源平観戦日記


<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧



胡蝶

山田美妙 著/日本ペンクラブ内「電子文藝館」で閲覧可能/明治22年発表

■「胡蝶」というタイトルはいかにも平家の物語っぽいのですが、これは主人公の名前です。
■場面は壇ノ浦。二位尼は安徳帝を逃がすため、身代わりと共に入水することを決意します。
二位尼に仕えていた平家の女官・胡蝶は、壇ノ浦合戦のどさくさで仲間たちからひとりはぐれ、流され、ほうほうのていで浦に流れ着きます。そこで平家に使える青年武士・二郎と出会い、二人は帝のもとへと旅をすることに。
若い男女のことですから、旅するうちに将来を誓う仲となりますが、そこで明かされたのは、実は二郎が源氏の手の者であるという事実。
彼は平家残党の隠れ里を見つけ出し、安徳帝の命を奪うという密命を帯びていたのです。
■二郎の胡蝶への愛情自体には偽りはなく、恩義と愛情の間で悩む胡蝶。彼女が選んだ選択肢は…。


■とまぁこんな話です。
明治22年ですから文体も小難しいですが、それでもさすが「言文一致体」の山田さんだけあって、先日ご紹介した『滝口入道』よりはずいぶん読みやすいです。
そうか、言文一致ってこういうのなのかー。
■ちなみに安徳帝の替え玉にさせられてるのは、この物語では「知盛の息子」となってます。知忠以外にこの年頃のコがもう1人いたって設定なのかな?
平家の公達で名前が出てくるのは、知盛と教経くらいです。女房である胡蝶の視点で話が進んでるので、男性の姿はあまり見えません。

■さてこの小説。発行当時に話題になりました。
何が話題になったって、その挿絵。
浦に流れ着いた胡蝶は「濡果てた衣服を半ば身に纏つて、四方には人一人も居ぬながら猶何処やら吾と吾身へ対するとでも言ふべき羞を帯びて」という状態なのですが、ここの挿絵がちょっと脱ぎすぎじゃない?と、当時物議を醸したんだそうです。
私もその挿絵を見ましたが、ほぼ全裸です。脇に抱えた衣で申し訳程度に下半身を隠してるくらい。どうやったらここまで流されるんだってくらいの脱ぎっぷり、お前その手に持ってる布をかぶれよというツッコミどころ満載ですが、しかし、挿絵の雰囲気は黄桜のカッパ妻とかそんな雰囲気なので、別に「うわっ、エロっ!」とは思いません。
でもこのときの掲載誌は挿絵効果で2万部増刷だったんですって(^_^;

(参考:「隠すことの顕れ-裸体画論争と文学」中山昭彦 『國文學』H14年7月臨時増刊号)
[PR]
by mmkoron | 2006-02-28 00:41 | 書籍


エンドレスバトン●まみころ回答

鷹羽さとさまからいただいたバトンです。さとさん、ありがとうございます。そしていつも止めちゃってごめんなさい…。

=====================================
ルール
1)回ってきた質問の最後に、[自分の考えた質問を足して]下さい(自分も回答すること)
2)終わったら必ず誰かにバトンタッチしてください
3)まとまりのないエンドレスバトンなので[どんな質問を加えてもOK]です
4)バトンのタイトルを変えないこと!
5)ルールは必ず掲載しておいて下さい
=====================================

★最近のマイブームは?
PCに入ってた「マインスイーパ」。私が今まで出会ったゲームのなかで1番じゃないかと思うくらいにハマって、
毎日やってます。かなりクリア率上がってきた! そんでもって、これやると目と頭が疲れてよく眠れるんだよ…。

★最近買った一番高いお買いモノと安いお買いモノ(お値段も)
高いお買い物…2月頭に買ったベッド。家具なのでそれなりのお値段でした。
安いお買い物…さっき買ったヨーグルト105円。

★今まで買ったお買いモノで一番の失敗は?(お値段も)
『義経紀』。しかも限定版買っちゃって。
まさかダンジョンゲームだとは…! この手のシステムが苦手なんです。

★最近ショックだったこと
ひと目見て「うわっ、頭悪そうなカオ!」と思った私の似顔絵を、
同僚たちが「うわっ、よく似てる!」と大絶賛。

★最後にお酒を飲んだのは「いつ・どこで」ですか
週末に、知人の結婚式で。

★最近始めたいな…と思う勉強は何?
アドビInDesignの使い方。

★ボーナスの使い道はどうしますか?
住宅ローンを返してます♪(うわっ、暗っ!)

★年末年始の予定は?
家族をこっちに呼んできて、自宅でおせちでも作るかなぁ。

★大好きな少女漫画を5つどうぞ。

雪紅皇子(木原敏江)
ヨコハマ物語(大和和紀)
純情クレイジーフルーツ(松苗あけみ)
姫が行く!(里中満智子)
伯爵令嬢(細川智栄子)

きらきらしい根性モノが好きです。クレイジーフルーツで一番好きなのは梅本!

★お気に入りの歴史年号を覚えるための語呂合わせは?
やはり平家絡みがいいかなぁ。
清盛自慢のいい胸毛。1167年太政大臣。
考えた人のセンスがいいなと思うのは、第1次世界大戦の「いくひとよ」。詩人だなぁ。

★今年を表す漢字を一つ
「厄」。
1月は3日を越えたとたんにほんとにロクなことがなかった…。

★お国自慢を一つ
名古屋の料理は軒並み甘辛い。甘いだけでも辛いだけでもおいしいのに、盆と正月が一緒に来たようだよ!

★好きな動物
実家で飼ってるのは猫です。
でも好きかどうかはわかりません。弟のことを好きかどうかを考えたことがないように。

★自分の性格
四角四面なくせに、雑。

★自分の生活に欠かせないもの
スタバのチャイラテ。お昼はこれを買って会社に戻らないと気合いが入らない!

★ミーハーってどう思う?
語源の「みいちゃんはあちゃん」を私は知りません。みいちゃんけいちゃんなら知ってるけど…。

★最近知った新しいこと
古文で、「蹴る」に助動詞「つ」をつけて活用させると、「けつ」になるわけですが、
理論上しか存在しないと思っていたこの活用を、この前初めて文章で見た! ナマけつ! 正直感動した!


★最近でかけたところ

前述の結婚式。場所は目白でした。

★最後に食べたお菓子
友だちがネズミの海土産で買ってくれたでっかいミルクキャラメル。食べるとほっぺたが四角くなる。

★一番最近観た映画
「SHINOBI」かな?
そこでやってた予告が面白そうだったので、「フライトプラン」観ようと思ってたのですが、
観た人に話を聞いてちょっと行く気が失せ気味。
次に観に行く映画は、このままだとZガンダムになる予感…。

★今設定している携帯の着信音
「フラグルロック」のテーマと、「恋するにわとり」。後者は目覚ましに最適♪

★一番最後に買った本(雑誌・漫画含む)
『地下室だい好き』
『GIONGO GITAIGO J゛ISYO』

★サザエさんで一番好きなキャラ
「裏のおじいちゃん」って、若い頃すらっとした美形だったのではないかと思う。

★平均睡眠時間

平日4~6時間、休日10時間。

★今欲しいものは?
自転車。買えばいいわけですが、駐輪場の申請が面倒でずるずる先延ばしにしてます…。

★今ハマってるカップリング(ノーマル・ホモ問わず)
(´з`)~♪

★好きなキャラクター
スヌーピー!
オールマイティーな才能を発揮する千葉在住の鼠様よりも、書いた小説を編集者にクソミソにけなされるお犬様、なのにいつも書き出しが「暗い嵐の夜だった」になっちゃうお犬様のほうに親近感を感じてしまう。まさに負け犬な私です…。

★ベジータの可愛いところはどこですか?
名前。「タ」で終わるところは、なかなか男子っぽくてよろしいのでは。

★カラオケで必ず歌う曲またはアーティスト
ユーミン。
でもユーミンの曲はあまり盛り上がらない…すみません。

★初めてプレイしたゲームは?
「けっきょく南極大冒険」。
このタイトルセンス。流れる音楽が「スケーターズワルツ」。そしてペンギンが南極大陸を1周するのが目的という、必然性に何も説明がいらないこの設定。さらにさらに、主人公が死なない(タイムアウトになるだけ。障害物とぶつかっても、よろよろっとよろめくだけ。)。素晴らしい。

★現在の目覚まし時計の設定時刻
7:00です。

★ペプシマンのどこに色気を感じますか?
ツヤツヤな表面のぬめり気。

★「ここのお菓子美味ぇー!」何ていうお菓子ですか?差し支えなければ、店名と大まかな所在地も教えて下さい。
福岡の「鶏卵素麺」が大好物です。必ず自分用を買って帰ります。
関西のお土産屋さんで名物として売られているのを見たときは、ここで買っては我が故郷に申し訳が立たぬ、と泣く泣く見送りました。

★最近手に入れたフィギュアもしくはガチャガチャまたは食玩などはありますか?
最近ではありませんが、源平のを2つ買いました。両方シークレットの義仲でした。ありがたみがない…。
普段は部屋の置物を増やしたくないので買わないんですけど、このときだけは買っちゃいました(^_^)ゞ

★好きな歴史上の人物

平重衡とチェーザレ・ボルジア。

★結末がトラウマになった、映画・小説・劇などの作品
戦国自衛隊(1979年)。漂流教室と同じくらいかそれ以上にトラウマ。

★次にバトンをまわす人
友だちには既にまわってたので、私で最後です。
というわけで最後の質問に答えるのは私だけです。すみません。
[PR]
by mmkoron | 2006-02-20 00:44 | 余談あれこれ


お題バトン●まみころ回答

鷹羽さと様からまわしていただきました。ありがとうございます。

Q1. パソコンまたは本棚に入っている『平家』に関するものは?
パソコンには、自分の作品や自分で撮ってきた写真、あとはブックマークしているサイトさんのアドレスくらいしか入ってません。
本棚には資料や小説がいろいろ。最近大河「義経」完全版が仲間に入りました。
「アニメ三銃士DVDBOX」「みんなのうたDVDBOX」の間に挟まってます。

Q2. 今妄想している『平家』に関する事は?
描きたい漫画について通勤電車の中でネタ整理…という名の妄想をしてます。
重衡&大納言典侍と、重衡&後藤盛長の話。

Q3.最初に出会った『平家』は?
歴史の授業以外で、平家という単語を意識したのは、「源平討魔伝」(ナムコのゲーム)!
主人公が平氏側で、源氏が悪者だったのがショックだった記憶があります。デカい頼朝こえー。
でもって、EDのメッセージがかっこよいです。
「神も悪魔も降り立たぬ荒野に我々はいる」。

Q4.特別な思入れのある『平家』に関するものは?
珍しい論文!とか、実は大鎧買って持ってます!とか、そういうめぼしいものは何も持ってないのですが、ときどきまわってくる、平家物語関連の仕事の成果物は全部たからものです。

Q5.『平家』についてどう思いますか?
彼らと自分との間にある時間を思うだけで、きゅんとします(←病気)。

Q6.『平家』のいいところ
彼らを語る『平家物語』に、様式美ではない、
ナマの心情が見え隠れするところ。まだ「武士道」が確立する前だからこそ、なのかな。
彼らの日常を語る文章がいろいろ残ったことも、おいしさのポイントかと。

Q7.『平家』の悪いところ
ツメが甘いところ…なのかなぁ。
頼朝を殺さなかったり、法皇を逃がしちゃったり、遷都を強行したのに結局戻ってきちゃったり。

Q8.『平家』に一言
文学少女くずれの私としましては、
いくつもの「文学」を生んだ平家は、結果的に勝ったのだとも思います。
そんなの彼らにとっては何の気休めにもならないんだけど…。
私も大きなものに負けるときは、
せめて誰かの物語の一部になれるような負け方をしたいと思います、いやほんと。

Q9.『平家』というお題を出されたことにどう思われますか?
うれしいですv
遠慮なく堂々と自分の萌え…いや燃えが語れます!!

Q10.最後にバトンを渡したい人5人とそれぞれのお題は?
お題が源平から離れてしまいますが…。
麹屋さん、もしここを見てて、かつ時間があれば、
お題は『三国志』で、ぜひぜひ!
…ほんとは「ビックリマンチョコ」にしようかと思ったけど、やめときました(^^
[PR]
by mmkoron | 2006-02-08 00:03 | 余談あれこれ


滝口入道

高山樗牛 著/青空文庫に収録/明治27年発表

■明治浪漫主義の代表作。インテリ青年たちがうっとり読みふけった作品だそうで、「人生は不可解なり」との言葉を遺して華厳の滝からダイブした藤村操青年が愛読してたことでも有名です。
熊野に行く準備してる頃から読みたいなー、でも文語体で読みづらそうだから、後で現代語訳かせめて現代かなづかいにしてる本を買ってこよう…と思ってたんですよ。そしたら、今入手できるレベルでは、もう出版物がほとんどないんですね。なので観念して青空文庫で読みました。
で、その内容ですが…

■後白河院御賀の維盛の「かざす櫻も色失せて、何れを花、何れを人と分たざりけり」という舞姿(ステキだなぁこの表現)から始まり、時頼(滝口入道)の横笛への懸想、すったもんだの末の出家、横笛の死、そして平家都落、維盛の死を描きます。
時頼の結末は『平家物語』とかなり違います。でも、この物語の時頼だったら、そういう風になっちゃうかもなと納得。
平家物語の時頼はもっと枯れたカンジなのですが、この物語の時頼はもっと悟りや感情に揺れがあります。
彼は常に自分の頭のなかでの「あるべき姿」と、実際の自分の衝動のギャップに戸惑い、思い悩みます。で、悩みぬいた結果どうするかというと、えいやっと強制終了みたいな形で解決しようとしちゃうのです。
■横笛への恋心、相手に気があるのかわからない状況での三角関係、親の反対、でも止められない狂気めいた恋心。それを彼は、出家という形の強制終了で乗り切ろうとします。
で、追いかけて来た横笛を、「自分はあるべき自分を取り戻した」という自信のままに突っぱねるわけですが、その「べき論」ではじき返された生身の人間はたまったもんじゃありません。
横笛はかなしい最期を遂げ、滝口入道は動揺します。
■この後に維盛が出てくるわけです。
維盛は横笛リターンズなわけですな。屋島から敵前逃亡し、出家して姿を変えてでもなんとか妻子に会いたいんだと必死な維盛。
滝口入道の「あるべき姿」では、平家の御曹司、あの重盛の嫡子がこの状態というのは、「あってはならない姿」なわけです。滝口入道の精神の強気かげんは、決して宗教的悟りではなく、あくまでも俗世の人間の強気ですから、維盛のこの姿を受け容れられない。
で、滝口入道はまた自分の精神のバランスを保つために、また横笛と同じようにはじき返してしまうのです。
で、はじき返したものの、後で維盛の部屋を見に行って見ると、彼がいない。
滝口入道はもしやと追いかけますが、結局間に合わない。また横笛と同じ結果を迎えてしまったときに、この物語の滝口入道がとった行動というのは…。

■うーん、明治の青年はこの滝口入道に共感したわけですな。私には共感しきれなかったので、この物語が何のテーマを持っているのか、最初よくわからなかった。今の読みが順当なのかも自信がありません。
ただ、滝口入道&維盛の組み合わせはわりと好きだったので、興味深く読みました。維盛入水のあたりって、男ばかり5人くらいいて女っ気全然なくて、それでいてみんなが維盛の精神にするする踏み込んでくるところが、私の潜在的なボーイズラブ心をくすぐるんですよね(大失言)。
■インテリ男子は昔からこころが華奢なんですかね。ちなみに藤村氏が華厳の滝に残した文章はこういうものです。↓

悠々たる哉天壌、遼々たる哉古今、五尺の小躯を以て此大をはからむとす。ホレーショの哲学竟に何等のオーソリチーを値するものぞ。万有の真相は唯一言にしてつくす、曰く「不可解。」われこの恨を懐て煩悩終に死を決す。既に巌頭に立つに及んで、胸中何等の不安あるなし。初めて知る大なる悲観は大なる楽観に一致するを。

精神が衝動の手綱を握れないことに敗北感を感じたり、持て余しちゃいそうな自分を「可愛いやつだわー」「大切にしてやりたい!」と思えないのがインテリ青年なのかなぁ。
[PR]
by mmkoron | 2006-02-03 00:14 | 書籍


よみがえる平安京

企画:京都市 編集:村井康彦/淡交社/2500円/1995年発行

■平安遷都1200年記念事業として、京都市が平安時代の京都の復元模型を作ったそうで、その復元模型に解説を加えた本です。なぜ私がこの本を買ったかと申しますと、今度の春に京都旅行に行くので、

折角だから、重衡のお屋敷があった地点に立ちに行こう。

とオタク極まったことを考えたのがきっかけです。この本には、平安前期・中期・後記の京都マップが載ってて、誰のお家がどの区画にあったかが書かれてるんですよ。
■肝心の重衡屋敷があったらしいというポイントは、非常にわかり易い位置にあったので、この本を持ち歩いてうろうろする必要はなさげです。
しかし、その機能以上に、模型の写真が面白い!
私は女のコにありがちな「ミニチュア好き」でして、もうシルバニアファミリーの家具とか、見ているだけで幸せな気持ちになった人間です。家そのものよりも、電気スタンドとか、トイレとか、調理器具とかそういう、日常的な小物のミニチュアに心ときめきます。でも子どもの頃、シルバニアファミリーじゃなくてファミコン(初代)買って貰っちゃったんだけど!
■……それはおいといて、そういう私ですので、京都のミニチュアの、貴族の屋敷の池の形や建物の配置がそれぞれ違っているところに、シルバニアファミリーの調理器具を見たときのような「らしさ」を感じてめっちゃ心惹かれます。いいなー。
しかも、この俯瞰的な視点って、まさに神の視点じゃないですか。うわぁ気分いいわぁー。
■不勉強な私には「平安京に関する常識的知識」がありません。
なので、「朱雀大路はデカすぎて却って人通りがなく、みんなそこを通ってなかった。馬とか牛を放し飼いする不届きモノもいた。」とか右京にはちょっとした田んぼ?畑?があったりするとか、そういうコトにいちいち感動しました。

「大内裏が東西1200M、南北1400M。そうすると、私が駅から会社まで歩くくらいの時間がかかるのかな?」

とか

「このへんが高級住宅街で成城だの自由が丘の扱いで、こっちは●●区とか××区とかの扱いだったんだろうなー」

とか

「市に行くってのは、アメ横に正月用食品買いに行くようなもんか? 迷ったときはどのあたりで待ち合わせするのが定番だったのかしら??」

とか、自分の日常感覚にひきつけるのに、この模型と解説は役立ちました。あと、私はちょっと前にギリシャに旅行したことがあるのですが、そのときに見た街の様子と引き比べて考えてみたり。……考えるほど面白いぞ、平安京!
■と、この本(というか模型)大絶賛の私ですが、もし私だったら、絶対この模型に人形置いたのになーとそこは不満。それこそ朱雀大路に牛置いたりとかさ、宴の松原で人をわいわいたくさん置いたり、畑に耕作してる人置いたり。
この模型に、どこか冷たさというか、空虚さゆえの圧迫感というか、そういうものを感じてしまうのは、きっとそこで生きてる人たちの姿がないからなんだろうなー。
[PR]
by mmkoron | 2006-02-02 23:07 | 書籍

    

源平関連の本・ドラマなどの感想文あれこれ
by mmkoron
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のトラックバック
スキヤキ・ウエスタン ジ..
from 徒然独白 - 手鞠のつぶやき
小栗旬 カリギュラ 関連..
from 小栗旬 画像・動画 最新情報..
小澤 征悦『西郷隆盛』役
from 篤姫(あつひめ)大河ドラマ
リンクなど。
きよもりよりもよき
まみころの平家物語サイト。
あらすじ紹介漫画とか人物紹介など。



まみころのブクログ
源平関連以外の読書日記はここに。読む本にあまり偏りはないと思ってたけど、こうして見るとすごく偏ってる。
以前の記事
その他のジャンル