源平観戦日記


カテゴリ:大河ドラマ「平清盛」( 44 )



第10話「義清散る」

c0024548_23144810.jpg

■なんかキャンペーンに応募してたみたいで、お家に図書カードが届きました。どういうツールで応募したのかも覚えてないんだけど、してたみたい。
清盛のほうは保管して、カーネーションはカーネーション好きの後輩ちゃんにあげようと思います。まぁ普通に本買うのに使ってもらえばいいんだけど。カーネーションのヒロインは、そういや「義経」のときは義経正妻の「萌さん」でしたね。萌さんは思いを半分も言葉にしないタイプのキャラクターだったので、カーネーションとは全然印象が違う。萌さんは薙刀構えてもすぐへなへなになってたけど、糸子は奮戦しそうだ。うーん女優さんってすごいわ。
■そうそう。私、今年がチャンスとばかりに、各種キヨモリ関連のプレゼントに応募してるんですが、これが届いちゃうと、懸賞のきまりとかで他の抽選に当たらなくなっちゃったりするのかしら…それが心配…。


==================================

■さて、今回のタイトルは「義清散る」でした。なんだかこのタイトルだけ見ると彼が命散らしちゃいそうですが、実際は

義清、散る(恋愛成就的な意味で)。

でしたね。
私、義清が清盛を呼ぶときの「お前さん」って言い方がなんだかいかにも「らしく」て好きだったので、もうあれが聞けないのかと思うと残念です。
■今回のラストで義清は出家しちゃったわけですが、でも、「義清が生きていくには、この世はあまりにも混沌と穢れていたのです」みたいな西行を持ち上げた解釈じゃなかったところが好きだ。
彼が出家に至ったのって、本人が清盛に自己申告していた

「美しく生きていこうと思ってきたのが自分であり、
この世の泥の中で生きていく覚悟がない」


につきるわけですよね。
たまこ様をエレガントに泥の中からお救いする白馬の騎士のよーな自分の姿を思い描いてたのに、実際は一緒に泥に引きずり込まれて、むしろ自分が一番エグくなっちゃう可能性すら垣間見てしまった。
で、私はもういっこあると思いながら見てました。
彼がたまこ様を愛してたのかというと、そういうわけじゃないと思うんですよ。
たまこ様への執着は、我に返ったらあっさりなくなってたし。
彼は愛からの嫉妬でたまこ様の首をしめたってよりも、彼女を救えるのが自分ではなくて鳥羽院だということが許せなかったんだと思ったのです。つまり、彼は自分が心を寄せた案件に関して、自分が端役でしかないという状態にものすごく傷つけられたんじゃないかと。
自分自身への万能感ゆえに、自分がその他大勢でしかないことが我慢ならない。
かといって、当事者になって泥まみれになってガッツを見せるほど性根があるかというと、そんなことできない。
そうなると、どうすりゃいいんだって言ったら、役者やめてVIP席の観客になるしかない
そんな感じなのかなーと。
■娘にケリ入れるシーンは、面白いですね。
西行物語読んでても「なぜそこで!?」って思ったけど、ドラマで見てても「なぜ!?」って思った。
でも、役者さんは何らかの解釈がなきゃあんな動作できないわけで、それを表情をヒントに考えるのが、私みたいな人間には楽しくてしょーがない(笑)。
娘から「うつくしいでしょ」って桜の花びらを渡されて、「ああ、うつくしいな」って答えるところまではカタいとはいえ穏やかな表情。でも、手のひらの花びらがさっと遠くに行くところで凄い形相になってましたね。
私は、あれを「ああ、この西行にとっての美しさは、時間を止めたような美なんだな」と理解しました。
元々、的の真ん中に矢が当たるのが美、和歌の言葉がパシっと決まるのが美、って人だから、過程よりも結果が彼にとっての審査対象なんですよね。
ここにいたら、手のひらにかすかにある美すらも、自分の手から流れ去ってしまう。ここにいる限り、自分にそれをとどめる力がない。だって、自分はいざとなったら一番ドロドロな人間だから。
そのことに絶望した表情がアレだろう、と思うと、いっぱいいっぱいになっちゃって「現実」を思い切り蹴っ飛ばしたってことなのかなーと思うわけです。
■さて、こういう解釈で見てると、彼みたいな人(芸術方面の才能はおいといて)って、実はよくいるような気がするし、自分にもそういうトコある気がします。
自分のバカさをさらけだしてでも議論してじたばたする「当事者」になるよりも、「第三者」になることを選ぶという思考です。西行の場合は、高みの見物を決め込む第三者でもなく完全にアウェーな人になろうとしてるんだと思うので、その辺は彼のほうがよほど立派ですが、当事者になって恥かくのがイヤだから批評家になるってスタンスは、わりとよくあること。自分にもそういうトコロがあるってわかってるので、そのへんは身につまされながら視聴してました。考えすぎかしらね。
でも、この義清の選択って、そういう思考がある気がします。堀河局は鳥羽院を「たまこ様から逃げた」って言ってたけど、義清も逃げたわけで。たまこ様は、自業自得とはいえお気の毒…。

■さて、今回のメインについて語ったところで、ここからは見所ピックアップです。

1)相変わらず祖父に辛口な頼朝
「それなりに検非違使として…」て、ひどい。朴訥とした語り口でありながらも、一般の人には稀なほど「客観視」ができる人…ってことなんだろうけど、それにしてもひどい(笑)。
あ、そうだそうだ。平家一門が強訴を退けようと矢を射掛けるシーンでは「神輿さえはずせばよい!」って、伏線敷いてましたね。
義朝さんは、抗争の助っ人みたいな仕事で、顔を広めてる真っ最中です。前回、手堅くやってく宣言みたいな会話してたわりに、めっちゃ危ない橋渡ってますがな。

2)鳥羽院のツンデレヘタレ全開。
「お前が浮気しても、ぜーんぜんへっちゃらだもんね!」とわざわざ抑揚つけて上から目線で当人の前で言ったものの、途中でつい気弱に振り返っちゃう。
鳥羽院もたまこ様もこの時点でアラフォーのはず。大丈夫かこの人たち(笑)。
鳥羽院、頑張って威厳あるとことか腹黒いところ見せようとするけど、根が繊細な人だから不発になりがちなところが気の毒でしょーがない。

3)けっこう頼長の性格描写が丁寧だ。
■前回の「気分がわるうなりましたので、失礼します」でもちょっと思って、今回の「院に文句言いたいから帰らず待ってるわ」でますます思ったんですけど、正直な人なんですよね。
たまに会議とかやってるときに、「この議論の時間って無駄じゃないですか?」とか言い出して皆をドン引きさせる人がいますが、それに近い印象を持ちます。そうかもしれないけど、それ言っちゃうんだキミ…みたいな。
■今回は、高階通憲とはある種の気が合うところがまた出てきてましたね。一方、義清は目障りに思ってる。あくまでも自分の理解の範疇内で「他人の才能を認める」ってタイプだってことですね。
「おっ、あいつ面白いことするなー」みたいな余裕がない。さっきの正直さもそうですが、若さゆえと本人の生来の資質の問題で「余裕がない」タイプとして描かれてるんだなーと理解しました。
…って、このドラマって「微妙に小物」キャラが多いよね。私は実際にこのあたりの人たちってそういうところがあったと思うので、その人物解釈が面白いんだけど。

4)清盛と義清の関係がいい
殴るシーンは何度も何度も台詞言いながらボカッっとやってたので、「ひえー清盛なぐりすぎだよ。もう義清の顔がボコボコになってるんじゃないか!?」って思ったのですが、口の端が切れてるくらいで済んでたのでよかったです(^^;
清盛と義清の関係って、どういう友だち関係なんだ?って思ってたんですけど、今回の清盛の反応を見て、
「あー、清盛にとっては義清って『自慢の友だち』だったんだ」
ってわかりました。
義清は何でも清盛よりも優れていて、初期は清盛はそれに対して「ちくしょー」と思ってたっぽいですが(流鏑馬の頃とか)、この段階ではそういう義清が自慢だったんですね。あの泣きながら殴ってるシーンの台詞で納得。
そうすると、このドラマの清盛ってほんと、生まれのせいでひねくれちゃったけど、基本は素直な人のいい性格なんですね。最近は、家庭も円満だから、彼の「お人よしでせっかちだけど親切」な気質が前に出てきてますね。しかし、次回ではいきなりそれが逆噴射するようですが。楽しみです。

5)雅仁さまはどうやら「かわいい」役ではないらしい
雅仁様は、元服のお式にコーラス&ダンサーズを召喚。今でいうと、高校の卒業式に突然自分のバンド仲間と舞台に乱入する感じでしょうか。…実際にいそうだな。
その後に得子とイヤミの応酬をするのですが、割って入った自分の母親・たまこ様の普段と違う様子を見ても「あれ?」って表情でなく、そのまま「ふーん」って顔つきでしたね。
あそこで「あれ? お母さんどうしたん?」って反応だったら、脚本は雅仁の可愛気を残そうとしてると思えるわけですが、実際は無表情。このドラマの中での雅仁は、そういう、暖簾に腕押し的な、人のがんばりが届かないジョーカー的なキャラクターになるってことかな?ってちょっと思いました。

■次回予告では子どもが二人お相撲してましたね。基盛が生まれて、さらに成長もしてるってことは、かなり時間が経つのかな。そろそろ中盤開始に向けて、序盤を畳み始めてますね。次回も楽しみ。
[PR]
by mmkoron | 2012-03-12 23:49 | 大河ドラマ「平清盛」


第9話「ふたりのはみだし者」

今回のタイトル、はみだし者・その1は雅仁だとして、もう一人は清盛なんですかね。今回のお話ではあまりはみだしてなかったので、ちょっと違和感。むしろ、「すげーよ清盛、ちゃんと出仕して社会人してるじゃん!」って思ったんですけどね。
むしろはみだしてたのは崇徳帝だったような。はみだし1が自分から偽悪的にはみだしてるのに対して、自分の意志ではなくはみだしちゃってる感じ。

=================================

■今回最初に登場したのは、初登場・雅仁親王でした。後の後白河院ですね。
でもまだ重盛が生まれたての頃なんですから、この親王様は11歳とかその頃だということに…
そんで場末で博打体験してるんですね。今でいうと小学生が名古屋今池駅裏のパチンコ屋で打ってるような感じなんでしょうか。しかも見るからに高級そうな派手な服着て。
末恐ろしい小学生ですね、じゃなかった親王様ですね。
■興味深かったのは、このシーンに出てきた遊女(かなり下層っぽい)らしき人です。もろ肌脱ぎで、足も丸出しな感じでした。ほんとに下層だったら、こういう直接的なカッコの人もいたのかもなー。

■で、季節は春です。
思いつめた顔で座り込み、固まってる清盛のもとに、赤ちゃんの鳴き声が聞こえてきました。重盛誕生です。
赤ちゃんを抱きしめて涙をほろほろ流す清盛。「血を分けた、俺の子じゃ…」のつぶやきにじんわりくるのは、これまで散々、清盛の寄る辺なさを見てきたからですね。見守る盛国のカットもじーんときた。
しかし、次の宴会シーンで盛国が絡み酒だったことが発覚(笑)。
■忠盛&宗子からもお祝いの言葉があり、さらに宴会には家盛が駆けつけてくれました。兄弟二人水入らずで酒を酌み交わす清盛と家盛。周りからの圧力がなければ、この二人は元来素直で純朴だし、仲良しなんだなーというシーンでした。
で、ここで「平家は兄弟の仲がよかったといわれる」と頼朝のナレーション。「それに比べて」と続いたので、自分とこの兄弟仲決裂っぷりを語るのかと思いましたが、自分とこは棚に上げて、鳥羽院子息たちの関係のことを語り始めます。

■この頃、帝(崇徳)はますます孤独病が悪化中。
中宮聖子(マツダのほうじゃなく、藤原忠通の娘の聖子さん。でも今回はお父さんが誰かは特に説明しませんでしたね。)は子が生まれないことを恥じてるのか帝と距離を置き、そして同母弟の雅仁親王は場末の博打場通い。
雅仁の乳母・朝子の夫はなんと高階通憲です。夫婦ふたりで、彼が帝になる可能性に賭けているわけです。
通憲は、自分の学識を使った直球ルートの政界入りはあきらめ、搦め手ルートに切り替えたようです。
そんな彼らの「賭け」を皮肉る雅仁親王。
この時点では、この雅仁親王のキャラ付けが「底知れないお人」なのか、「小賢しい中二病」なのか判別がつかない感じです。
それにしても、朝子さんは浅香唯ですか。シーシーシーガールですな。

■さて、ここで場面転換です。
久々に聖子ちゃん(今度は松田のほう)も登場です。清盛が生まれた子を見せに来訪したのです。
「お久しぶり!」ってカンジのやりとりじゃないので、しばしば清盛はここを訪問してたようです。
しかし、聖子ちゃんこと祗園女御は、清盛の成長を見届けたのをよいきっかけに、都を出るんだと。しかし、彼女は「清盛も成長したし、もう安心」って気分でもないみたい。この先の波乱を予感してるようです。
その波乱に向かうことになる清盛に、賽の目ひとつで大逆転ができる双六の面白さを語りかける女御でした。
このシーン、二人が語り合ってる後ろで、重盛をせっせとあやしてる盛国がかわええ。
■さて。東国にも運命の前にいる人がひとり。
乳兄弟の正清と一緒に木登り中の義朝さんです。まだ迷走から抜け出せない彼は、木の上で正清に語りかけます。次に足をかける場所を間違えなければ、誰よりも早くのぼることができる、それが木登りだと。
この人生観というか出世観の対比って、今後に何か伏線になるのかな。
一発逆転の双六型(清盛)と、着実に手を打っていく木登り型(義朝)。私はあんまり清盛にバクチイメージはなかったし、義朝に堅実君イメージもなかったので、ちょっと意外な対比です。でも明らかに意図的にやってるよねこれ。
■とはいえ、義朝はまだ次にどこに足をかければいいのかわからない状態。
正清にも、もう少し辛抱してくれと申し訳なさそうに告げます。わざわざ一段下の枝に降りて上目遣いで言うの。義朝って、清盛にも由良にも傲慢というか強いところしか見せませんでしたが、正清にはホンネトークなのね。
それに対して正清が「いつまでも待つ」とか「一緒に頑張ろう」とかじゃなく、「落ちるときは一緒だ」って答えるのも、いいね。義朝を外面の強気に押し上げるんじゃなくて、弱気なまま受け止めてる。義朝に対する自分のポジションが分かってる答え方。ほんとに仲良しなんだなと思えるいいシーンです。
さて、そんな二人に、「勝ってくれたら部下になるから、敵をやっつけてー!」と三浦さんのお申し出。
堅実にやってこうと言ったそばから、いきなり棚ボタですよ!

■清盛→義朝ときたら、次は3バカトリオの3人目・色男佐藤義清さんです。
義清さんは、ソウルメイトになった帝の孤独をなんとかしてあげたいと、たまこ様のふわふわ病を改善しようと思い立ちます。
そんなとき、たまこ様のライバル・得子についに皇子が生まれました。のちの近衛帝です。
さっそく清盛はお祝いの品物を持って行きますが、ご寵愛の女性に子が生まれたというのに、鳥羽院は苦い顔。そのへんの事情がよくわからない清盛に、鳥羽院側近の家成は、生まれたお子のお誕生パーティーがじきにあるから、そこにおいで(そしたらわかるよ)と教えてくれるのでした。相変わらずいい人やね。
■この子の誕生は、当然今の帝(崇徳)にとっては不安の種です。心配する義清の前に、具合が悪いと言っていたはずの帝がわざわざお出まししてくれます。でも、何も言わない。何も言わないんだけど、義清の前に出てくる。具合悪いんだけど、義清に離れてほしくない…不安を言葉にできるわけじゃないんだけど、わかってほしい…。崇徳様、ほんと繊細ですね。

■そして生まれたお子さんのお誕生パーティーです。出席者は

・赤ちゃん ・お父さん鳥羽院 ・お母さん得子
・微妙に下座っぽい中途半端な位置に、たまこ様
・ゲスト席に忠実・忠通・頼長の摂関ファミリー
↑ここまでがアリーナ席↑
・スタンド席に清盛や義清たち武士連中

とまぁこんな感じ。鳥羽院がパーティー開会宣言をした直後、得子が「祝いに相応しい和歌を詠んで」と義清に名指しでリクエストします。
得子いじわるですね。義清が帝やたまこ様お気に入りであることをわかってて、敢えてわが子の誕生を祝う和歌を詠ませるのでしょう。ここで和歌を詠んじゃったら、ガラスのハートな帝がどんだけハートブレイクするかしれません。また「心傷ついてます」オーラ全開で御簾の前にお出ましになりますよきっと。義清、ピーンチ!
■しかし、義清はまさかの大勝負に出ます。帝・作の「瀬をはやみ…」の歌を詠んだのです。
今はこんな隔てられているけれど、いつか仲良くしたいねという、生まれた子への帝への思いを代わりに発表しました。と義清。
帝の孤独を出席者(主に鳥羽院とたま子様)に訴え、得子の傲慢を皮肉る、ナイス機転です。
ナイスではあるんだけど、一同ドン引き。
さらに、義清&帝の思いをけたけた嘲笑しながら、雅仁親王再び登場。赤ちゃん抱っこさせて、と受け取ったものの、やわらかいほっぺを興味に任せてぎゅうぎゅうつねって泣かせてしまいました。
それを「戯れが過ぎるぞ」とたしなめた鳥羽院に、
「私の戯れなんて可愛い物。(あんたたちの戯れに比べたら)」
と皮肉に笑う雅仁親王。

まぁ、確かにお戯れすぎだったよね。出勤前に押し倒したり。

国政をおろそかにするほど側女に入れあげて、さらにその側女は国母になろうと必死だし…と雅仁は続けます。あ、そういう意味だったのね。てっきりあの仰天プレイの数々を指しているものだとばかり(赤面)。
■さーてここからが本番です。雅仁にイヤミ言われたところで、

得子「私は国母になりたいわけじゃない。ただただ福々しい天然女を叩き落したかっただけ。」と
いきなりホンネ暴露。白河との子を帝にしたくせに…と暗黒トーク開始。
鳥羽院、やめてーと絶叫。

みんなドン引きしつつも、日本古来よりのスルースキル発動

強烈に悪意をぶつけられてたまこ様泣き出す…と思ったら、
「私は人をいとしく思うとかわからない。ただ白河院の言うとおりにしようと思って…」と的外れな告白。
鳥羽院、何か言おうとしてももう言葉も出ない。
おつきの堀河も何かフォローしようとキョロキョロするが、打つ手なし。

けらけら笑ってくるくる回りつつ雅仁退場

頼長は気分が悪いから帰る呼ばわりし、忠実は今日は面白かったわーと皮肉り、摂関家退出。「いつでもお力になりますよ」とか(声だけ)優しく(めっちゃ上から目線で)言われて、たまこ泣いてるし、得子はギリギリしてるし、もう鳥羽はちょんってつっついたら絶叫しそうな顔つき。
で、お誕生日会終了。

ひどい。こんなひどいパーティー、星飛雄馬のクリスマス会以外で見たことないわ!

■この誕生パーティーは、ぼんやりのたまこ様も流石にダメージを受けたようです。そこに義清が登場。
美しいもの大好き、面倒見るの大好きな義清君は、「たまこ様を愛に目覚めさせて、たまこ様を救い、帝をも救う」妄想プランを思い描いちゃったようです。多分、彼の脳内でランスロットみたいな騎士道物語が完成してます既に。
うーん、誕生会でのあの歌も今回も、「相手をエレガントに救う自分が好き」って感じなのかも…って思った。面倒見いい人なんだけど、土壇場では自分の様式美のほうを大切にしちゃう人だね。


■今回のお誕生パーティーは、息子が同じく生まれたばかりの清盛としてみたら、こんなお祝いしかしてもらえない赤ちゃん皇子がかわいそうでたまりません。義憤に駆られて通憲にくってかかる清盛ですが、そこに雅仁がまた勝手に外出しちゃったとの知らせが。
■雅仁様はまたバクチに出かけて、しかし今度は負けに負けてひんむかれたようで、下着姿で座り呆けておりました。最初に、キャラ付けが「底知れないお人」なのか、「小賢しい中二病」なのか判別がつかない…と描きましたが、負けたことを勝ったときと同じテンション楽しめてないあたりは、後者のようですね。
それを見透かされ、清盛に「あんたの奇行って、周りに構ってほしいための悪あがきだよね(意訳)」と言われてムカついた雅仁君は、清盛にバクチ勝負を挑みます。
曰く、「自分(雅仁)が勝ったら、清盛の息子・清太をもらう」と。で、無理やり勝負開始されちゃった清盛。
清盛もバクチ運は強いはずなのですが、こののち危ないところも常に勝ち続ける大天狗相手では分が悪い。サイコロで10以上を出さなければ負けちゃう!というところまで追い詰められたのですが…そこで無邪気にサイコロを手に取った清太が、10を出した。


重盛、これで一生の運を全部使い果たしちゃったんだな……


清盛は安堵のあまり放心状態です。が、気を取り直して、清太と一緒に「あがり」にコマを進めます。その二人一緒の「ひーふーみーよー」のほのぼのした声も、負けたことも全部ムカついた雅仁君は、なんと双六盤を振りかぶって、お邪魔虫・清太にぶつけようとする!

めっちゃ大人げない!!(子どもなんだけど。)

驚いた清盛。雅仁のワガママにも大人の対応をしていた清盛ですが、ついにキレます。清太を抱きかかえ、庇いながら「この先、清太に害をなそうとすることあれば、雅仁様のお命、頂戴つかまつる!!」。

うわー。これめっちゃ伏線ですね。
ちょうど私、各話紹介漫画がもうじきこの伏線の回収シーンに到達するので、感慨無量です。
ドラマでそのシーンをやるのは、おそらく40話くらいになってからなんだろうと思いますが、そのときにも清盛は「なぜ重盛を傷つけた!」って怒りを爆発させるのかな。想像するだけでうるうるしちゃう。
■しかし、清盛に対してひるまない雅仁。そこらへんのキモは座ってるんですね。平家の父子は王家とは違うと言う清盛に、でもお前に流れてるのは白河院の血じゃんって言い放ち、また高笑いで去っていく雅仁様なのでした。
登場回だったわけですが、雅仁君の性格は
 ・皮肉屋
 ・自分が常に上位からの観察者でいたい
 ・珍しいもの好きだけど、あくまでも自分が傷つかない前提でのチャレンジ精神

って感じのようですね。うーん、世の中に一定人数いる種類の人ですなぁ。
[PR]
by mmkoron | 2012-03-08 01:34 | 大河ドラマ「平清盛」


第8話「宋銭と内大臣」

■「宋銭と左大臣」やったあとの、NHKスペシャル「ヒューマン」のテーマが貨幣なんですね。
復習用番組が提供されてる気分だ(^^
■私が大好きなゲームに「アサシンクリード」ってのがありまして、その新作が今年の10月末発売に決定したらしいのです。10月末というと、この大河ドラマも終盤にさしかかって、私が「あああと1か月で毎週日曜の楽しみもなくなるのか…」としょんぼりしてる時期ですよね。その時期に新作ゲームを投入してくれるなんて、

世界はなんて私にやさしいんだ…!!

物語の舞台はこれまで 十字軍時代のエルサレムとかアッカとか→イタリアルネサンスのフィレンツェとかローマとか→陥落後50年くらい経ったコンスタンティノープル ときたんですが、次はどこになるんだろう。
町並みのグラフィックがほんとキレイなんですよ。私はイスタンブールは行ったことないからピンと来なかったんだけど、ローマとフィレンツェは旅行して歩き回ったから、ゲームやっててふるえが走った。
日本が舞台だったら嬉しいけど、でも、高い建物の屋根を駆け上がったりするのが楽しいゲームなので、日本の建築は向いてませんね。チャイナマネー効果で中国とかないかな。紫禁城をてけてけアサシン走らせてみたいわ。


■さて。いつものように脱線しましたが、大河の感想です。
今回は、次への仕込みの回というか、インターバル的な内容でしたね。

1)悪左府登場
■彼については、非常に情報が多かったですね。菊酒云々で軽く入ったうえで(あの花びらの取り出し方が、また性格わかるわーって思った・笑)、

・成り上がりの得子に批判的
・きっちり好き(最後、自分で調度にブラシかけてて笑った。八条女院の屋敷に行ったら気絶しそうだ。)
・書類で固めてくタイプ
・高階通憲とは気が合わないわけじゃない(信西のほうが体面を気にしないタイプだけど)
・摂関家は帝と院に対して微妙に二股かけてる

みたいなところは出てきました。
「和歌あんまし詠めない」も出てくるかなーと思いましたが、そこは出ませんでしたね。「誰が歌詠む?」って選んでるところで、まさか頼長が漢詩詠んだりするのか?と思ったけど。
今回、お父さんとお兄さんに「お前を内大臣にしてもらってきたよ」って言われてたから、彼はまだ17歳。彼と清盛は2歳違いですから…えー!あの清盛はまだハタチになってなかったのか!!
■山本耕史氏演じる頼長は、清盛とは間逆の、でも世代的には近い敵って感じで、よかったのではないでしょうか。頭よさそうだし、お上品だし、考えを表に出してこないし。
橋本治氏が頼長のことを「本来主義者」って評してて、私はその言葉は初耳だったんだけど、その表現がすごくしっくりきたんですよ。完璧主義ってのともちょっと違うし、正義感ともちょっと違う、確かに「本来主義」ってぴったりだなーと。「本来に立ち返る」って、道に迷ったときには大切なんだけど、周りの人がそれをやることを楽しいとか、意義があるとか感じられるように働きかけていかないと、ものすごい不発かましますよね。
あと、人に任せるのもヘタな人だったのかもなって。
「他人に任せてられなない!」だったのかもしれないけど、でも、他人に任せて進むくらいが現実的な進度とも言える。この頼長がどう描かれていくのかわからないけど、結構ムカつくキャラになってるので、終盤カラ回りし始めたらスカっとするかもなぁ(^^

2)宋との貿易
■清盛のキーワードとして欠かせないみたいですね。しかし、一緒に宋に行こうと笑いあってる明子が生む重盛(そういや幼名ってどうなるんだろう。四代?…じゃないよね…。)が、清盛の対外政策に批判的になっちゃうのか…さみしいね。
■ここで清盛と頼長の接点を持ってきたのが、面白い。
何度も書いてるので耳タコだと思いますが、清盛主役でやってると、どうしても序盤って清盛のストーリーと朝廷のストーリーが別進行になっちゃうと思うんですよ。
ここで、清盛が持っている「もっと自由にもっと楽しく」って夢に圧力をかけてくる存在として、頼長が出てくるのは、なるほどなーと思いました。
■それにしても鸚鵡ちゃんかわいかったっすね。あのあとどうなっちゃったんだろう…なんだかんだであのまま飼われて「テッテイテキニシュクセイ(間)イタシマス!」とか言ってくれるようになればいいのに。
■ところで。今回、地名がどこをさしてるのかよくわかんなかったことないですか?
私は「博多なのに佐賀なの?」「大宰府???」「で今いるのはどこなのさ!」と混乱してました。まぁ、あまり考えなくてもオハナシの展開には問題ないのですが。
もう一度見直すと、おそらく、
「清盛は、博多にある神埼荘の所領?営業所みたいなの?を訪れた」
「博多の貿易には、大宰府から役人が入って、そこで買い付けがされた残り物について、一般人が買いつけして良いことになっていた」
「忠盛は、神埼荘営業所で扱うものについては、大宰府が立ち入るの禁止!という命令書を偽造した」
のようです。最終的には、平家は神埼荘を自分たちの貿易の本拠地にするそうです。
忠盛パパ、やり手ですね。清盛が厳島神社とか、港湾作りとか、わりと派手なキャンペーン仕事するのに対して、じわじわ自分とこが儲かる手を打ってくるというか。

3)笑顔で心は泣く家盛くん。
■とことん損な性格ですね…。彼はどちらかというと清盛の生き方に憧れてる部分があるのに、常に「あいつと比べるとお前はほんといい子!」って言われちゃうから、自分の気持ちを前に出せない。
「お兄ちゃんが勝手するから自分が好きなことをできない」と恨むわけじゃなく、ちゃんと原因が自分の意志力の弱さにあることも分かってる感じなのが、また不憫です。
彼女と別れるところ、彼女が向こうから出てきたときに、「家盛、会いに来ちゃだめだよ。あんたの性格からすると、会って彼女と話したらもう別れられなくなっちゃうよ…」って思ったのですが、彼自身もわかってたようで、そのまま言葉を交わさず引き返しましたね。そこもまた不憫。ほろり。
■彼はそれでも笑顔だから、誰にも知られないところで鬱屈を溜め込んでるんですよね。この先どうなっちゃうんだろう…って、ドラマストーリー読んだから知ってるんだけど(枝葉までは知らんが)、じわじわ追い詰められてる感じで、見ててつらいわー。
■一方で、清盛さんちはめっちゃハッピーですな。奥さん迎えて、自分の屋敷を持ったんですね。
既に家中仲良しで、自分の居場所を着実に育ててますね。子どもできたって聞いたときの、反応もよかったなぁ。清盛って、このドラマの中では、血族から切り離されてぽつんとしてる存在でしょ。ようやく自分から線を引くことのできる存在ができるんですね。

4)じわじわ巻き込まれてる義清君
■頼長の男色は有名だけど、こっちのパートのほうがよほどBLくさかったわ(笑)。
御製に込められたインナーワールドを読解してしまったことで、帝に見込まれちゃった義清さん。「ひとりにしないでくれ!」って、義清も「えええー俺らそこまで仲良かったっけ!?」状態でしょうね。
アーティストって(多分)孤独だから、分かり合っちゃったらもう一生の同志気分なのかもしれん。
しかし、次回予告では義清はたまこ様をひしと抱きしめてたような。それは、「母の奔放な振る舞い」の結果に苦しめられてる帝への裏切りやん。どうなるんだろ。
■そうだそうだ。得子様は再びご懐妊でしたね。頼長が内大臣になってる時期だとすると、このタイミングで生まれてくる赤ちゃんは八条女院だと思うのですが。だとしたら得子様がまた荒れそうだわ…。

5)義朝の関東だよりの健気さよ…
■ワイルドすぎて、どれが義朝でどれが正清かわからんかった(笑)。
為義&義朝の親子関係もかわいらしくもせつないですね。保元の乱のことを思うと、もう今から胸が痛んでしまう(早すぎ)。で、ここに突如として乗り込んできた由良。
そういうキャラなのかー。彼女がちゃんと描かれる作品って、私はいままで見たことがなかったのですが、頼朝の弟に対する態度とかからすると、正妻腹の矜持は叩き込まれてるんだろうなって思うから、この性格はしっくりきます。わかりやすくツンデレすぎるけど(笑)。
為義がこのときだけはツッコミキャラになってたのが、おかしかった(^^
■今回「ムネコ内親王様にお仕えしてます」って、上西門院統子内親王の名前が出てきましたね。
彼女には、滋子とか、小宰相とか、平家物語関係者が多数お仕えしてるわけですが…本人も出てくるのかな? 美人で有名だったそうですね。後白河と仲良しだったようだし、次回の後白河出番と一緒に出てくるかな? ちょっと楽しみ。


■次回が話が動く回のようですね。いよいよ後白河登場。…って、でもまだ西行出家してないし、後白河って、小学生くらいのトシのはずですよね。
次回はいったい何年の話になるのだろう。得子が生むのが八条女院なのか、近衛なのかもわかんないし、本筋とはちょいずれたところでドキドキします。
■そろそろ清盛ハタチ過ぎたかと思いきや、まだ10代だったわけですが、どんなペース配分なんですかね。
今までの作品を整理してみると

            義経       新選組!     毛利元就  
15話あたり… 頼朝と対面    京都に到着     弟の謀反       
25話あたり… 義仲の死     新選組結成   尼子経久の死     
35話あたり… 壇ノ浦合戦     山南の死    井上元兼誅殺    
40話あたり…  腰越状       平助離脱      厳島合戦
45話あたり… 静や静~♪     源さんの死     隆元暗殺

なんで毛利元就やねん、って、長生き主人公のケースも見てみるかなと思いまして。
で、見ると、15話くらいと、27話(一の谷とか、池田やとかがこのへん)くらいにイベントが来て、その後は40話くらいが鉄板みたい。
で、清盛で配分すると、保元平治の間が短いことを考慮すると…

15話…父親の死
20話台前半…保元の乱
20話台後半…平治の乱
40話…対後白河クーデター
45話…清盛死亡?

って感じなのかなー。平治の乱が終わると、結構配分難しいっすね。私はそこからが一番好きな時代に突入するんだけど…。
[PR]
by mmkoron | 2012-02-26 23:12 | 大河ドラマ「平清盛」


第7話「光らない君」

■今回から、ドラマ直前に「見所紹介」的なコーナーが出てきましたね。それがないのが良かったと思ってたので、ちょい残念。見やすさアピール施策なのかな。
■では、今回の見所です。えっと、正直申しまして

どうしよう、私、今回が一番面白かったかもしれん…!!


1)清盛が成長した!!
海賊の頭領・兎丸は、清盛とはあくまでも対等なつもりでいるので、一門だけウマい汁吸うつもりだったら承知せんぞ!と息巻きます。が、清盛は「俺についてきたことを、決して悔やませはせん!」と胸を張る。
清盛、成長したんだねー。もう、土壇場で自信がない清盛ではありません。
盛国と名前を変えた鱸丸にも、「胸を張って、俺に仕えよ!」と堂々としたものです。
鱸丸は、清盛の乳父・盛康の末期養子みたいなかたちにしてもらったようです。
この設定、面白いですね。清盛が死ぬのって、盛国の屋敷でしょ。
さらに壇ノ浦後の盛国の死に方を思うと、この二人が血縁や「代々のつながり」の全くない、ほんとに個人と個人の心の結びつきだけの主従だってところが、深い意味を持つように思います。

2)明子が、いかにも重盛のママって感じですてき!
■理詰めで自分の生き方を考えてて、結構頑固。うーん、重盛ってかんじ!(私の印象だけど)
でも、明子の気持ちはわかる。結局、彼女は「自分」に自信がないんですよね。
親からも、生身の自分じゃ勝ち目がないから、オプションで勝負しろって教育されて、お祈りだ琵琶だ何だと身につけているけど、でもそれを剥ぎ取ったときの自分に自信がない。
しかし、清盛は
 ・自ら父親を迎えに行ってすっころんでる姿
 ・手ずから作った料理(当時は自分でご飯つくるのは、別に褒められた行為ではないはず)
 ・海の話に目を輝かせた様子
で明子に惚れ込んでて、これはどれも「オプション」ではない、彼女の「素」なんですよね。
逆に明子のほうも、義清が会心の出来だといった和歌には興味がなくて、彼の強さや大らかさに惹かれてる。
そのへんの「必然性づくり」は、うまいなーって思いました。
■実際の「高階基章女」ってどんな人だったんでしょうね。
確かに、イケイケ時代の清盛は嫁さんにするには格落ちかもしれない。誰かの屋敷に彼女が仕えてて、それで見初めたとかなのかしら。
でも、その女性に嫡男を産ませて、そして生まれた重盛を重んじてたわけだから、火遊び気分じゃなくて、ほんとに彼女を好きだったのかもしれないよなーとか、いろいろ思いを馳せてしまいました。


3)恋する清盛がかわいいぞー
■まだ義清も出家してない時期だし、清盛は多分ハタチそこそこなんだよね。
なら、まだあの子どもっぽさでも仕方ないとしよう…。
大声で格調高く(彼としては・笑)和歌をよみあげてるのに意味わかってないトコとか、「つま…つま…」ってグルグルしてるとことか、漫画的だけど笑ったわぁー。面白い!
■義清がいい味出してますね。出番少ないけど、彼がどういう人柄なのかわかるところはすごいと思う。
前に出てきた猫をそのまま大切にカゴまで用意して飼って、清盛の和歌を代作してあげて…って様子から、基本的に面倒見のいい人なんだなってのはわかる。で、同時に、清盛の和歌の代作をしてあげてるんだけど、途中から自分の和歌づくりに頭がいっちゃう様子から、面倒見はいいんだけど、第一優先は自分のインナーワールドだってのもわかる。
■義清といえば、ついに崇徳帝が出てきました!
義清がぶるぶる震えてるのをみて、私は最初「義清は、『うっへー、帝に呼ばれちゃったよ。院と帝のいざこざに巻き込まれるのは勘弁~』って緊張してるのかな?」と思ったんですが、よく考えたらまだ近衛帝も生まれてないし、そういう危惧をする時期ではないですね。
義清が自分で言ってたとおり、ほんとに緊張してただけなんでしょう。しかし、崇徳の和歌を聞いてるうちに、批評家魂が湧き上がって緊張がおさまっちゃうところが、いかにも義清でした。
崇徳は、自分の心を読み取ってくれた義清に心を寄せたようですね。思いっきり人間として這いずり回ってる三上鳥羽とは違う、ちょっと浮世離れした感じのキャラクターで、神秘的です。このへんのキャラ分けもウマい。崇徳もすごく寂しい人だけど、でも三上鳥羽と同じ「現代人っぽく悩む」にしちゃうと、キャラかぶっていきますもんね。


4)得子さまこわい
■得子すげー。これって、つまり、
出勤するために鏡の前でネクタイしめてる旦那に、新妻が「いますぐ子作りして!!」飛びかかる。みたいなもんでしょ。どんだけ新婚で浮かれててもそんな妄想は浮かばないわ。
あ、でも、鳥羽院にとっては子作りが最優先の仕事だし、これも仕事か。それにしても、三上鳥羽が、めっちゃ得子に押し切られてて、笑いました。えーっ、忠盛&清盛に対峙したときのあの老獪さはどこへ!?って。
■あ、そうだそうだ。今回はじめて、たまこさまの会話の中だけですが、「雅仁親王」の名前が出ましたね。


5)少女漫画脳時子がおもろい
■源氏物語FAN時子の使い方が面白かったですね。あの絵巻調CGも凝ってて、よかった。
読んでる時子のナレーションは古文で、字幕が現代文ってことに、私は素直に嬉しくなりました。
ドラマの台詞では難しい語句は使わないように配慮して、「光らぬ君」じゃなくて「光らない君」だったりするわけだけど、根本では古文の響きを尊重してくれてるんだなーと。
■で、あの源氏アニメーションですが、平安時代の絵巻に慣れてる彼女のビジュアルイメージだからアレですが、つまり現代の少女漫画大好き女子に置きなおすと
c0024548_2118348.jpg

って感じなんでしょうか(※この絵は全然現代の少女漫画じゃないですね)。いいわー時子!
■そんな彼女が、無骨極まりない清盛のプロポーズ画面を垣間見て(そう、彼女は垣間見られてるのではなく、自分が垣間見ている側なのだ)、全然夢のようなプロポーズじゃないその情景に、ものすごく感動を覚えてる。それが彼女にとっての「雀の子が飛び立った」瞬間だ…っていう、そのまとめ方がすごく良い。
ベタかもしれないけど、でもこういう何重にも仕掛けられた「ベタ」って、コロンブスの卵みたいなもんで、なかなか思いつかないと思うんだ。


6)清盛の嫁取りが興味深い
■このドラマの中では、忠盛も、そして今回の清盛も嫁取り婚なんですね。
明子が公開裁判みたいに、みんなの前であいさつさせられてるのは「ぎえーこんな結婚報告は気の毒すぎるー」って思ったけど、彼女が末端貴族である一方清盛が今後洋洋であることを思えば、ちゃんと全員に許可をもらっておかないと後がしんどいってのはあるのかもしれない。
家盛はいい子やねー。明らかに他の親族が「あちゃー」って顔してる中で、「ここは自分が歓迎して場を和ませなきゃ」って思って前に出てきたのがわかる。心根のやさしい子だし、同時に、周りの顔色に左右されすぎる子でもあるんですよね。
■で、清盛の口上を聞いて、自分がついに結ばれなかった舞子への想いと重なる部分(=彼女の生き方や信念に共感した)を感じる忠盛。
「ああー、それを言ったら忠盛様の琴線に響いてしまう~」っていう家貞の苦みばしった表情が良かった。
宗子の表情もいい。イトコが持ってきてくれた縁談を蹴られたことはガッカリだけど、そんなこと以上に、忠盛が今も舞子を忘れられないこと、結ばれてないはずの舞子と忠盛に絆があることが許せないんだよね。
このドラマ、男性中心の内容なんだけど、結構女性の心情描写が丁寧なのが嬉しい。中でも宗子は魅力的ですね。ほかの女性に比べると、彼女はリアルだし、彼女単独で(他の登場人物との相互関係や対比なしで)キャラが立ってるように思います。彼女が忠盛が死んだ後も長生きする人物だからそうなってるのかもしれないけど。

7)そんなこんなで、今回はすごいと思った。
宮廷パートと清盛パートって、別々進行になりがちだと思うんですが、そこを、忠盛・清盛の昇進話でつなぐだけじゃなく、崇徳の和歌の詠み方→義清→清盛の和歌の詠み方、でもつなぐ。
さらに、前回から一足飛びに成長した清盛について、「この清盛だから明子を救える」を描くことで、成長をお話の中にしっかり根付かせる。で、今回、忠盛が今までほど絶対的なパパ像じゃなくなりましたよね。すごくさりげなく、そういう移行も起こってる。
今回は特に、お話の運びに感動した回でした。



あ、そうだ書くの忘れてた。
清盛が「好きな女の子以外には、興味ない」タイプに描かれてたのは、
少女の「そうあってほしい」願望をよくわかってらっしゃると思いました。
実際にそんなやつだったらヤだけど、自分だけにやさしくしてほしいんだよね(笑)。
[PR]
by mmkoron | 2012-02-21 21:50 | 大河ドラマ「平清盛」


第6話「西海の海賊王」

■先週書いたことについての続きは、別項に。
■いま、日曜20時から24時までの流れが充実なんですよ。
清盛終わったあとに感想書いて、23時から「イ・サン」見てるんですけど、今が多分一番くらいに盛り上がってるところなので、もうワクワクしておりまして。
韓国ドラマの何がいいって、私俳優さんわからないし、しかも歴史もほとんどわかんないから、この先誰が悪役に化けるのか見当もつかない。「えっ、この人出番多いから重要だと思ってたのに、こんなショボい理由で死んじゃうの!?」みたいなことが起こるのが、スリリングです。あと、「えっ、この人かしこい役だと思ってたのに、意外と策がショボい役だったのね!」とか。
あと、『本日は大安なり』も見てます。裏切られる可能性がないから、安心して見られるんですよねー。

■さて今週の「平清盛」です。
今回、すごいさわやかだった気がするわーと思ったら、三上パートが控えめだった(笑)。
本筋の清盛パートとはまったく別枠だったので、先に紹介しときますね。
帝(ARATA崇徳)に斡旋される予定だったのに、一転、既成事実のかたちで鳥羽院に仕えることになった得子。もともとたまこ様のほえほえしたところが気に入らなかったようで、廊下ですれ違っても、道を譲らない。
でも「大奥」みたいに「お前が譲れよ」とメンチ切り合う状態にはならず、たまこ様があっさり引いて下さいました。得子が「わたくし、お子を授かりましたの」と言っても、「おつとめご苦労様です。」。
たまこ様にとっては、「あなたもお仕事頑張ってるので、成果が出てきてよかったわね」ってなもんでしょうね。可愛い後輩が「はじめて受注いただきましたー!」って報告してくるようなもんで。
得子さま、まさに暖簾に腕推し、柳に風。でも今回はここまで。
■得子の気持ちの掘り下げが次回にまわった分、今回は堀河局がたまこVS得子への不安を説明してくれました。堀河局、デキる女だと思ってたんだけど、歌仲間の義清(今は彼氏)にまさかのリーク。
義清は「そんなことより、今はあなたと歌を楽しみたいな」と言ってますが、明らかに、よく言えば無垢、悪く言えばパープーなたまこ様に興味を持ってるようです。

■と、いう話が宮廷では繰り広げられていたのですが、西海に出張中の平家はそんな話には一切関わりなし、汗臭く戦っております。
前回は海賊船と遭遇したところで話が終わってました。今回、いよいよ戦いが始まります。
荷物を積んだ船の振りをして奇襲する…という作戦は成功はしたのですが、そのあとの乱戦状態では、大きな船との高低差がネックだったようですね。隙を突かれて逃げられちゃいます。
「やーいやーい」みたいに囃し立てながら逃げる海賊船。デカい唐船なので、平家側の小船では追いつけず。清盛はギリギリして海賊船を睨みつけますが、海賊船に気を取られて無防備な彼に、海賊船から最後っ屁のように放たれた矢が!
清盛を庇ってかわりに矢を受けたのは、乳父の盛康でした。
重傷を負った盛康の姿に、打ちひしがれる清盛。今まで散々盛康には迷惑かけてましたが、今回はよほど責任を感じたと見えます。唐船の規模に驚き、対策に悩む父や叔父の姿を見たこともあって、単身海賊船調査に飛び出すことにしました。

…って、何をどうするつもりだったんだ…?

あとでいなくなった彼の姿を探す平家の皆が「多分後先考えずに行っちゃったんだろう」って分析してますが、ほんとそんな感じですね。盗んだバイクで走り出したいお年頃なのでしょう。まだ。
■で、盗んだわけではない小船で走り出そうとしたところに、「これはわしの船じゃー」とつかみかかってくる謎の男が。平家の荷物に忍び込んで移動してた、高階通憲さんでした。
ここで、情報の訂正が。前回私は、彼が西へ移動しようとしてた目的を、「海賊を実地で見るため」だと書いていましたが、違ったようです。いや、最初はそうだったけど目的変えたのかな。なんと通憲は、唐船にのって宋の国へ渡ろうとしてるんだと!
小船で移動中、その行動に至った経緯を話してくれます。藤原南家(ってちゃんと言ってたね)に生まれて勉学に励んだけど、ゆえあって(まぁお金の問題だと思うが)高階の家に養子に入ったと。でも、出世はもう天井が見えてる。そこで、才能さえあれば身分に拠らず取り立てられるチャンスがある宋に行きたいのだと。

なんか宋が美化されすぎてる気がする。が、まぁいいか。

李白の詩をそらんじてるんなら、杜甫とかがどんな感じだったかもわかりそうなもんだが…。でも、確かに科挙って、公平そうな印象あるもんな。
で、「おもしろくない世(=自分たちが虐げられているのがデフォルトな世)」にうんざりしてた清盛は、それに飛びつきます。今すぐ行こう!宋に行こう!!と。あんた盛康どうなった。トリ頭すぎる…
通憲が「こんな小船ではムリ!」となだめても、「そこは気力でなんとか…」って(笑)。(北●●から小船で漂着する人も、一部こんな感じで気合で旅立ってるんだろうかとちょっと思ってしまった)そこでもめてる間に、二人の小船は海賊たちに捕捉されてしまったのでした。

■唐船の船底で目を覚ます清盛。見張り役の少年と少女は日本語が話せませんが、同じく捕虜になった通憲が通訳してくれます。さすが通憲さん、宋に興味あるから言葉も勉強してたんですね。
少年と少女は、春夜と桃李と名乗ります。二人の名が李白の詩由来だとわかった通憲は、二人と意気投合します。詩から名前をとられてるってことは、この二人はもともとはそれなりの家の子だったんでしょうね。
■ここで清盛は海賊の棟梁とご対面。通憲は中国語ができること、清盛はガタイの良さを認められて、とりあえず命は助かります。が、追討使(忠盛の軍)の兵力などを尋問されます。
素直に白状することを断固拒否して暴れる清盛。
(ところでここで、棟梁は拘束がゆるかったと春夜を叱るんだけど、桃李にはメロメロに甘くて笑った。ロリかよ!って思ったんだけど、清盛がまだ高校生くらいだからこの棟梁も20歳そこそこ…でも十分ロリか。)

清盛は、通憲にツッコまれつつも、断固として自白を拒否。サイコロで賭けをして、自分が勝ったら自白しないといいのけます。勿論かれは生まれつきの強運ですから、勝利。
■甲板に出た清盛は、船の大きさと人々の活気、そして船から見える景色にもう夢中。言葉は全然わからない、何がなんだかわからない、でも楽しくてしょうがない…そんなことが伝わるいいシーンです。
清盛は、得体の知れないものを得体が知れないという理由で不安になるのではなく、それが楽しいタイプなわけです。清盛の「おもしろく生きる」は、今のところ、思うようにいかない世の中への反発でしかないわけですが、もっとポジティブなものを心の中に持ってることを感じさせてくれます。
■あと、このシーン、なんだか龍馬っぽいですね。でも、男子の何%かはこの因子持ってるんだと思うわー。
うちのお祖父ちゃんは「かっこいいから」って理由で海軍入ったって言ってたし(船にまともに乗ることなく終戦)、うちのお父さんは加山雄三の若大将シリーズにハマりこんで海関係の学科受験したって言ってたし。でも父さん、私が文学部行くって言ったら「趣味と一生の学問は違うぞ!」って。オマエモナー。

■ここで棟梁が自分語り。彼は食い詰めた技術者たちを集めてこの海賊を組織したようです。さっき通憲もぼやいてたけど、それだけ何か優れたものを持っていても、生まれのせいで食い詰めるしかない世の中だってことですね。
さてここで、この棟梁が「兎丸」であることがわかります。第1話で、清盛にお前の父親・忠盛は俺の父親の仇だと詰め寄り、清盛の出生の秘密を暴露した、まえだまえだ兄です。
それがわかってお前のせいで知らんでもいい情報を知ってしまったんだー!と兎丸につかみかかる清盛。ここで兎丸も、彼が忠盛の子で、追討使がにっくき忠盛だと知ります。
そうなったら、さっきの賭けとかもうチャラですよ。清盛は縛られて、船のマストから吊るされます。なぜか通憲も連座でマストの根元に括り付けられちゃいました。海賊達になにかぶつけられてるなーと思ったら、わかめだった。なんか和んだ(笑)。
■忠盛のもとには、清盛を人質にとったぞーと挑戦状が叩きつけられます。清盛を返してほしくばひとりで来い、と。ビデオで見直したけど、字がみつを系すぎて「清盛」と「一人」しか読めんかった…。
清盛一人のために、平家の棟梁が一人でのこのこ死地に赴くなど、あり得ません。でも、清盛を死なせたくなくて苦悩する忠盛。でも、そもそも清盛のスタンドプレーが悪いわけだし…
そこに、横たわる盛康が苦しい息で言います。清盛は乳父に怪我を負わせたことで思いつめて、後先も考えずに行動に出たんだろう、(アホだけど)でも、それが清盛だ、と。盛康は無鉄砲で迷惑かけまくりの、でも心根の真っ直ぐな清盛が、それでも可愛くてしょうがないんだね。
そして、それは忠盛も同じ思いなのでしょう。
それを察した忠正は、自分が代わりに行こうと言い出します。自分は清盛なんていなくていいと思っている、でも兄上には必要なのだろう?と。でも、これ行ったら自分死んじゃうでしょ。忠正はそれだけ忠盛を信頼してるってことですよね。じーん。
そこに、清盛以上の体育会系、伊藤忠清が「いや、みんなで行こう!」と、明け方の闇に乗じた奇襲を進言します。さらに、鱸丸が、海賊警護隊のときの仲間たち(よかったー無事釈放されてたんだね)を連れてやってきます。今回なんだかみんなアツいねー!!

■で、こちらは朝霧の中、マストに吊るされてる清盛。
すごい絶望だと思う。清盛はこれまでの経緯から考えて、皆が助けに来てくれるとは思ってないでしょう。
ぼんやり吊るされてるマストの根元で、李白の「春夜宴桃李園序」を(でいいのかな?)中国語で諳んじてる通憲。『奥の細道』の冒頭がこの詩のオマージュだってことしか知らなかったんだけど、通憲さんが意訳してくれます。曰く、この詩は「はかない人生を、おもしろく生きろ」だと。
(おもしろい、のニュアンスが舞子が言ってたのとまた違う気がするんだけど、まぁ詩って、受け取る人によって反射される光が違うのがおもしろさだと思うし、いいんだろうね)
そんな言葉をどこかで聞いたことがある…と思う清盛。流れる舞子の歌声。でも清盛はそれが誰の声なのかはわかるはずもありません。
そして、霧の向こうに目を凝らすと、平家の船団の姿が…
TRFも「奇跡とは絶望の次のチャンスなんだから」と唄ってましたが、この演出いいですね。霧の中で迷う清盛の胸に流れる母の歌、そして霧の向こうに仲間達。
よっしゃーいよいよ決戦だー!! 
海賊達は甲板でぐーすか寝てたので立ち上がりが遅く、終始平家軍優勢です。
清盛の綱を切ってマストからおろしてくれたのが忠正叔父さんなのが、またよかった。通憲さんは、鱸丸がちょっと気にしてくれてたんだけど、結局放置されて、また「だれでもよいーたすけれくれー」ってなってました(笑)。
兎丸は…というと、船の先端、船室の上に陣取って、なかなか動かない。どうしてなんだろーって思ってたら、これ、チャンスを狙ってたんですね。
忠盛が近づいたところで船室に叩き入れ、タイマン勝負に持ち込みます。
「お前らが斬るは、俺たちが盗むのと同じじゃ」の言葉に、兎丸が朧月の息子だと気づく忠盛。心から父親を慕っていたからこそ復讐に燃える姿を見て、忠盛には兎丸を叩き切ることへの躊躇があるようです。
若さの差もあるんだろうけど、ピーンチ! となったところに、清盛が乱入。
ここから清盛VS兎丸の戦いになります。
■で、この戦いなのですが…。なんかこういう戦い、どこかで見たことがある……
たとえるなら、「聖闘士星矢」のアスガルド編とかポセイドン編のラスト。

ボロボロになりながらも、双方立ち上がり、剣を振るう。
何が二人を立ち上がらせているんだ!? あれは、もしやセブンセンシズ…!!(ドオオオオン)


何度だって立ち上がってやる、なぜなら俺は女神の聖闘士武士だからだ!!!!

みたいな。
■それはおいといて。
自分が何者かわからない苦しさ、何をして良いかわからなくてグレるしかなかった寂しさ、そんな自分のもとに皆が来てくれた喜び、それをぜーぜーしながら吐き出す清盛。
なんか、よかったねって思いました。彼はグレてたけど、ほんとの本音はいつも飲み込んでましたもんね。
この回が清盛の成長が最初のステージにのぼる回なのかな。皆との関係性もすこし変わりそうですね。
しかし、全員が取り囲んで聞いてる状況はちょっと後から「穴があったら入りたい」になりそうだけど(笑)。
■最終的に、気力で清盛が勝ちます。まさにコスモを燃やしたほうの勝ち、って感じの戦いでしたな。ゆでたまご的に言うと「火事場のクソ力」、北方謙三風に言うと「死域」ってやつですかね。
しかし、兎丸とその部下達を殺さず、身柄を自分に預けてほしいと願い出る清盛。清盛は、自分を取り戻すために必死に戦っていた兎丸に自分と通じるものを感じています。だから、一緒に来てほしいと。
兎丸の場合は、朧月の実の息子ですが、幼くして世間に放り出されて、生きるために必死になるだけではなく、朧月の息子としての矜持を失うまいと懸命だったんでしょうね。
朧月はてっきり殺されると思ってたので、突然のスカウトに驚きますが、しかし、彼と手を組むことを承諾します。
今回の手柄的に、清盛はそんな判断できる立場じゃないと思うんですけど、これは
 ・忠盛の罪悪感救済
 ・独自勢力を育てておくことは平家にとっても損にならない
でもあるので、OKが出たんでしょう。物語の中ではそこまでいちいち言ってないけど。

■ラストは、捕らえた海賊達(水増しした…って言ってて笑った)を見せ付ける凱旋パレード。
清盛は「海賊王になるぞー!」ってもう上機嫌。
王家の犬じゃない発言も、海賊王発言も、今はまだ彼がピンときた誰かの夢(前者は父、後者は兎丸)の受け売りでしかありません。清盛が清盛自身の「おもしろく生きる」形を見つけるのは、まだまだ先のようです。
でも、成長がゆっくりゆっくり丁寧に描かれてるのがいいと思います。マンガ的ではあるんだけど、でもうちの弟とか見てても、結構男子って単純だからこういうのでいいと思う(笑)。
■そして最後に、パレードの見物人として重要キャラ登場。
「あれが平家の御曹司だって」と言われて、キャッどれどれ?と見て「なにあれ」と幻滅する平時子。
最初に妻になる明子よりも、彼女のほうが先の登場になったところは、少女漫画とかのお作法踏まえてるなーと思いました。
(ホントに後発のキャラが最終ヒロインとかヒーローになると、ちょっと裏切られた気がしません?)

■今回の話が海賊パートでしっかりまとまってたので、入れ込む隙がなかったのですが、東に旅立った義朝にもイベントが起こってました。
旅の途中、熱田を通りかかったら、神様にお供えするお米が盗賊に襲われていたのです。
盗賊からお米を救い、宮司さんからお礼を言われた義朝は、そこで宮司さんの娘・由良と出会います。
宮司さん、誰だろうと思ってよく見たら……イモ欽トリオのよしおだ!!!
(ここで私の中で勝手にBGM「ハイスクールララバイ」が流れ出す。)
娘がわざわざ燭台の灯を入れに来るっておかしいと思ったけど、彼女はカッコよい武士(最近上り調子の平氏を期待したらしい)をひと目見ようと、自分で出てきたようですね。かなりの美少女なので、義朝もまじまじ見てます。

(とにかくとびきりの美少女さ♪)

しかし、その武士が源氏だったとわかって、「なーんだ源氏か」。

(うかつに近寄れば感電死♪)

そんな由良を、義朝は「おいそこのブス」呼ばわり。父親が恥をかくような高慢ちきな物言いをする、その心根がブスだと。そんなことをイケメン微笑で言われて、由良はギリギリしつつも言い返せません。
由良御前、昔の美少女ゲームに1人必ずいるタイプのキャラですね。(多分見た目は金髪縦ロール。)
でも、由良御前はよほどちやほやされて育ってきたようで、そんな義朝に100%片想いBaby,I love soスキスキBaby ちょっと振られてムリムリBaby しちゃうのです。わかりませんか。わかりませんね。

■と、今回は清盛成長パートの比重が大きく、あとはさらっとした回でした。
清盛の成長が第2ステージに移り、次は彼の恋バナが始まるようです。
次回は、息子がほしい得子が鳥羽院に襲い掛かりそうになってたり、義清が堀河局と別に悪くないはずなんだけど、やけに背徳っぽい演出で恋愛してるのに比べると、かなりまだまだ青いようですが、でも脇役でなく主人公が清涼剤になってるドラマって、なんか新鮮だわ(^^
[PR]
by mmkoron | 2012-02-12 23:54 | 大河ドラマ「平清盛」


5話のところに書いたことにつきまして

■5話感想の冒頭に書いた、フォーム経由で来たコメントへのお返事についてです。
週があけたらメールボックスに10通くらいメッセージが入ってて、びっくりしました。
■いただいたメッセージは、

・めげるながんばれ…という内容の励ましのお言葉
・私もそういうことあったからわかるよ…という慰めのお言葉
・そんな煽るようなことを書きと話が泥沼化する恐れがあるよ、というアドバイス

でした。
それで反省したのは、相手の社会性を云々しつつ、私も自己本位だということです。
いただいたメッセージは、「励まし」も「慰め」も「アドバイス」もどれも私のためになるようにと言葉を選んでくださっているのが伝わったんです。
でも、私のあのコメントは完全に目的が「同種のコメントへの自分のスタンスを明示する」であって、相手のためって観点はまったくない。私は今回、あのコメントに対して「この発言に対して下手には出ない」と判断したことは悔やんでいないのですが、相手がいて何か発する以上、相手にどうしてほしいのか、自分の意見の何を理解してほしいのかがもうちょっと伝わる工夫のほうに力を入れるべきだというのが反省点です。自分の立ち位置をはっきりさせるほうではなく。
メッセージ下さったみなさま、ほんとうにありがとうございました!
アドレス書いてくださった方にはお返事します。少しずつ書いてるので、もうしばらくお待ちください。

====================================

(って、すでにまとめモードに入っていることがマズいのか…)

====================================

■この話題だけでとあんまりなので、ここで「平清盛」のことをちょっと書きます。
大河ドラマだけあって、職場とか周りの人が結構見たり気にしたりしてるところがスゴいですね。
同僚から「鳥羽上皇が」とか言葉が出るとドキリとします。(笑)
視聴率はあまり奮わないようですが、でも、私はこれまで自分が好きな番組と視聴率が正比例しなかったことも多いので、あまり気にしてません。「ラストマネー」とか最終回以外はめっちゃおもしろかったのに、視聴率1ケタだったし。
■ただ、先日ドラマ好きの後輩と話してたときに、「なんでなんですかねぇ?」「それは~だからだよ」「あーそうか!」って会話を何遍かして、人間関係がわかりづらいので「入り込めない」部分があるのかもなと思いました。
貴族の中にも 摂関家/家成のような新興系/通憲のような下っ端 と段階があるし、さらに武士も源氏と平氏のどっちがどの貴族についているという構図では説明できない。

「鳥羽がなぜ、逆ギレで得子を襲ったのか」
 →帝に得子が斡旋予定だったから、自分も白河と同じことしようとした
「通憲がなぜ、認められないのか」
 →学はあるけど、高階氏&もともとの家も藤原南家でいまひとつだったから

みたいなのも、一応ドラマではある程度説明はされてるんだけど、でも「そんなかんじなのかな、とわかる」のと「腑に落ちる」のとでは引き込み度が違いますよね。
そういや、私も太平記見てた頃、後半(観応の擾乱のあたり)は、わけわかんなくて、ただ主要人物が死ぬところだけ悲しくて泣いてたもんなー…。正直あのへんはDVDでようやく「わかった」。
しかし、こういうのってドラマの中で台詞として見せるのには限界ありますね。
制作側もこの「わかりづらさ」がわかってるから、清盛パートはこれでもかってくらい単純にしてるんだと思います。しかし、難しいな。
■この仮説でいくとすると、浮上のチャンスは保元の乱ですね。
保元の乱は、このドラマで出てくる時間軸の中では、比較的構図がわかりやすいと思うんです。
「どっちがどっち側」も線引きしやすいし、結末も劇的だし。
一方、平治の乱はどう描くか難しいと思う。「なんでそうなるの?」って展開になると思うんですよ。

「信頼は後白河の寵愛を受けてたのに、なんで後白河を幽閉するの?」とか。

でもきっと後白河本人も「???」だったんじゃないかしら…。
あと側近たちの動きも、説明しようとするとややこしい。源平好きとしてはどこをどう端折ってシンプルにするのか興味あるけど……シンプルにするために、通憲との関係を師弟関係っぽくしてるんだと思うんですけどね。でも平治の乱のほうは心配。
その時代を好きな人だったり、いわゆる歴史好きの人の楽しみ方と、もっとライトに楽しんでいる視聴者や20時には大河ドラマって決めて観ているお年寄りの楽しみ方は違うんだよなーと、そういうことをしみじみ思う近頃です。
■大河ドラマで皇族がほんとに普通の「登場人物」として出てくるのって、今回が初めてくらいですよね。太平記で後醍醐天皇が主要人物で出てきたけど、かなり別格扱いだったし。
でも、今回って他の登場人物と同じレベルで描写されてますよね。これがうまくいけば、ひそかに長年期待している天智~持統あたりも夢じゃない!と思ってるんですよね。がんばってほしいです。
[PR]
by mmkoron | 2012-02-11 00:00 | 大河ドラマ「平清盛」


第5話「海賊討伐」

■水曜日から昨日まで名古屋に出張してたのですが、いやー木曜日の雪が大変だった!! 岡山南部住民なので、積雪への心構えゼロの装備だったんですよ。豊田市に行ったんだけど、ちょっと町を外れたところに行ったらまだ誰も踏んでない雪の道で、足首まで埋まりました。でも、安城に行ったら全然積もってないのです。同じ愛知県でも違うもんですねー。


=====================================
ここから20行くらい重い話。(ご覧になる可能性が一番高い場所なので、ここに書きます)
=====================================
■実は、先週の月曜にフォーム経由で「清盛といい、江といい、あのような駄作を賞賛するのは歴史ファンではない」という内容のメッセージがぽつんと届いて。返信するすべはないし(アドレスがない)、でも返事しないのも悔しいし(笑)で頭を抱えてたのですが、出張が気晴らしになって、書くことが定まりました。
■送信タイミング的に、私が大河をキャーキャー喜んで感想書いてるのをご覧になって、むかむかっと来られたのだと思いますが…。
でも、映画館に人が並んでいるのをわかってて、列に対して「こんな駄作映画見るやつは●●ファンじゃないよなぁ!」と【感情的作品批判+作品を受容した人への嘲笑・批判】を大声で言うような行為は、あまりに社会性がないやり方です。あんまりなので、
「昔の社会の作法に詳しいけど現代社会の作法に無頓着なのが歴史ファンなら、別にわたしゃ歴史ファンじゃなくて構わないっす。いやむしろあなたと同属性にされないほうが有難いっす。」
とさえ思いました。一方的な投げつけでなく、できれば感情をご自分の心の中にて一度適切に処理したうえで、「私はここが駄作だと思うが、きみはどうか」と対話してください。つまり何が言いたいかというと、文句があるならベルサイユへいらっしゃい。 (って、私は馬車で轢いたわけじゃないけど)

=====================================
重い(から軽くしようとしたけどやっぱり重い)話終了
=====================================


■で、怒られても懲りずに感想です。
タイトルは「海賊討伐」ですが、海賊と戦う手前までのお話でした。

■今回も前回のホームドラマを引きずってる感じですね。
歴史ドラマにこういう日常性とか現代人との相似性とか入るのが好きじゃない人には、楽しくない回だったかも。その代わり、鳥羽院パートがまたしても現実感のない昼ドラ全開モードだったわけですが(笑)。
毎週恒例昼ドラ「水仙の嵐」(勝手に名づけた)では、相変わらずのたまこ様KY発言です。
しかしたまこ様は嫌味とか皮肉で言ってるわけじゃなく、本当に鳥羽院に「なんてやさしい方でしょう、私は一生懸命この方にお仕えしなくては」と思ってるわけなので、なんともおそろしい。
鳥羽院、お前なんかに普通に接してた俺がバカだった発言してましたが、

あんた16年も試行錯誤しとったのか。

そこに鳥羽院の諦めきれない純真を感じ取るべきなのかしら。相当不器用さんですよね。
たまこに自分の怒りをぶつけたいのに、暖簾に腕押しで、「俺ってピエロ」状態を脱することができない鳥羽院。そこに現れた藤原得子。
「私を穢してください」って、なんつー狙い済ましたエロ台詞。
面白いなって思ったのは、ここでは得子の心情の描き方。泥まみれの鳥羽院に襲われて、ふっと力を抜くシーンがありますよね。彼女が権勢意欲だけの女じゃないんだろうってのは、あそこのシーンの表情でわかる。
彼女の気持ちは語られないけど、でも、宗子のパートとリンクしてて、ここでの得子の思いはそっちで垣間見えるんですよね。そこは面白い構成だなと思った。

■このドラマ、

・鳥羽院昼ドラパート…鳥羽院の苦悩。救済の日は来るのか!?
・平家VS源氏パート…ライバルだった両家が、本気で殺し合いになってしまうまで。
・平家ホームドラマパート…清盛の居場所探し。


が交互に入ってくる構成ですね。
平家VS源氏パートでは、清盛&義朝のケンカコンビに、イケメン義清が加わって、トリオになっておりました。「平安版ズッコケ3人組」化するのか!?と期待したんだけど、義朝がすぐ東国に行っちゃったので、彼らが3人でやいやいやるのはこれが最初で最後かもしれませんね。残念。
男3人が集まって男子会。「俺は●●に生きる!」とか自分宣言しちゃうところが、青春ですなぁ。
義朝は、海賊・盗賊の横行を、武士の力を生かせるチャンスだととらえています。やばいですねこの思想。「町火消しが放火」の心理に近くないか。義朝さんってちょっぴりキケンな男!
次に、義清は「うつくしく生きる」。一番美しい状態をつくろうと思うと、デキる男になっちゃったんだと。
ただし、彼の「うつくしさ」って生身を伴わない感じしますね。様式美の世界に生きてるというか。義朝や清盛の発言を興味深そうに聞いてるけど、どこか「観察対象」でしかないような距離感があるし。そういう意味では、受動的か能動的かの違いだけで、ある部分ではたまこ様と似てるのかも。
で、われらが清盛君ですが、「清盛は?」と問われて、迷いながら彼が言ったのは「おもしろく生きる」。
言った彼もその意味をあまり考えてないようですが、その意味は後から彼の生き方について来るのでしょう。

■そのころ朝廷は海賊に頭を悩ませていました。
藤原家成の紹介で高階通憲がゲストとして会議に呼ばれましたが、衣の色が下っ端色なので、みんな言うことをマトモに聞いてくれません。しかも、通憲さんはネゴシエーション能力に欠けるようで、いきなり横柄に正論ぶちかましてるし。
会議シーンはコテコテに「自分のことしか考えない貴族の皆さん」シーンでした。
実際ここまでわかりやすく利己的な姿を見せてたわけじゃないだろうけど、対症療法的だったり、現状ベースだったりなのは、そうなんでしょうね。
■そうそう。この通憲さんの発言のときに、別に「朝廷」でもよさそうな文脈で「王家」を使ってたのは、ちょい気になりました。みんなで叩きすぎて、脚本の人を「うっせーよ!こうなったらテキストの「朝廷」も全部「王家」一括変換じゃぁぁ!!」などと逆ギレさせたんじゃないかと心配になった(笑)。

■で、結局海賊討伐はしよう、ということになって平家に白羽の矢が立ちました。
今までに無い規模の海賊討伐だそうで、命のキケンはありますが、一方で手柄になればデカいのも確か。
清盛は意を決して参加したいと主張し、通ります。一方、弟の家盛君は、お留守番役を申し付けられました。不服そうではあるけど、ぐっと堪えて笑顔で拝命する家盛。気まずそうな清盛。
でもね、こういうのって、どうしてもやりたいなら怒られても蹴られてもやりたい!って言わなきゃいけないんです。希望が通らないのは、家盛に「なにがなんでも」がないからです。かわいそうだけど。
■ここでまたおもしろいシーン。
もともと漁師の子であった鱸丸が「今度の海はいつもの海と違うから、注意してください」的なことを遠慮がちに言ったら、元漁師のくせにとナマイキ呼ばわりされてしまいました。
つまり、平家は朝廷で見下されてるけど、同様に平家の中でも差別はあるわけです。
鱸丸を侮辱して清盛とあわやつかみ合いになった忠正叔父さんですが、みんなが退室した後に、清盛に本音を語ります。彼なりに言い過ぎたなーって思ったんでしょうね。
彼が語る本音は、決して清盛にやさしい内容じゃなかったけど、でも、忠正叔父さんも自分のどうにもならない負の気持ちに葛藤しているのです。それを伝えられて「くそっ」とつぶやくしかない清盛。
誰かを憎んで自己防衛できればいいけど、彼はそれすらできなくて、結局自分が惨めになっちゃうんですね。今の年齢が高校生くらい? まだ割り切って前を向くのは難しい年齢ですねぇ。
■そこにまたしても通憲さん登場です。
海賊への対処を提案して無視された通憲さんでしたが、現地に行ってみようと思い立ったみたい。ごちゃごちゃ理屈かますだけじゃなくて実行を伴おうとするところは、なるほど後の信西ですね。
荷車の中で、忠正叔父さんと清盛の話も聞いていたわけですが、彼は清盛に、その血から得る力がある、と語ります。清盛は微妙な表情でしたが、清盛の血をポジティブに評価したのは彼が最初ですね。
みんな「血を気にしない」態度まではしてくれたけど、その血が力になるといってくれたのは通憲だけです。この後の二人の関係が楽しみ!
■で、いよいよ海に出た平家の皆さんは、海賊のデカい船と遭遇して…
というところで、今回のお話はおしまいでした。

■おっと、書き忘れてた。重要だった宗子さんパート!
宗子は、清盛の出世時に何があったか全部聞いたうえで嫁ぐことを自分で決めたと、家盛に語りました。
理由は「こんなに痛々しい人を見たことがなかったから、自分が少しでも支えようと思った」。
この宗子さんの語り部分、役者さんも台本もウマかったですね。回想シーンなしで、彼女が語る台詞だけなんだけど、忠盛が事実と自分の行動方針を淡々と語り、宗子がその姿に心を揺さぶられた様子が伝わりました。
で、この「痛々しくて」というのは、前述の得子→鳥羽院も同じなんですよね。
ただ、多分得子は「少しでも支えたい」じゃなくて「全部私が支えてあげる」なんだと思うけど。
次回で早速ご懐妊のようですね。たまこ様にどう戦いを挑むのか、楽しみです。鳥羽を二人が取り合うってよりも、得子が鳥羽を庇い立てして、鼻息荒く代理戦争に挑む…って構図になるのかしら。新鮮だな。

■そうそう、あとは、義朝の乳兄弟として、「てっぱん」のかつお節社長が初登場でした!
「てっぱん」のおしゃべりで弱気な若社長とは全然違う、寡黙で忠実そうな部下っぷり。彼の出番も今後楽しみです。「てっぱん」メンバーは、かつお節社長、尾道の住職、まえだまえだ兄が出演してますね。清盛の息子世代で、鉄兄が出ないかな~(朝ドラにはよく出てるけど、大河では見たことないような)。
[PR]
by mmkoron | 2012-02-05 16:11 | 大河ドラマ「平清盛」


第4話「殿上の闇討ち」

■先日、自宅に地域の広報誌みたいなのが届きまして。そこでの特集が「清盛にちなんだ名所」だったんですね。私が住んでるのは岡山なので、水島とか藤戸とかが紹介されてたんですけど、成親墓がスルーだった。えーーー!! 岡山で平家・清盛関連っていえばやっぱ成親墓だよ。
吉備津神社の隣という素晴らしい観光地配置なのに…。
■もうちょっとあたたかくなったら呉に行ったり、おかんと厳島神社に行ったりするつもり。私、今年のために異動になったに違いない、と勝手に運命を感じてます。(気のせい)

さて。大河感想です。

■いいですねーいいですねー。
今回、「殿上の闇討ち」ってタイトル見て、「あの事件だけで45分もつの?」って思いましたが、前回のアンサーに当たる回ですね。大河ドラマに数回ある、「話としては地味だけど、ストーリー上は必須のおはなし」でした。今回は、
・なぜ前回、忠盛パパは清盛を「平家に必要だ」と言い切ったのか。
・源氏の父子と、平家の父子の対比
・忠正の、平家一門への思い

といった、今後の根っこにもなりそうなお話が一気に描かれました。


■最初は、清盛の職場・北面の武士たちの流鏑馬シーンから。
佐藤義清が華麗にキメたのに大して、清盛は失敗続き。
このドラマの清盛は「腕がたつ」って設定というわけではないようですね。私も清盛にはあまり武芸達者な印象なかったので、そこはイメージどおり。
■で、かっちょよく(清盛はあまりカッコよくなかったが)騎馬姿を披露した北面の武士たちでしたが、次に「待賢門院様のおともだぞー」と何をするかと思ったら、一心不乱にみんなでお化粧。
清盛が「なんじゃ~ぁ!?」と叫ぶのが可愛かった。今回、清盛の表情がコミカルで面白いね。
男の職場だと思っていた北面が、お洒落にご執心なのが、清盛は気に入らないようです。
男塾だと思って入学したらラコンブラード学院だったような気分でしょうか。体育系の清盛さん、お気の毒です。
■で、待賢門院さまは、女房たちと歌のお披露目会。
女房たちに感想を、と言われて清盛はうかつにもシモネタ投入。女子会に声かけられてシモネタはいかんだろ清盛。しかし、この清盛以上に笑えたのは、彼の次に感想を求められた義清。

「イケメンがしゃべりまーす!」的なBGM流れた~!!!

なんだか「アンジェリーク」の「滝でお祈りしてたら守護聖が出てきて恋愛イベント始まった」みたいな、うさんくさい演出始まった~!!!

今回、なんか演出が全体的に独特。わざとベタにやってるのか、天然なのか…。
あと、このシーンでは堀河局の表情が面白かったです。女房仲間にさすがですねーって褒められて、控えめにしつつ「もっと言って!」的に笑いがこぼれちゃうのとか、義清に見事に赤ペン添削されて「ぐぬぬ」って表情になるとことか。この人は、たまこさんと違って、表情が人間的でほっとする。眉ないけど。

■さて、義清が提案した、堀河局の和歌をより艶めかしくした改訂案を気に入ったたまこ様。
たまこ様にも和歌に込められた心情を理解する力はあるのねーと思いきや、「あやまちを私に一言わびてくれぬか」という鳥羽院の搾り出すような頼みを聞いて、あっさり「私がわるうございました」。
院はあまりに葛藤なくするっと言われちゃったことに唖然。
堀河局も飛び込んできて、「自分の罪を認めるようなことをなぜ言うのですか!」となじる。
でも、たまこ様は「私がここにいるのは、妃の務めではないのか?」。
たまこ様は何が悪いのかわからない。でも、お仕えしている鳥羽院が謝りなさいと言うから、言われたように謝るのがおつとめだと思ってる。むしろ、なぜ命令に従っているのに怒られるのかよくわからない。あちゃー。
■今週の鳥羽院パートも面白いですねー。
ここの鳥羽院はすごくピュアなんだけど、でも一方で摂関家の台頭に牽制をかける、権力者の一面もある。藤原忠実への引きつった笑みが、「この人、いっぱいいっぱいで、糸が切れるギリギリの精神状態なのかもな」と感じさせられます。
忠盛が寄進した仏像群にひれ伏して感動する気持ちがわかる。鳥羽院の、「もうやだ。絶対的に美しいものに包まれて安らぎたい。」って気持ちを巧く掬い上げる忠盛は、ほんと老獪ですね。

■で、鳥羽院をカンゲキさせたご褒美で、昇進です。昇殿がゆるされる身になりました。
…と書くと、なんかワイロで昇進したみたいですが、「こんなありがたい御堂を作ってまで、天下のことを思ってくれてありがとう。→昇進」ですね。建前上は。
伊勢平氏念願の「殿上人」になった忠盛パパ…だけど、清盛は素直に喜べない。
でも、さぁさぁと促されて、必要以上にさわやかにお祝いのコメントを述べる清盛。ちょっと大人になりました。ひととおり述べたあとに「ね、ちゃんと言えたでしょ?」みたいな顔するのがお茶目です。
で、それを押しのけて、忠盛の弟・忠正が飛び出してきて嬉しさに号泣。忠正はこの先清盛の敵になるわけだけど、ここで忠正は私利私欲じゃなく、平家一門の栄えを心から願っているけなげなヤツだってことが描かれます。うんうん、今回はほんと、この後の展開に必要なベースを丁寧にひとつひとつ置いていってる感じですね
で、殿上人になったお祝いパーティーが始まるんですけど、これが全然セレブパーティーじゃなくて、おっさんの裸踊り宴会なのがほほえましい。
■一方、負け犬状態の源氏さん家では、為義パパは自棄酒を飲み、息子の義朝はそんなダメ親を見かねて「父上がダメだから俺の進路までダメになってるじゃんか!」と責める。それなりのお屋敷の風景なのに、もうこの情景が星飛雄馬の長屋にしか見えない。こないだやってたNHKドラマ「とんび」の失敗バージョンっつーか。うわーつらすぎるー。

■また舞台は平家のほうに戻る。
藤原家成さんが、有名どころ貴族を招いて、忠盛パパの社交デビュー会を開催してくれたようです。
家成さんは、忠盛パパの顔を方々とつないであげようと配慮してくれたようですが、ここでこのパーティーが、昔のアイドル漫画や大映ドラマも真っ青のベタなイジメ会に…。
■ここで脱線ですが、まめ知識。清盛の隣に座ってた義清が、この宴に同席してる理由を「私は、(この宴に招かれた)徳大寺実能様にお仕えしているので」と言ってましたが。実能サマというのは、待賢門院のお兄さん。この人の孫が、近衛・二条両帝の后になった藤原多子と、平家物語巻二「徳大寺之沙汰」に出てきた藤原実定さんです。
■イジメパーティーの話に戻ります。このいじめかたがベッタベタ。
 ・無茶振りで舞を舞わせる。
 ・わざとリズムを乱して、踊りづらくする。
 ・みんなで水をぶっかける
すごいです。「ステージ衣装に墨汁ぶっかける」「水着着ようとしたらふんどしにすりかえられてた」並のベタベタっぷりです。
「うっそでー。こんなベタなイジメとかしないよ。」と思いたいところですが、宇治拾遺物語の「あおつね」君の話とか見てると、わりと中学生レベルなので、こういうのもやるかもしれませんな。

==================================
■あおつね君の話をかいつまんで解説(かなり意訳)■
親王の息子かなんだかに顔色の悪い公達がいて、同僚みんなで彼を「青常」と呼んでた(ひでー)。
帝がそれを聞いて、そんないじめやめなさいと言ったので、「じゃあ、今度アオツネ君って呼んじゃった人がいたらペナルティね!」ということになった(こいつら帝の意図をわかってねー)。
そしたら、うっかり早速一人「そういや、あのアオツネ君はどした?」とか言っちゃったヤツがいて、「はい、ペナルティ! お前のおごりねー!」って話になった。そいつの主催でアオツネ君ごめんね会をすることになったのだけど、そのパーティーときたら、給仕がみんなで青色の服着てるし、ごちそうは青色系でそろえてるしで、もう青・青・青! だった。もう呼ばれたみんながバカウケ。
帝もその様子を知ったんだけど、「ほんとこいつらときたら(苦笑)!」ってな反応で、結局アオツネ君ややっぱりアオツネ君呼ばわりのままだった。
==================================

これ、洒落てるといえば洒落てるけど、「うんこ踏み男」ってあだ名つけられた子がいて、先生に「そんなひどいあだ名はやめなさい、謝りなさいね」ってたしなめられた男子がみんなで「●●君のこと、うんこ踏み男(大声)とか言ってすみませんでしたー!!」「●●君がうんこ踏んだ(大声)って笑ってすみませんでしたー!!」って謝ってるようなレベルとも言えるよな。

■まぁそんなベッタベタ攻撃を受けつつも、忠盛は表情を崩すことなく大人の対応を通したのでした。
家成さんの「もうそのくらいでいいでしょう!」って制止がかっちょよかったっすね。
まぁでも、このイジメは摂関家の忠実&忠通さん直々のプロデュースだから、それ以上強く咎めることもできないんだよな。家成さんちは鳥羽院のご寵愛で引き立ててもらってる新興系のおうちですしね。
■忠盛の大人の対応でするっとかわされてしまった形の忠実さんですが、しかしムカムカは収まりません。
で、忠盛に10周分くらい差をつけられてしょげてる為義を呼び出して、「殺っちゃえよ」と発破をかけます。俳優さんのコワモテも手伝って、なんつーかもう貴族ってよりもマフィアです。首領と書いてドンと読む感じです。
そんな個人的な妬みで鳥羽院に引き立てられた忠盛殺したら、為義は間違いなく罪人ですがな。
武士は手駒にしか思ってない忠実、結局その手駒に甘んじるしかない為義。
■そんな危機など知る由もない忠盛はドキドキ殿上初出勤。門をくぐるときの、見送る家貞の表情がよかったなぁ。ほんとに「見守る」って感じのあたたかい表情だった。
で、忠盛は、

なぜか巨大迷路状態になってる庭を歩く。

■この庭は布で通路が作られてますが、20年位前、でかい板で仕切られた迷路って郊外にありましたよね。私、家族で2回くらい行ったわー。で、2回くらい、その迷路で家族から置いてけぼりになって泣く夢も見たわ(哀れ)。
この迷路の途中で忠盛が「おかしい…先ほどから何度も同じ場所を通っている気がする…」とか言い出すのかと思いましたが、そんなことはなく、背後から刺客となった為義さんが登場しました。
これ、忠盛は振り返る前は相手が帯刀してる気配だけ読みとったんですよね。で、振り返って、為義だとわかったんですね。振り返らないままいきなり「む、為義どのか」だったら、なんか超能力者みたいで興醒めですから、このくらいの「デキる男」感がかっちょいいっすね。
■で、微妙にかっちょ悪いのは、刺客となった為義。でもここで、切ない心のうちをぽろっと語ります。もちろん為義だって、こんなことしたら自分は重罰に処せられることはわかってます。それでも、「わしが義朝にしてやれるのはこれだけだ」。出世のきっかけを持てない愛息子・義朝のために、自分がライバルと刺し違えることで突破口になるしかないと、そう思いつめてるんですね。
義朝になじられ、忠実に怒鳴られ、「自分が何かしなきゃ…!!!」と追い込まれてしまったのでしょう。小者っちゃ小者なんだけど、でも立場に比して弱いのは、必ずしもその人のせいじゃないよね。せつない…。
それを聞いて、はっとする義朝。ダメ親父はダメなりに、一生懸命に息子の幸せを考えてくれてたのです。
■父親の真意を知ってはっとするのは、清盛も同じ。「王家の犬で終わるつもりはない」という忠盛の言葉を、まばたきもせずに見つめる表情が良かった。「あこがれ」でも「おどろき」でも「呆然」でも「感動」でもない、全部合わさったような表情。

■で、宴が終わって。
まずは、為義&義朝父子の会話。
ダメ親父でもいい、親父がダメな分俺がやりかえしてやる。これがこの父子の成長の形です。
忠盛&清盛父子は、それとは逆の、父が子を導くかたち…に見えて、それだけではなかった。
「いつから、王家の犬で終わりたくないと思っていたのか」と尋ねる清盛に、パパは答えます。赤子だった清盛を抱いて、「平太」と名づけたときからだと。
あのときの思いと清盛の存在が、忠盛を導き、王家の犬で終わらないという信念の原動力になっている。だからこそ忠盛は前回のお話で、清盛のことを「平家になくてはならぬ」と断言していたのですね。
自分の意味、父親の思い、そのすべてではないだろうけど、両方を垣間見ることができた清盛。今回は、幸せな終わり方だったなー。

■ここまでの中に書きそびれちゃいましたが、義朝と清盛が殴りあったりぼやきあったりしてる川原のシーン。
あのシーン好きです。青春って感じで!
「父親を交換するか?」って義朝の提案は、漫画描く身として「いいねそのネタ!」と膝を叩いちゃいましたよ(笑)。為義パパと清盛のコンビは面白そうですね。為義パパは「出世の糸口を見つけるときにかぎって、身内家族がそれを台無しにする」ってイメージあるんですけど(本人も問題行動あったのかもしれないけど、本人がやらかすってよりも、管理できてないってイメージだなぁ。)、この大河の清盛は、しっかり台無しにしてくれそうだ(笑)。
■私は平家物語の「父と子」描写がすごく好きなので、今回のお話はかなり好きですわ。為義、いいですね。為義がほんとにそうだったかは知らんけど、今よりもっと、自分の立場と自分の特性や持ち味とがアンマッチで苦しかった人は多かっただろうなと思う。
現代は現代で、自由が大きい分うまくいかないのも全部自分の責任だから、苦しいんでしょうけどね。
[PR]
by mmkoron | 2012-01-31 01:44 | 大河ドラマ「平清盛」


第3話「源平の御曹司」

■いやー、今回はあれですね、めっちゃ中学生日記とか明日へジャンプとかそんな感じでしたね。
最近はダメ主人公の成長モノよりも、ダメ主人公がダメなまま愛されたり、最初からスペックの高い主人公だったりするマンガやドラマが多い気がしますが、やっぱ私はこういう王道がすきだわぁ。
今回の見所は、以下のとおり。

1)清盛君の成長
西海の用心棒的なことをして、「野良犬として自分」の自負心を満たしてた清盛ですが、自分の未熟さを思い知ります。中学生日記とかで

街で暴れる不良をやっつける!っていって、ケンカ騒ぎを起こして、補導。
パパと親戚一同が迎えに来て、もみ消してくれる。
自分は正しいことをしてるのに!と噛み付くが、お前が暴れるから不良も暴れとるんじゃと言われて、しゅん。
さらに、親戚一同が自分のせいで口論をはじめ、継母が泣き出して、しょんぼり。
結局大人の力を借りないとまだ一人では何も出来ない子どもだと思い知らされるのであった。


みたいな話ってありそう(笑)。まさにそんな感じ。
乳父は責任感じて男泣きして死のうとするし、継母は「私の子どもなんです!だから責めないで!!」って号泣するし、弟は「ママのためにもお兄ちゃん家で一緒に暮らそう」って半泣きだし、清盛たいへん。
周りがテンション高すぎて、何も言えなくなっちゃうところとか、リアルでした。中学生くらいの男の子って、あんな感じですよね。
言いたいこと言わせようとおもったら、1対1で根気づよく引き出さないといかん年頃ですよね。あのハイテンション&参加者多数な家族会議では、まぁ何も言えんわ(笑)。
■盛康が、「申し訳ございませんー!!」って土下座するたびに叫びが悲痛になってくとこが、かわいそうなんだけど笑っちゃった。この乳父さんも大変っすね。もし病死したら、死因は明らかにストレスだと思うわ。
■義朝との競べ馬のあと、ボロボロと言葉が出てきたところは、よかったねぇーと思いました。鱸丸たちに対しては自分が従えてるっていう自負があるから、弱音は吐けない。ようやく対等な友達(ある意味)ができたんでしょうね。
ゆくゆくは命のやり取りをすることになってしまうわけですが。そう考えると、顔見知りと殺しあわなきゃいけないって、今の時代の「戦争」とはまったく違う厳しさがありますね。保元の乱・平治の乱の悲惨さって、戦国時代とかとも違う気がする。

2)義朝との出会い
■最初、義朝が一方的につっかかってきて、清盛が微妙にキモがってるのが面白かった(笑)。
義朝はクールでドライな雰囲気なんだけど、でも、清盛の舞を見て一方的にライバル認定して、一方的に「あいつに勝つために」と努力を重ね、でもって一方的に幻滅してるわけですから、この人も十分面白いヤツですね。最後の、「振り返らなかった」のシーン、いいわぁ。
お父ちゃんがすぐ顔に出しちゃう人な分、こっちは表面的にはクールに振舞うタイプになってるのかな。
■西行こと義清も初登場でしたね。でも、何か説明あったっけ? 特に名前とか立場とかちゃんと出てきてなかったような。いまのところ、義朝と義清の区別って、クールっぽくて内面を出さない人なのは同じで、風流なほうが義清…って違いくらいしかつかないんだけど、この先どうなるのかな。わくわく。
■西海の海賊退治に自分の居場所、自分を必要としてくれる場所を見つけたつもりが、実は邪魔な存在だったことを突きつけられて、打ちひしがれる清盛。お父さんに、「清盛は一門に必要不可欠」と言われても意味を見出せない。でも、義朝のライバルになることで、ようやく自分の等身大の立ち位置を見つけられたわけですね。この年頃って、親兄弟じゃなくて、対等な友達でしか救えない部分って確かにありますよね。自分の昔のこととか思い出して、胸が熱くなったよー。いや、私は荒れてはいませんでしたが(笑)。

3)たまこ様がむしろもののけ
たまこ様絶好調です。すべての攻撃が一切通じないモンスターです。天然が最強ってほんとなんだな。
鳥羽院は激昂してましたが、私だったらむしろ気味悪くてドン引きしちゃうかも…。
毎回堀河さんが「あいたー」って表情するのに共感してます。彼女の今のところの存在意義ってそこだよね。

4)その他感想
・上川さん、漁民の子にしては物腰が上品すぎる。かっこいいんだけど。
・清盛の「よわいものいじめするんじゃねーよ」は、昔のヤンキー漫画みたいで胸が熱(以下略)
・家盛と清盛の会話は、ほのぼのするなぁ。清盛も、家盛はかわいいんだね。
・家成さん、ちょっと演技が変わった? 早口気味になった気が。
・清盛の郎党たちが「ここが都かぁー」って走り回ってたとき。露店の品物を手に取ったら、店のおばちゃんに「しっ、しっ」ってされてたんだけど、そのときの手の動きが、払う感じじゃなくて、手のひらを向けて押すような動きだった。あれ、何か出典があるジェスチャーなのかな。明らかに意図的にそういうしぐさにしてる感じだったので、気になった。


今回は、話が「清盛の成長」に集約されてたので、話がスッキリして、時間が過ぎるのが早く感じました。次はいよいよ「殿上闇討」ですね。「平家物語」の世界に入ってきた感じがして、嬉しい!
[PR]
by mmkoron | 2012-01-23 00:20 | 大河ドラマ「平清盛」


第2話「無頼の高平太」

■今日で今年のセンター試験が終わりましたが、そういや去年は「保元物語」、義朝が為義を処刑する直前のやりとりのシーンでしたね。そういやあのシーンの為義もけっこうトホホ系な描写だった気が…。

■第2話も、鎌倉殿のシーンからスタートです。
三種の神器のうち、草薙剣だけが海の底に沈んで見つからないという報告が鎌倉に入ります。
政子は怒ってますが、頼朝は是非もなしってな気分になってるようです。きっと清盛が持ってっちゃったんだろう…と。
『双調平家物語』では、平家が朝廷から「剣」を奪い取って沈んでいった…という解釈でしたが、この頼朝もそれに近い感傷を持ったのかもしれませんね。
■さて。しかし第2話時点の清盛さんはまだ元服前のひよっこです。
いくつのつもりなのかわかりづらいのですが、今回崩御する白河院が1129年没ですから、このとき清盛11歳…。
あの松ケン清盛は11歳…ちょっと無理がありますね。「おふく16歳」ほどではないけど。まぁ中学生くらいだと思って視聴することにします。

■清盛はすっかりひねくれちゃったみたいで、「無頼の高平太」と京の賭場で名の知れた存在になっちゃったようです。今でいうとゲーセン通いのヤンキーってとこですかね。でも横断歩道で「ちっ、しょーがねーな、乗れよババア!」って悪態つきつつおばあちゃん背負って渡っちゃうような(笑)。
青臭い正義感はそのままのようですが、家族との関係はすっかりこじれちゃったみたいです。
まぁ、すっかり心を許してた母親にあのしうちを受けて(お母さん、ムリしてる感アリアリですもんね。もうちょっと平太が歳とれば、母親との関係も再構築できるんだろうけど、まだ親には完成された人間でいてほしい年頃でしょう)、しかも生い立ちがああいうことだったんだから、素直になれないのは仕方ないかな。。。
■そんな清盛ですが、いよいよ元服の式が決まりました。
そして中二病のお約束のように「俺は大人にはならない!」的な決意表明。しかし、忠盛には、その反抗の底の浅さを見透かされて、逆ギレして逃亡。
そして清盛はそのまま鉄塔に登って「情熱を忘れちまった大人たちへ」という垂れ幕を下げ…なんてことはなく(あったんだよ、10年位前にそういう甘酸っぱい事件が!)、盗んだバイクならぬ自分の愛馬で駆け出します。道端で「俺はだれなんだー!!!」と自分探しの絶叫をしてたら、「だれでもよいから、助けてくれー」の即レスが入る(笑)。
ここで「えっ?」って聞き返す平太が可愛かった。あと、落とし穴から「出してくれ」って言われて思わず「はい」って返事しちゃうとことか。根はまえだまえだ弟の頃のまま、素直なんだとわかります。
■さて。助けを求めてたのは、平太がイタズラで掘ってた落とし穴にはまっていた、貧乏っぽい貴族でした。
これがのちの信西こと高階通憲。彼の死に方を思うと、かなり皮肉な登場シーンですね。
この貴族はお礼もそこそこに、平太に、現在の世の中の混迷を講義。目の前の落とし穴を政情の不安定さ、月光を遮る黒雲を世の混沌にたとえます。
一方、平太は、月光を遮る黒雲は、月の光の清らかさに染まりたくてあがきくすぶる姿に見える…と。
面白いですね。信西は、目の前の光景に白河院の政治を見ているけれど、平太は白河院の内面を見てるわけです。DNAの底力。

■その話題のひと、白河院は祗園女御とご歓談中。
…のはずが、祗園女御がやんわりと白河院の「殺生をさせないために狩猟禁止令を出し、魚網を回収して償却させている」をやめさせようとしたら、逆ギレ。
普段傲然と構えてる院なのに、感情的になってるので、かなり追い詰められているようです。
■そして、もうひとりの王家のキーパーソン・鳥羽院。
かれは、屈辱感に苛まれながらも、璋子のもとに夜のお渡り。
璋子を待つ間は不満ぶちまけてるのに、璋子がやってくると、うれしくなっちゃう。
惨めでせつない男心です。これ、鳥羽パートのファンが確実にできるような気がするわ。ここだけ夜10時のドラマになってるもん(笑)。

■平太は無事に元服式を迎えました。が、式にいつもの無頼ルックでやってきて、加冠役の藤原家成に「なぜ貴族達は白河院をいさめないのか!」と詰め寄ります。答えられないような大人にもらう冠なんて願い下げ、とばかりに立ち去ろうとする平太。
私がかつて中学生だったころ。卒業式に白ラン長ランで出席しようとしてゴネて「着替えて来い!」って帰らされた先輩がいました。あんな感じですな。
平太の場合は自宅で式をやってますので、帰らされるわけではなく、対清盛用に呼ばれていたゴツイ青年・伊藤忠清に羽交い絞めにされて、めでたく加冠。
「清盛」の名前をここでもらいました。
家成、最初「勇者ヨシヒコの仏様…」と笑っちゃいましたが、なかなか「腹を据えて貴族やってます」って感じのたたずまいで、今後の出番が楽しみです。
彼の息子達も今後出てくるのかな?
■名前は変わったものの、相変わらずの清盛君は、気晴らしに漁師の鱸丸の船に乗って海の散歩。
成人式を終えてから息苦しさが増してるようで、「海はいいなー」と伸びしてご満悦。
「俺も漁師になって魚くって暮らせたらいいのになー」みたいなKY発言しちゃいますが、中二だから仕方ありません。まだ子どもなので、10年後くらいに「ぎゃーあのときの自分を穴掘って埋めてしまいたいー! 鱸丸ごめん、ほんとごめんー!!!」となるはずなので、大目に見てあげてください。
清盛くん、黙ってしまった鱸丸に気づいてハッとなります。
そうです。鱸丸とその父・滝次も、白河院の狩猟禁止令の影響で、漁を禁じられて、食べるのに困ってる状態だったのです。

■そして、漁師達のまとめ役だった滝次は、困り果てた仲間達をなんとかしたいと、とうとう漁に出て逮捕されてしまうのです。鱸丸は命からがら京にたどり着き、清盛にそのことを告げます。
滝次をなんとか助けてやりたい清盛。しかし忠盛は、禁を犯した滝次を救う事はできないという返事。
その理屈が我慢できない清盛は、「清」の字を与えられた自分の名にかけて、罪なき民を泣かせて武士など名乗れるか!と忠盛に叫んで、飛び出していきます。
それを見送る忠盛は感慨無量。自分が何者かわからない、その清盛にもただひとつ「武士」であるという自覚がゆるぎなく存在することがうれしいのです。
宗子がそれを見るまなざしがいいですね。彼女にはそういう男同士の「志でつながる」的な機微はわからないみたい。
■白河院にアポなし対面に特攻した清盛。まさに電波少年。(文字そのままの意味で)
アホだけど、でも口先だけで大人批判するよりガキも、見所のあるいいヤツです。
「忠盛の子か?」と問われて、「父ではございません」と答えるところが、かわいそうですね。これ、反抗心で言わないだけじゃなくて、言える自信がないんですよね。
白河院に、滝次を赦免してほしいとお願いしますが、「国を治めるうえでしめしがつかない」と却下されます。
しかし、清盛は白河院の内面を見抜いていました。
寿命がつきる今になって、権力の怪物になった自分が極楽往生できるかどうか不安になったのだろう、と。
白河院は余裕で聞き流していますが、なにか琴線にふれるものがあったようです。
ここで清盛のもとに歩み寄ります。そこで、清盛の出生の秘密をバラしてしまいます。忠盛が清盛に伝えていない、母親の死の経緯です。
■最初、母親が白拍子と聞いて「聞きたくない」という反応をしていた清盛。たぶん自分の素性の賤しさを指摘されると思ったのでしょうが、その後の思わぬ展開に愕然。
これこそが白河院の見たかったリアクションですね。
白河院は初対面のとき、清盛(当時は平太)を犬あつかいでまともに見ようともしませんでしたが、この段階では「面白い」対象になってるんですね。自分の血を引く、しかしまったく違う生き物として面白がってる。
■結局、清盛は滝次を助けることはできませんでした。それでも何か一矢報いたい清盛は、突如舞の稽古を始めます。

■そして清盛の舞のお披露目。
為義たち源氏御一行様が「きーっくやしい!」ってなってるのが、お約束でかわいいっす。
雅楽の演奏シーンはけっこう時間ゆったりとってるのが嬉しかったなー。「義経」のときの青海波は、すっごい楽しみにしてたのに一瞬だったから。
■白河院の御前で優雅に舞う…と思いきや、鱸丸からパスされた宋剣(これが彼の「勝負太刀」らしい)で突如ロックな舞を開始。白河院の御前に躍り出て、刃を目前につきつけるパフォーマンスまでやってのけます。
あまりに前衛的だったので、周囲も咎めることもできず「…えっと、これも演出?」みたいな反応なのが笑えた(笑)。
■白河院は青臭い清盛よりもさらに上手ですので、余裕で清盛の挑戦的なパフォーマンスを楽しんでます。
ある意味、白河院が政治の秩序とかよりも個人的な興味や欲求を重視してる人だからこそ、清盛は罰されずに済んでるって感じですな。
白河院から面白き舞であった、とお褒めの言葉。「まこと、武士の子らしくての」と。
前のシーンで「このもののけの血を引くのだから」とからかった院ですが、
それと同時に彼の中に(本来は流れていないはずの)「武士の血」を読みとったんですね。
■さて、今回の舞には、もうひとりギャラリーがいました。木の上から眺めていた、為義の嫡男・義朝です。
「ちちうえ」って呼びかけられたときの為義パパの反応で、めっちゃ自慢の息子なのね…ってわかります。
そりゃ、自分の息子が玉木宏だったら、自慢したくなるわな。

■このしばらく後に、白河院はついに崩御。
良くも悪くもその権力を一極集中させていた白河院の崩御で、いろんな人のいろんな枷が外れ、世の中は混乱していくのでした…。

【今回のまとめ】
清盛、中二病全開。
男性視聴者だったら、自分の若気のいたりを思い出して、きゅんときたりするんですかね。いいなぁ。

[PR]
by mmkoron | 2012-01-16 01:37 | 大河ドラマ「平清盛」

    

源平関連の本・ドラマなどの感想文あれこれ
by mmkoron
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のトラックバック
スキヤキ・ウエスタン ジ..
from 徒然独白 - 手鞠のつぶやき
小栗旬 カリギュラ 関連..
from 小栗旬 画像・動画 最新情報..
小澤 征悦『西郷隆盛』役
from 篤姫(あつひめ)大河ドラマ
リンクなど。
きよもりよりもよき
まみころの平家物語サイト。
あらすじ紹介漫画とか人物紹介など。



まみころのブクログ
源平関連以外の読書日記はここに。読む本にあまり偏りはないと思ってたけど、こうして見るとすごく偏ってる。
以前の記事
その他のジャンル