源平観戦日記


<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧



義経モノ漫画アンソロジー 2種類

◆「義経伝 桜吹雪に散りゆく恋」
学研/600円/2005年1月発行
執筆:岡野史佳 都筑せつり 篠原烏童 たむら純子 冬森雪湖 香椎オルカ 霧島珠樹 CHI-RAN わたなべあじあ (カラー口絵)岩崎陽子 (表紙)唯月一

◆「紅蓮の義経記」
幻冬舎/1029円/2005年9月発行(一部webコミックGENZOにて購入可能)
執筆メ:斎藤岬 碧也ぴんく 真崎春望 猪川朱美 梶原にき 松山花子 世哉雅英 乾みく (表紙)田村由美


■並べて紹介したほうが違いがわかりやすいので、変則的な紹介の仕方にしました。
■「桜吹雪」のほうが、タイトル通り義経(たまに弁慶)の恋愛主体。
静との話が多いのですが、異形の者との恋愛っていうお話もいくつかありました。語る視点は静だったり、第三者的視点だったり。べったり義経視点のお話はなかったかな。
郷御前(平泉で一緒に死んだという奥さん)がいなかったのはちょっと残念。
せっかく義経の恋バナ(^^)でそろえるなら、彼女のお話を描く人も呼んで来てほしかったなー。
あとは意外な、某さんとの恋愛モノとか。逆では読んだことあるけど、こっちは初めてだわー!と新鮮で面白かったです。話の強さも絵柄も他の作品に比べて良い意味で異質なので、この漫画が1冊全体を引き締めてると思いました。
■「紅蓮」のほうは義経がらみのいろいろな関係を漫画にした形です。恋愛色は薄め。
おそらく後者は、企画時に題材がかぶらないように依頼したんじゃないかな?
「鞍馬時代の師匠」「静」「弁慶」「義経主従モノ」「頼朝」と、扱うネタが微妙にズラされてます。
漫画としてパリっとしたカンジが好きなら、または少女漫画を読みなれてない男性でしたら、こちらの方が読みやすいかも。絵柄もこちらのほうがシャープな感じですし(前者はふわっとした絵柄が多い)、コマ割も、少女漫画文法の使用率が低いです。

■「義経」で検索したら出てきたのでウキウキ購入したのですが、最初読んだ印象は

短い!

「アンソロジーはそこがいいんだよ」と言われたらそれまでなんですけど、作者の「これが言いたいんだ」の手前で終わっている場合もあるように感じて、ああ続きが読みたいなーって。
こういう本の場合、「義経であること」をメインに作品があるべきなのか、それとも義経を材料に、何かコンパクトに作品をまとめる「テーマ」を持ち出す方がベターなのか、どういう作品を入れ込むと読者にとって一番魅力的なんだろう?
と、まるでアンソロ企画担当者のような気分で考え込みました。うーん。
自分が平家で読むならどんな構成になってる本がいいだろう?

■あと、歴史モノで漫画のアンソロジーって難しいんだなと改めて思いました。
何が難しいって、

作品ごとに義経の顔が違う。


当たり前なんですけど、これって意外と読む側には引っかかりませんか?
私は自分が漫画のマネゴトをしてるくせに、そこで引っかかってましたよ…とほほ。
■自分の不器用ゆえにちょこっと意見も書きましたが、プロの漫画家さんのカッコ良い・可愛い・きれいな義経がたくさん読める2冊です。既に義経が好きで、義経像をいっぱい膨らませたい!というアナタは、お好みのほう、もしくは両方どうぞ♪
[PR]
by mmkoron | 2006-07-10 01:47 | コミック


平家落人伝説 まぼろしの旗

竹宮恵子 著/中公文庫/560円/1999年(文庫版は2004年)

一の谷、屋島での大敗の末に追い詰められた平家一門は、平家繁栄の象徴たる安徳帝を落ち延びさせることにとなった。
帝に付き従い、その身をお守りする役を賜った平家一の猛将・教経は、国盛の名に戻り、四国山中の山里で平家再興を期すこととなった…
と、いう話です。

教経が一の谷で戦死したのか壇ノ浦まで生きてたのかよくわかんなくなっていることや、各地に残る平家落人村の伝説を巧くミックスしてます。

竹宮先生というと、私にとってはやはり『風と木の詩』。
「何をしてるね小悪魔くん」とか「憎しみで人が殺せたら!」とか「乾杯だよ、母さん…」とか名セリフたちを、未だに友人たちとの会話中で活用させてもらってます。
私の最愛キャラは裏番なジュール君だったので、この漫画の教盛がジュール系だったら最高!だったのですが、残念ながらもっと骨太なカンジです。
キャラクター達の容姿は、同作者の『吾妻鏡』にかなり近いようです。『吾妻鏡』には維盛もちらっと出てたけど、それも普通の容姿だった記憶が。ロスマリネみたいなの希望だったのですが。残念!

物語は大事件が起こって血沸き肉躍る…という展開ではなく、地味に確実に月日が進んでいきます。
一族と最期を共に出来なかった自分を恥じ、
山奥で心穏やかになりそうな自分を恥じ、
平家再興の志を忘れまい、いつか帝を奉じて都へ攻め上らんと自分を奮起させる教経。
そんな彼ですが、最大の支柱を失ったときに、自分が何を守り、何を残す役目を運命から賜ったのか、自覚しはじめるのです。
そのとき教経に運命から与えられる、ご褒美…。
この過程を、じっくり描いていっています。
恋愛要素はかなり低いです、教経ってば硬派!

結構トンデモ展開なのかもしれないのですが、
なにしろわたくし、このとき一緒に買ったのが超三国志(笑)『覇』5巻だったので、そっちのトンデモっぷりと比べたら、もう全然こっちのほうが手堅くマトモです。
すごいよもう止まらない状態ですよ…超展開すぎていっそ快感ですよ……

趙雲、育休! (゜д゜ 
[PR]
by mmkoron | 2006-07-01 20:45 | コミック

    

源平関連の本・ドラマなどの感想文あれこれ
by mmkoron
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のトラックバック
スキヤキ・ウエスタン ジ..
from 徒然独白 - 手鞠のつぶやき
小栗旬 カリギュラ 関連..
from 小栗旬 画像・動画 最新情報..
小澤 征悦『西郷隆盛』役
from 篤姫(あつひめ)大河ドラマ
リンクなど。
きよもりよりもよき
まみころの平家物語サイト。
あらすじ紹介漫画とか人物紹介など。



まみころのブクログ
源平関連以外の読書日記はここに。読む本にあまり偏りはないと思ってたけど、こうして見るとすごく偏ってる。
以前の記事
その他のジャンル