠正の表情も良かったですね。「ははっ、よくも言ったもんだわ」って感じでふっと微笑むところが。
ある意味、清盛を認められない自分とのジレンマに苦しんできた彼は、これで「清盛を認められない」「清盛を認めてやりたい」両方が折り合う自分の立ち位置を定めたことで、心が軽くなったのかもしれませんね。

■さぁ、いよいよ決戦です。兎丸たちも久々に自分たちの力の見せ所を得て、ウキウキ状態。平家の騎兵300が、後白河の陣営にやって来ました。そこにいるのは義朝。
天皇家・摂関家・武士の誰もが身内と戦う、保元の乱が始まります。
[PR]
by mmkoron | 2012-05-21 05:10 | 大河ドラマ「平清盛」

<< 第21話「保元の乱」      愚管抄 全現代語訳 >>

源平関連の本・ドラマなどの感想文あれこれ
by mmkoron
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のトラックバック
スキヤキ・ウエスタン ジ..
from 徒然独白 - 手鞠のつぶやき
小栗旬 カリギュラ 関連..
from 小栗旬 画像・動画 最新情報..
小澤 征悦『西郷隆盛』役
from 篤姫(あつひめ)大河ドラマ
リンクなど。
きよもりよりもよき
まみころの平家物語サイト。
あらすじ紹介漫画とか人物紹介など。



まみころのブクログ
源平関連以外の読書日記はここに。読む本にあまり偏りはないと思ってたけど、こうして見るとすごく偏ってる。
以前の記事
その他のジャンル