源平観戦日記


<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧



義経紀

バンプレスト / 7140円 /2002年12月発売 / PlayStation2

■発売されたのが2005年の12月。そのあとずーっと今まで放置してました…。
今更ですが、感想です。
「『デスノート』でお馴染みの小畑健先生がキャラクターデザイン」ということで発売前には話題になっていたそうです。
そして発売後には特に話題にものぼらず、現在公式サイトも閉鎖されていることから内容は推してはかるべし
■ジャンルとしてはダンジョン形式のアクションRPG…で、いいのかな。
鞍馬山から壇ノ浦まで10弱のステージがあり、そこで提示されるミッション(「戦闘でボスに勝つ」が多い)を達成することで、次のステージに進めます。
ステージのメインのミッションのほか、吉次が持ち込む相談事など小さなミッションもあるので、そこでレベルを貯める形です。
■主人公はタイトル(よしつねき、と読む)どおり、義経。
鞍馬山を出て、壇ノ浦で平家を倒すまでの物語です。
壇ノ浦で平家を率いるあの人を倒せばエンディングですが、その後日談として「三種の神器を集める」「平家の残党を討つ」といった小ミッションもあります。
アイテム全部集めたいとかレベルを最強にしたいというやり込み派のための仕掛けのようですね。

■まずはキャラクターとグラフィックについて。
小畑絵は美麗ですが、CGが原画のテイストと技術についていけてないといった状態です。
義経が戦う相手は、生身の人間よりも「怨霊や怨霊に魂を乗っ取られてしまった人」「怨霊そのもの」のほうが多いためか、元のキャラ設定はちょっとおどろおどろしいカンジです。小畑絵って元々体温低そうな絵柄ですから、本来はピッタリなはずなんですよね。
だけど、CG技術がそれを再現できてなくて、ゲームで見るCGキャラはつるんとしてるのです。小畑絵にコストの殆どを投資した結果、グラフィックにかける予算がなくなったんじゃないかと勘繰りたくなります。もったいない。
ちなみに、「ギャラリー」で原画を閲覧できるようになってます。

めっちゃラフ。ホントにラフ。おどろくほどラフ。

そりゃモチロン巧いのですが、これを得々として掲載する製作サイドはいかがなものか。
■いけないいけない、辛口コメントが続いてしまいました。キャラの話に戻ります。

義経…キレイ系お兄さん。声が女性。
    特に男性っぽく声色を変えることもしてないので、
    静との会話がなんだか「おにいさまへ…」の世界。
静…王道の「義経とは幼少時に一度出会っていた」設定。そのときに義経に救われてる。
   義経とは恩義以上恋人未満ってカンジ。前述のとおり、二人の会話は百合チック。
弁慶…怨霊に操られて五条の橋で刀狩り。「99本。あと1本…」って言ってた。
     百本が目標らしい。まぁ確かに千本だと1日1本で3年かかるし、妥当か。
    気のいいおっちゃんって感じ。
伊勢三郎…夏の湘南とかにたくさんいそうな顔。女房が…って言ってるから所帯持ち。
       このゲームでは最初に義経の家来になる。
与一…ゲームでは奥州所属。佐藤兄弟ポジションも兼ねてる。
    飄々と軽いおにいちゃん。ゲーセンとか好きそう。
頼朝…ほとんど出番がない。特徴のない顔だった。義経と涙の対面をしながら、
    感慨深い声色で、「これからは兄上と呼ぶな。お前は家来だから。」と言い出す。
    そのちぐはぐ感がコワかった。
義仲&巴…義仲はよくある「敵役義仲」のイメージだと思い。アロハに金ネックレス的な。
       巴は和風なスっとした美女なのですが、コワい。
       「ここで義仲か義仲の部下の兵士が暴力を働くのかなー」と思った場面で
       巴が真っ先に手を出してた。女子プロ悪役な性格。
清盛…ちっちゃい。しかし可愛くはない。
教経…壇ノ浦で登場なので、強い。「耳無し芳一」を意識したのか、顔の半分にお経。
重衡…一の谷のボス。色黒なナイスミドル黒マント紳士。なぜだー。
維盛…自殺したはずなのに屋島に出没。
    弁慶が「拙者や木曾殿のような人間が怨霊に憑かれると恐ろしいが、
    弱虫維盛なら全然へっちゃら!(意訳)」とか言い出す。失礼なヤツだな!
    原画は公開されてないけど、多分小畑デザインではないんだけど、雰囲気は
    「ヒカルの碁」の人を幽霊っぽくした感じ。声が上品で良かった。
景清…源平討魔伝のオマージュなのか、般若っぽいお面をつけてる。屋島に登場。

登場キャラの有名ドコロはこのあたりでしょうか。
■戦闘の特徴は
 ・集めた仏神の加護によって自分の能力に追加効果をつけることができる
 ・ゲージをためることで、「借神攻撃」というキャラ特有の大技が出せる
 ・勝手に動く味方キャラに声をかけたり、相手の動きに合わせることで、協力技を使う
あたりですね。3つ目は巧くキマると嬉しいです。仲間がぶん投げた敵を、義経が追いかけて斬る、とか。
■まみころとしてはあまりオススメはしませんが、「戦闘マップ(ダンジョンみたいなマップの中を駆け回ってラスボスを目指す)の途中ではセーブができない」という作りゆえか、ラスボスはさほど無闇な強さではないので、ゲーム初心者でもクリアしやすいとは思います。
(でもまみころは15時間くらいかけてしまいました…。)
■そうだそうだ、私はこのゲームの音楽が結構好きでした。
合唱を結構使ってるんですよね。GENJIは雅楽風、義経英雄伝はオーケストラっぽい普通のゲーム音楽でしたが、このゲームは、鼓とか謡とかをイメージしてるようです。
そうそう。人の声を結構BGMに使ってるから、ちょっと生々しくおどろおどろしい雰囲気は出してるんですよ。あとはCGがもうちょっとどうにかなれば、ちゃんとイメージ統一できてたのになぁ。惜しい!
[PR]
by mmkoron | 2007-07-27 23:38 | ゲーム


GENJI

ゲームパブリック & ソニー・コンピュータエンタテインメント/2800円/ PlayStation2

■昨年既にPS3で続編「GENJI -神威奏乱-」が発売されていますが、私は先日ようやく初代のほうをクリアしました。誕生日プレゼントにもらっていたのに、そのままにしていたのです。
■近々我が家にプレステ3さまをお迎えしようと思い立ち(このソフトのため)、学生時代からそのまま使ってる今の14インチTVさんに別れを告げて37インチをお迎えすることにしました。で、14インチを片付けようとTVの前に座り込んでたらふと「そういえばこのソフトやってないなぁ」と思い出し、包みを開けてプレイしはじめ…

アクションゲーム音痴の私も、8時間でクリアできました。


■というわけで、グラフィックの見た目が美麗すぎて難易度も高く感じるかもしれませんが、そんなこともないと思います。(ちなみに私がクリアしたのは標準モード)


■ストーリーはわりと単純です。

平安末期に源平の闘争を征した清盛は、「天鋼(アマハガネ)」という、人知を超えた戦闘力を人に与える勾玉を手にしていました。
天鋼はこの世にいくつもあり、それを結合させることでさらに強大な天鋼を練成することができます。この練成能力を持った一族は、清盛の専横を憂い、彼に自分達の力を利用されまいと姿を隠しました。
その一方で、清盛たちと同じく天鋼を発動させることができる源氏の御曹司・義経に目をつけ、清盛を倒すべく協力してほしいと頼みます。自分が下級貴族の息子だと思っていた義経は当初戸惑いますが、平家の横暴に苦しむ庶民たちの姿を見て、平家を打ち倒す決意を固めるのでした。


こんな感じ。ちなみに、この練成術を持つ一族の長老が「鬼一法眼」。なんと静御前は、この一族直系の巫女という設定。なので、「義経が静を『静様』と呼ぶ」というシチュエーションなのです。あらびっくり。
■カタキ役が平家なわけですが、「GENJI -神威奏乱-」のほうとは異なり、こっちは平家として出てくるのは清盛・平景清・平盛俊の3人だけ。重盛も宗盛も知盛も出てきません。
清盛は大親分な風格。クールにカッコよい黒髪長髪剣士が景清。ワイルド担当(笑)が盛俊です。主人公の最大のライバルが景清。
「義経英雄伝修羅」のときも思いましたが、景清がここまで活躍するのって、やっぱり「源平討魔伝」の影響もあるんですかね~。(そのゲームの主役は景清。)
景清とは3回ほど戦闘することになるのですが、1回目とか主人公のレベルがまだたいしたことない状態なので、めちゃ強く感じました。私、最初なんてあまりに景清が強いので、

「これはどうやっても負けるというイベントなんだろう」と思って勝負投げたら、
そのままゲームオーバーになっちゃって、「勝てというのかコイツに!!」と驚愕


なんとか逃げ回りながら突いて勝てましたけど、もう泣きそうでした。苦手なんだよ…

■システムの特徴は「神威」という技を使うところです。
ボタンを押すタイミングで、相手の攻撃をカウンターできるというもの。
相手が振りかぶったり突きかかってきたその瞬間にボタンを押し、反撃します。
タイミング間違えるとそのまま食らっちゃうのでイタいですが、連続で決まったときは非常に爽快。
プレイヤーキャラとしては義経と弁慶が使えるのですが、義経に比べて弁慶は動きが重いので、カウンターのタイミングがちょっと測り辛い印象でした。
でもリーチ長いし力があるので、当たると敵を瞬殺できます(^^;

■平家のメンバーはほとんどいないし、頼朝も状況説明シーンにしか出てこないし、殆どお話は京都で完結してて、ちょっと平泉に行くくらいなので、「源平合戦題材のゲーム」をやりたいという方は、このゲームよりも「義経英雄伝説修羅」か「GENJI -神威奏乱-」のほうが良いと思います。
GENJIはファンタジー要素強いので、「義経英雄伝修羅」のほうが歴史モノっぽいかな。
どうせなら、人物同士のドラマがもっとあると面白かったんですけどね。静と義経も別に恋愛するわけでもないし、義経と弁慶も「義経殿」とか呼んでてなんだか距離あるし(…御曹司とか義経様とか呼んでたほうがベッタリ感あると思うのは私だけでしょうか)。
お話がかなりあっさりなので、クリアするのは過酷ではないけど、ちょっと薄味になっちゃった…ってところですかね。
■ただ、グラフィック、とくに背景はこういった歴史題材アクションゲームの中ではダントツにキレイ。金色堂とか、最終ステージとか、「そうきたか!」って思うデザインです。
鑑賞の価値はあるかも。
[PR]
by mmkoron | 2007-07-18 01:22 | ゲーム

    

源平関連の本・ドラマなどの感想文あれこれ
by mmkoron
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のトラックバック
スキヤキ・ウエスタン ジ..
from 徒然独白 - 手鞠のつぶやき
小栗旬 カリギュラ 関連..
from 小栗旬 画像・動画 最新情報..
小澤 征悦『西郷隆盛』役
from 篤姫(あつひめ)大河ドラマ
リンクなど。
きよもりよりもよき
まみころの平家物語サイト。
あらすじ紹介漫画とか人物紹介など。



まみころのブクログ
源平関連以外の読書日記はここに。読む本にあまり偏りはないと思ってたけど、こうして見るとすごく偏ってる。
以前の記事
その他のジャンル