源平観戦日記


<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧



第4話「殿上の闇討ち」

■先日、自宅に地域の広報誌みたいなのが届きまして。そこでの特集が「清盛にちなんだ名所」だったんですね。私が住んでるのは岡山なので、水島とか藤戸とかが紹介されてたんですけど、成親墓がスルーだった。えーーー!! 岡山で平家・清盛関連っていえばやっぱ成親墓だよ。
吉備津神社の隣という素晴らしい観光地配置なのに…。
■もうちょっとあたたかくなったら呉に行ったり、おかんと厳島神社に行ったりするつもり。私、今年のために異動になったに違いない、と勝手に運命を感じてます。(気のせい)

さて。大河感想です。

■いいですねーいいですねー。
今回、「殿上の闇討ち」ってタイトル見て、「あの事件だけで45分もつの?」って思いましたが、前回のアンサーに当たる回ですね。大河ドラマに数回ある、「話としては地味だけど、ストーリー上は必須のおはなし」でした。今回は、
・なぜ前回、忠盛パパは清盛を「平家に必要だ」と言い切ったのか。
・源氏の父子と、平家の父子の対比
・忠正の、平家一門への思い

といった、今後の根っこにもなりそうなお話が一気に描かれました。


■最初は、清盛の職場・北面の武士たちの流鏑馬シーンから。
佐藤義清が華麗にキメたのに大して、清盛は失敗続き。
このドラマの清盛は「腕がたつ」って設定というわけではないようですね。私も清盛にはあまり武芸達者な印象なかったので、そこはイメージどおり。
■で、かっちょよく(清盛はあまりカッコよくなかったが)騎馬姿を披露した北面の武士たちでしたが、次に「待賢門院様のおともだぞー」と何をするかと思ったら、一心不乱にみんなでお化粧。
清盛が「なんじゃ~ぁ!?」と叫ぶのが可愛かった。今回、清盛の表情がコミカルで面白いね。
男の職場だと思っていた北面が、お洒落にご執心なのが、清盛は気に入らないようです。
男塾だと思って入学したらラコンブラード学院だったような気分でしょうか。体育系の清盛さん、お気の毒です。
■で、待賢門院さまは、女房たちと歌のお披露目会。
女房たちに感想を、と言われて清盛はうかつにもシモネタ投入。女子会に声かけられてシモネタはいかんだろ清盛。しかし、この清盛以上に笑えたのは、彼の次に感想を求められた義清。

「イケメンがしゃべりまーす!」的なBGM流れた~!!!

なんだか「アンジェリーク」の「滝でお祈りしてたら守護聖が出てきて恋愛イベント始まった」みたいな、うさんくさい演出始まった~!!!

今回、なんか演出が全体的に独特。わざとベタにやってるのか、天然なのか…。
あと、このシーンでは堀河局の表情が面白かったです。女房仲間にさすがですねーって褒められて、控えめにしつつ「もっと言って!」的に笑いがこぼれちゃうのとか、義清に見事に赤ペン添削されて「ぐぬぬ」って表情になるとことか。この人は、たまこさんと違って、表情が人間的でほっとする。眉ないけど。

■さて、義清が提案した、堀河局の和歌をより艶めかしくした改訂案を気に入ったたまこ様。
たまこ様にも和歌に込められた心情を理解する力はあるのねーと思いきや、「あやまちを私に一言わびてくれぬか」という鳥羽院の搾り出すような頼みを聞いて、あっさり「私がわるうございました」。
院はあまりに葛藤なくするっと言われちゃったことに唖然。
堀河局も飛び込んできて、「自分の罪を認めるようなことをなぜ言うのですか!」となじる。
でも、たまこ様は「私がここにいるのは、妃の務めではないのか?」。
たまこ様は何が悪いのかわからない。でも、お仕えしている鳥羽院が謝りなさいと言うから、言われたように謝るのがおつとめだと思ってる。むしろ、なぜ命令に従っているのに怒られるのかよくわからない。あちゃー。
■今週の鳥羽院パートも面白いですねー。
ここの鳥羽院はすごくピュアなんだけど、でも一方で摂関家の台頭に牽制をかける、権力者の一面もある。藤原忠実への引きつった笑みが、「この人、いっぱいいっぱいで、糸が切れるギリギリの精神状態なのかもな」と感じさせられます。
忠盛が寄進した仏像群にひれ伏して感動する気持ちがわかる。鳥羽院の、「もうやだ。絶対的に美しいものに包まれて安らぎたい。」って気持ちを巧く掬い上げる忠盛は、ほんと老獪ですね。

■で、鳥羽院をカンゲキさせたご褒美で、昇進です。昇殿がゆるされる身になりました。
…と書くと、なんかワイロで昇進したみたいですが、「こんなありがたい御堂を作ってまで、天下のことを思ってくれてありがとう。→昇進」ですね。建前上は。
伊勢平氏念願の「殿上人」になった忠盛パパ…だけど、清盛は素直に喜べない。
でも、さぁさぁと促されて、必要以上にさわやかにお祝いのコメントを述べる清盛。ちょっと大人になりました。ひととおり述べたあとに「ね、ちゃんと言えたでしょ?」みたいな顔するのがお茶目です。
で、それを押しのけて、忠盛の弟・忠正が飛び出してきて嬉しさに号泣。忠正はこの先清盛の敵になるわけだけど、ここで忠正は私利私欲じゃなく、平家一門の栄えを心から願っているけなげなヤツだってことが描かれます。うんうん、今回はほんと、この後の展開に必要なベースを丁寧にひとつひとつ置いていってる感じですね
で、殿上人になったお祝いパーティーが始まるんですけど、これが全然セレブパーティーじゃなくて、おっさんの裸踊り宴会なのがほほえましい。
■一方、負け犬状態の源氏さん家では、為義パパは自棄酒を飲み、息子の義朝はそんなダメ親を見かねて「父上がダメだから俺の進路までダメになってるじゃんか!」と責める。それなりのお屋敷の風景なのに、もうこの情景が星飛雄馬の長屋にしか見えない。こないだやってたNHKドラマ「とんび」の失敗バージョンっつーか。うわーつらすぎるー。

■また舞台は平家のほうに戻る。
藤原家成さんが、有名どころ貴族を招いて、忠盛パパの社交デビュー会を開催してくれたようです。
家成さんは、忠盛パパの顔を方々とつないであげようと配慮してくれたようですが、ここでこのパーティーが、昔のアイドル漫画や大映ドラマも真っ青のベタなイジメ会に…。
■ここで脱線ですが、まめ知識。清盛の隣に座ってた義清が、この宴に同席してる理由を「私は、(この宴に招かれた)徳大寺実能様にお仕えしているので」と言ってましたが。実能サマというのは、待賢門院のお兄さん。この人の孫が、近衛・二条両帝の后になった藤原多子と、平家物語巻二「徳大寺之沙汰」に出てきた藤原実定さんです。
■イジメパーティーの話に戻ります。このいじめかたがベッタベタ。
 ・無茶振りで舞を舞わせる。
 ・わざとリズムを乱して、踊りづらくする。
 ・みんなで水をぶっかける
すごいです。「ステージ衣装に墨汁ぶっかける」「水着着ようとしたらふんどしにすりかえられてた」並のベタベタっぷりです。
「うっそでー。こんなベタなイジメとかしないよ。」と思いたいところですが、宇治拾遺物語の「あおつね」君の話とか見てると、わりと中学生レベルなので、こういうのもやるかもしれませんな。

==================================
■あおつね君の話をかいつまんで解説(かなり意訳)■
親王の息子かなんだかに顔色の悪い公達がいて、同僚みんなで彼を「青常」と呼んでた(ひでー)。
帝がそれを聞いて、そんないじめやめなさいと言ったので、「じゃあ、今度アオツネ君って呼んじゃった人がいたらペナルティね!」ということになった(こいつら帝の意図をわかってねー)。
そしたら、うっかり早速一人「そういや、あのアオツネ君はどした?」とか言っちゃったヤツがいて、「はい、ペナルティ! お前のおごりねー!」って話になった。そいつの主催でアオツネ君ごめんね会をすることになったのだけど、そのパーティーときたら、給仕がみんなで青色の服着てるし、ごちそうは青色系でそろえてるしで、もう青・青・青! だった。もう呼ばれたみんながバカウケ。
帝もその様子を知ったんだけど、「ほんとこいつらときたら(苦笑)!」ってな反応で、結局アオツネ君ややっぱりアオツネ君呼ばわりのままだった。
==================================

これ、洒落てるといえば洒落てるけど、「うんこ踏み男」ってあだ名つけられた子がいて、先生に「そんなひどいあだ名はやめなさい、謝りなさいね」ってたしなめられた男子がみんなで「●●君のこと、うんこ踏み男(大声)とか言ってすみませんでしたー!!」「●●君がうんこ踏んだ(大声)って笑ってすみませんでしたー!!」って謝ってるようなレベルとも言えるよな。

■まぁそんなベッタベタ攻撃を受けつつも、忠盛は表情を崩すことなく大人の対応を通したのでした。
家成さんの「もうそのくらいでいいでしょう!」って制止がかっちょよかったっすね。
まぁでも、このイジメは摂関家の忠実&忠通さん直々のプロデュースだから、それ以上強く咎めることもできないんだよな。家成さんちは鳥羽院のご寵愛で引き立ててもらってる新興系のおうちですしね。
■忠盛の大人の対応でするっとかわされてしまった形の忠実さんですが、しかしムカムカは収まりません。
で、忠盛に10周分くらい差をつけられてしょげてる為義を呼び出して、「殺っちゃえよ」と発破をかけます。俳優さんのコワモテも手伝って、なんつーかもう貴族ってよりもマフィアです。首領と書いてドンと読む感じです。
そんな個人的な妬みで鳥羽院に引き立てられた忠盛殺したら、為義は間違いなく罪人ですがな。
武士は手駒にしか思ってない忠実、結局その手駒に甘んじるしかない為義。
■そんな危機など知る由もない忠盛はドキドキ殿上初出勤。門をくぐるときの、見送る家貞の表情がよかったなぁ。ほんとに「見守る」って感じのあたたかい表情だった。
で、忠盛は、

なぜか巨大迷路状態になってる庭を歩く。

■この庭は布で通路が作られてますが、20年位前、でかい板で仕切られた迷路って郊外にありましたよね。私、家族で2回くらい行ったわー。で、2回くらい、その迷路で家族から置いてけぼりになって泣く夢も見たわ(哀れ)。
この迷路の途中で忠盛が「おかしい…先ほどから何度も同じ場所を通っている気がする…」とか言い出すのかと思いましたが、そんなことはなく、背後から刺客となった為義さんが登場しました。
これ、忠盛は振り返る前は相手が帯刀してる気配だけ読みとったんですよね。で、振り返って、為義だとわかったんですね。振り返らないままいきなり「む、為義どのか」だったら、なんか超能力者みたいで興醒めですから、このくらいの「デキる男」感がかっちょいいっすね。
■で、微妙にかっちょ悪いのは、刺客となった為義。でもここで、切ない心のうちをぽろっと語ります。もちろん為義だって、こんなことしたら自分は重罰に処せられることはわかってます。それでも、「わしが義朝にしてやれるのはこれだけだ」。出世のきっかけを持てない愛息子・義朝のために、自分がライバルと刺し違えることで突破口になるしかないと、そう思いつめてるんですね。
義朝になじられ、忠実に怒鳴られ、「自分が何かしなきゃ…!!!」と追い込まれてしまったのでしょう。小者っちゃ小者なんだけど、でも立場に比して弱いのは、必ずしもその人のせいじゃないよね。せつない…。
それを聞いて、はっとする義朝。ダメ親父はダメなりに、一生懸命に息子の幸せを考えてくれてたのです。
■父親の真意を知ってはっとするのは、清盛も同じ。「王家の犬で終わるつもりはない」という忠盛の言葉を、まばたきもせずに見つめる表情が良かった。「あこがれ」でも「おどろき」でも「呆然」でも「感動」でもない、全部合わさったような表情。

■で、宴が終わって。
まずは、為義&義朝父子の会話。
ダメ親父でもいい、親父がダメな分俺がやりかえしてやる。これがこの父子の成長の形です。
忠盛&清盛父子は、それとは逆の、父が子を導くかたち…に見えて、それだけではなかった。
「いつから、王家の犬で終わりたくないと思っていたのか」と尋ねる清盛に、パパは答えます。赤子だった清盛を抱いて、「平太」と名づけたときからだと。
あのときの思いと清盛の存在が、忠盛を導き、王家の犬で終わらないという信念の原動力になっている。だからこそ忠盛は前回のお話で、清盛のことを「平家になくてはならぬ」と断言していたのですね。
自分の意味、父親の思い、そのすべてではないだろうけど、両方を垣間見ることができた清盛。今回は、幸せな終わり方だったなー。

■ここまでの中に書きそびれちゃいましたが、義朝と清盛が殴りあったりぼやきあったりしてる川原のシーン。
あのシーン好きです。青春って感じで!
「父親を交換するか?」って義朝の提案は、漫画描く身として「いいねそのネタ!」と膝を叩いちゃいましたよ(笑)。為義パパと清盛のコンビは面白そうですね。為義パパは「出世の糸口を見つけるときにかぎって、身内家族がそれを台無しにする」ってイメージあるんですけど(本人も問題行動あったのかもしれないけど、本人がやらかすってよりも、管理できてないってイメージだなぁ。)、この大河の清盛は、しっかり台無しにしてくれそうだ(笑)。
■私は平家物語の「父と子」描写がすごく好きなので、今回のお話はかなり好きですわ。為義、いいですね。為義がほんとにそうだったかは知らんけど、今よりもっと、自分の立場と自分の特性や持ち味とがアンマッチで苦しかった人は多かっただろうなと思う。
現代は現代で、自由が大きい分うまくいかないのも全部自分の責任だから、苦しいんでしょうけどね。
[PR]
by mmkoron | 2012-01-31 01:44 | 大河ドラマ「平清盛」


第3話「源平の御曹司」

■いやー、今回はあれですね、めっちゃ中学生日記とか明日へジャンプとかそんな感じでしたね。
最近はダメ主人公の成長モノよりも、ダメ主人公がダメなまま愛されたり、最初からスペックの高い主人公だったりするマンガやドラマが多い気がしますが、やっぱ私はこういう王道がすきだわぁ。
今回の見所は、以下のとおり。

1)清盛君の成長
西海の用心棒的なことをして、「野良犬として自分」の自負心を満たしてた清盛ですが、自分の未熟さを思い知ります。中学生日記とかで

街で暴れる不良をやっつける!っていって、ケンカ騒ぎを起こして、補導。
パパと親戚一同が迎えに来て、もみ消してくれる。
自分は正しいことをしてるのに!と噛み付くが、お前が暴れるから不良も暴れとるんじゃと言われて、しゅん。
さらに、親戚一同が自分のせいで口論をはじめ、継母が泣き出して、しょんぼり。
結局大人の力を借りないとまだ一人では何も出来ない子どもだと思い知らされるのであった。


みたいな話ってありそう(笑)。まさにそんな感じ。
乳父は責任感じて男泣きして死のうとするし、継母は「私の子どもなんです!だから責めないで!!」って号泣するし、弟は「ママのためにもお兄ちゃん家で一緒に暮らそう」って半泣きだし、清盛たいへん。
周りがテンション高すぎて、何も言えなくなっちゃうところとか、リアルでした。中学生くらいの男の子って、あんな感じですよね。
言いたいこと言わせようとおもったら、1対1で根気づよく引き出さないといかん年頃ですよね。あのハイテンション&参加者多数な家族会議では、まぁ何も言えんわ(笑)。
■盛康が、「申し訳ございませんー!!」って土下座するたびに叫びが悲痛になってくとこが、かわいそうなんだけど笑っちゃった。この乳父さんも大変っすね。もし病死したら、死因は明らかにストレスだと思うわ。
■義朝との競べ馬のあと、ボロボロと言葉が出てきたところは、よかったねぇーと思いました。鱸丸たちに対しては自分が従えてるっていう自負があるから、弱音は吐けない。ようやく対等な友達(ある意味)ができたんでしょうね。
ゆくゆくは命のやり取りをすることになってしまうわけですが。そう考えると、顔見知りと殺しあわなきゃいけないって、今の時代の「戦争」とはまったく違う厳しさがありますね。保元の乱・平治の乱の悲惨さって、戦国時代とかとも違う気がする。

2)義朝との出会い
■最初、義朝が一方的につっかかってきて、清盛が微妙にキモがってるのが面白かった(笑)。
義朝はクールでドライな雰囲気なんだけど、でも、清盛の舞を見て一方的にライバル認定して、一方的に「あいつに勝つために」と努力を重ね、でもって一方的に幻滅してるわけですから、この人も十分面白いヤツですね。最後の、「振り返らなかった」のシーン、いいわぁ。
お父ちゃんがすぐ顔に出しちゃう人な分、こっちは表面的にはクールに振舞うタイプになってるのかな。
■西行こと義清も初登場でしたね。でも、何か説明あったっけ? 特に名前とか立場とかちゃんと出てきてなかったような。いまのところ、義朝と義清の区別って、クールっぽくて内面を出さない人なのは同じで、風流なほうが義清…って違いくらいしかつかないんだけど、この先どうなるのかな。わくわく。
■西海の海賊退治に自分の居場所、自分を必要としてくれる場所を見つけたつもりが、実は邪魔な存在だったことを突きつけられて、打ちひしがれる清盛。お父さんに、「清盛は一門に必要不可欠」と言われても意味を見出せない。でも、義朝のライバルになることで、ようやく自分の等身大の立ち位置を見つけられたわけですね。この年頃って、親兄弟じゃなくて、対等な友達でしか救えない部分って確かにありますよね。自分の昔のこととか思い出して、胸が熱くなったよー。いや、私は荒れてはいませんでしたが(笑)。

3)たまこ様がむしろもののけ
たまこ様絶好調です。すべての攻撃が一切通じないモンスターです。天然が最強ってほんとなんだな。
鳥羽院は激昂してましたが、私だったらむしろ気味悪くてドン引きしちゃうかも…。
毎回堀河さんが「あいたー」って表情するのに共感してます。彼女の今のところの存在意義ってそこだよね。

4)その他感想
・上川さん、漁民の子にしては物腰が上品すぎる。かっこいいんだけど。
・清盛の「よわいものいじめするんじゃねーよ」は、昔のヤンキー漫画みたいで胸が熱(以下略)
・家盛と清盛の会話は、ほのぼのするなぁ。清盛も、家盛はかわいいんだね。
・家成さん、ちょっと演技が変わった? 早口気味になった気が。
・清盛の郎党たちが「ここが都かぁー」って走り回ってたとき。露店の品物を手に取ったら、店のおばちゃんに「しっ、しっ」ってされてたんだけど、そのときの手の動きが、払う感じじゃなくて、手のひらを向けて押すような動きだった。あれ、何か出典があるジェスチャーなのかな。明らかに意図的にそういうしぐさにしてる感じだったので、気になった。


今回は、話が「清盛の成長」に集約されてたので、話がスッキリして、時間が過ぎるのが早く感じました。次はいよいよ「殿上闇討」ですね。「平家物語」の世界に入ってきた感じがして、嬉しい!
[PR]
by mmkoron | 2012-01-23 00:20 | 大河ドラマ「平清盛」


第2話「無頼の高平太」

■今日で今年のセンター試験が終わりましたが、そういや去年は「保元物語」、義朝が為義を処刑する直前のやりとりのシーンでしたね。そういやあのシーンの為義もけっこうトホホ系な描写だった気が…。

■第2話も、鎌倉殿のシーンからスタートです。
三種の神器のうち、草薙剣だけが海の底に沈んで見つからないという報告が鎌倉に入ります。
政子は怒ってますが、頼朝は是非もなしってな気分になってるようです。きっと清盛が持ってっちゃったんだろう…と。
『双調平家物語』では、平家が朝廷から「剣」を奪い取って沈んでいった…という解釈でしたが、この頼朝もそれに近い感傷を持ったのかもしれませんね。
■さて。しかし第2話時点の清盛さんはまだ元服前のひよっこです。
いくつのつもりなのかわかりづらいのですが、今回崩御する白河院が1129年没ですから、このとき清盛11歳…。
あの松ケン清盛は11歳…ちょっと無理がありますね。「おふく16歳」ほどではないけど。まぁ中学生くらいだと思って視聴することにします。

■清盛はすっかりひねくれちゃったみたいで、「無頼の高平太」と京の賭場で名の知れた存在になっちゃったようです。今でいうとゲーセン通いのヤンキーってとこですかね。でも横断歩道で「ちっ、しょーがねーな、乗れよババア!」って悪態つきつつおばあちゃん背負って渡っちゃうような(笑)。
青臭い正義感はそのままのようですが、家族との関係はすっかりこじれちゃったみたいです。
まぁ、すっかり心を許してた母親にあのしうちを受けて(お母さん、ムリしてる感アリアリですもんね。もうちょっと平太が歳とれば、母親との関係も再構築できるんだろうけど、まだ親には完成された人間でいてほしい年頃でしょう)、しかも生い立ちがああいうことだったんだから、素直になれないのは仕方ないかな。。。
■そんな清盛ですが、いよいよ元服の式が決まりました。
そして中二病のお約束のように「俺は大人にはならない!」的な決意表明。しかし、忠盛には、その反抗の底の浅さを見透かされて、逆ギレして逃亡。
そして清盛はそのまま鉄塔に登って「情熱を忘れちまった大人たちへ」という垂れ幕を下げ…なんてことはなく(あったんだよ、10年位前にそういう甘酸っぱい事件が!)、盗んだバイクならぬ自分の愛馬で駆け出します。道端で「俺はだれなんだー!!!」と自分探しの絶叫をしてたら、「だれでもよいから、助けてくれー」の即レスが入る(笑)。
ここで「えっ?」って聞き返す平太が可愛かった。あと、落とし穴から「出してくれ」って言われて思わず「はい」って返事しちゃうとことか。根はまえだまえだ弟の頃のまま、素直なんだとわかります。
■さて。助けを求めてたのは、平太がイタズラで掘ってた落とし穴にはまっていた、貧乏っぽい貴族でした。
これがのちの信西こと高階通憲。彼の死に方を思うと、かなり皮肉な登場シーンですね。
この貴族はお礼もそこそこに、平太に、現在の世の中の混迷を講義。目の前の落とし穴を政情の不安定さ、月光を遮る黒雲を世の混沌にたとえます。
一方、平太は、月光を遮る黒雲は、月の光の清らかさに染まりたくてあがきくすぶる姿に見える…と。
面白いですね。信西は、目の前の光景に白河院の政治を見ているけれど、平太は白河院の内面を見てるわけです。DNAの底力。

■その話題のひと、白河院は祗園女御とご歓談中。
…のはずが、祗園女御がやんわりと白河院の「殺生をさせないために狩猟禁止令を出し、魚網を回収して償却させている」をやめさせようとしたら、逆ギレ。
普段傲然と構えてる院なのに、感情的になってるので、かなり追い詰められているようです。
■そして、もうひとりの王家のキーパーソン・鳥羽院。
かれは、屈辱感に苛まれながらも、璋子のもとに夜のお渡り。
璋子を待つ間は不満ぶちまけてるのに、璋子がやってくると、うれしくなっちゃう。
惨めでせつない男心です。これ、鳥羽パートのファンが確実にできるような気がするわ。ここだけ夜10時のドラマになってるもん(笑)。

■平太は無事に元服式を迎えました。が、式にいつもの無頼ルックでやってきて、加冠役の藤原家成に「なぜ貴族達は白河院をいさめないのか!」と詰め寄ります。答えられないような大人にもらう冠なんて願い下げ、とばかりに立ち去ろうとする平太。
私がかつて中学生だったころ。卒業式に白ラン長ランで出席しようとしてゴネて「着替えて来い!」って帰らされた先輩がいました。あんな感じですな。
平太の場合は自宅で式をやってますので、帰らされるわけではなく、対清盛用に呼ばれていたゴツイ青年・伊藤忠清に羽交い絞めにされて、めでたく加冠。
「清盛」の名前をここでもらいました。
家成、最初「勇者ヨシヒコの仏様…」と笑っちゃいましたが、なかなか「腹を据えて貴族やってます」って感じのたたずまいで、今後の出番が楽しみです。
彼の息子達も今後出てくるのかな?
■名前は変わったものの、相変わらずの清盛君は、気晴らしに漁師の鱸丸の船に乗って海の散歩。
成人式を終えてから息苦しさが増してるようで、「海はいいなー」と伸びしてご満悦。
「俺も漁師になって魚くって暮らせたらいいのになー」みたいなKY発言しちゃいますが、中二だから仕方ありません。まだ子どもなので、10年後くらいに「ぎゃーあのときの自分を穴掘って埋めてしまいたいー! 鱸丸ごめん、ほんとごめんー!!!」となるはずなので、大目に見てあげてください。
清盛くん、黙ってしまった鱸丸に気づいてハッとなります。
そうです。鱸丸とその父・滝次も、白河院の狩猟禁止令の影響で、漁を禁じられて、食べるのに困ってる状態だったのです。

■そして、漁師達のまとめ役だった滝次は、困り果てた仲間達をなんとかしたいと、とうとう漁に出て逮捕されてしまうのです。鱸丸は命からがら京にたどり着き、清盛にそのことを告げます。
滝次をなんとか助けてやりたい清盛。しかし忠盛は、禁を犯した滝次を救う事はできないという返事。
その理屈が我慢できない清盛は、「清」の字を与えられた自分の名にかけて、罪なき民を泣かせて武士など名乗れるか!と忠盛に叫んで、飛び出していきます。
それを見送る忠盛は感慨無量。自分が何者かわからない、その清盛にもただひとつ「武士」であるという自覚がゆるぎなく存在することがうれしいのです。
宗子がそれを見るまなざしがいいですね。彼女にはそういう男同士の「志でつながる」的な機微はわからないみたい。
■白河院にアポなし対面に特攻した清盛。まさに電波少年。(文字そのままの意味で)
アホだけど、でも口先だけで大人批判するよりガキも、見所のあるいいヤツです。
「忠盛の子か?」と問われて、「父ではございません」と答えるところが、かわいそうですね。これ、反抗心で言わないだけじゃなくて、言える自信がないんですよね。
白河院に、滝次を赦免してほしいとお願いしますが、「国を治めるうえでしめしがつかない」と却下されます。
しかし、清盛は白河院の内面を見抜いていました。
寿命がつきる今になって、権力の怪物になった自分が極楽往生できるかどうか不安になったのだろう、と。
白河院は余裕で聞き流していますが、なにか琴線にふれるものがあったようです。
ここで清盛のもとに歩み寄ります。そこで、清盛の出生の秘密をバラしてしまいます。忠盛が清盛に伝えていない、母親の死の経緯です。
■最初、母親が白拍子と聞いて「聞きたくない」という反応をしていた清盛。たぶん自分の素性の賤しさを指摘されると思ったのでしょうが、その後の思わぬ展開に愕然。
これこそが白河院の見たかったリアクションですね。
白河院は初対面のとき、清盛(当時は平太)を犬あつかいでまともに見ようともしませんでしたが、この段階では「面白い」対象になってるんですね。自分の血を引く、しかしまったく違う生き物として面白がってる。
■結局、清盛は滝次を助けることはできませんでした。それでも何か一矢報いたい清盛は、突如舞の稽古を始めます。

■そして清盛の舞のお披露目。
為義たち源氏御一行様が「きーっくやしい!」ってなってるのが、お約束でかわいいっす。
雅楽の演奏シーンはけっこう時間ゆったりとってるのが嬉しかったなー。「義経」のときの青海波は、すっごい楽しみにしてたのに一瞬だったから。
■白河院の御前で優雅に舞う…と思いきや、鱸丸からパスされた宋剣(これが彼の「勝負太刀」らしい)で突如ロックな舞を開始。白河院の御前に躍り出て、刃を目前につきつけるパフォーマンスまでやってのけます。
あまりに前衛的だったので、周囲も咎めることもできず「…えっと、これも演出?」みたいな反応なのが笑えた(笑)。
■白河院は青臭い清盛よりもさらに上手ですので、余裕で清盛の挑戦的なパフォーマンスを楽しんでます。
ある意味、白河院が政治の秩序とかよりも個人的な興味や欲求を重視してる人だからこそ、清盛は罰されずに済んでるって感じですな。
白河院から面白き舞であった、とお褒めの言葉。「まこと、武士の子らしくての」と。
前のシーンで「このもののけの血を引くのだから」とからかった院ですが、
それと同時に彼の中に(本来は流れていないはずの)「武士の血」を読みとったんですね。
■さて、今回の舞には、もうひとりギャラリーがいました。木の上から眺めていた、為義の嫡男・義朝です。
「ちちうえ」って呼びかけられたときの為義パパの反応で、めっちゃ自慢の息子なのね…ってわかります。
そりゃ、自分の息子が玉木宏だったら、自慢したくなるわな。

■このしばらく後に、白河院はついに崩御。
良くも悪くもその権力を一極集中させていた白河院の崩御で、いろんな人のいろんな枷が外れ、世の中は混乱していくのでした…。

【今回のまとめ】
清盛、中二病全開。
男性視聴者だったら、自分の若気のいたりを思い出して、きゅんときたりするんですかね。いいなぁ。

[PR]
by mmkoron | 2012-01-16 01:37 | 大河ドラマ「平清盛」


プレジデントMOOK この男、日本を変える 平清盛

プレジデント社 / 2011年12月発行 / 780円

■大河ドラマにちなんだ、清盛関連のムック本はあちこちで発売されてて、あまりに多すぎて買いきれない状態なのですが、これだけぱっと目に留まったので、購入しました。
と、いうのも、いわゆる「いつもの月刊プレジデント執筆メンバー」や、あとは、立川オリオン書房(多摩に住んでたときはお世話になりました…)の書店員・白川さんが清盛関連本紹介してたりと、執筆陣がほかの本と比べて異色。
■で、その「いつもの月刊プレジデント執筆メンバー」というのが、津本陽氏はいいとして、

・会田雄次氏(歴史学者)
・光瀬龍氏(作家)
・武岡淳彦氏(兵法研究家)

…みんな物故者です。目次みてびっくりしました「あれ? まだ存命…じゃないよね…」って。
かつてのプレジデント歴史特集からの再掲載らしい。巻末に「著作権者のかた、ご覧になったら連絡くださいー」みたいなことが書いてあった。連絡とれなくなってるのね…
■記事としては、ドラマのロケのレポートやキャスト紹介は最初のほうだけで、あとは時代背景などの記事です。なので、役者さんたちのインタビューとか期待すると肩すかしかと思います。
時代背景については、
・院政期
・保元の乱
・平治の乱
・平家隆盛期
・後白河との対立
・平家衰退と滅亡
に分けて、各見開き単位で状況を整理してくれてます。ここはライターさんが書いてるので、わかりやすい。
■プレジデントメンバーについては、ご自分の得意分野で語ってらっしゃいます。
私、武岡氏がどんなこと書いてたのか興味あったのですが、あまり具体的な戦術に関する批評ではなかったので、残念。
いろんなことを宗盛の無能に帰してたり、あとは「要所の指揮官が若輩」とか「壇ノ浦で背水の陣を敷く必要はなかった」とか、「なぜそうなっちゃったのか」という経緯への分析ナシで、戦術単独で批評してるとことか、物足りなさを感じました。
いっこだけ、面白かったのは、「平家は船団を持ってたのにそれを輸送にしか使わなかった」ことを平家の弱点として指摘して、水陸両方からの戦術を考えるべきだったというところ。ここをもっと具体的に読みたかったな…10年以上前になくなってるから無理なんですけど。

■そのほかでは、紹介文曰く「歴ッシュ!のあいさつでおなじみの」歴ドルが平泉探訪してる記事もあり。
歴ドルといっても、「静物写真ばかりだと動きが無いので、和装の若い女の子を入れたい」要員って扱いで、歴ドルならではの気の利いたコメントをするとかは一切ありませんでした。
でも、こういう記事を作りたいときに真っ先に声がかかるなら、うまくすきま産業として成立してるなーと感心した。東京からグラビアアイドルつれてくよりも、現地で「ミス平泉」(実在するのかは知らん)とかに依頼したほうが安く済むような気もするけど。

■書店員の白川さんからのオススメ本は、古典・歴史評論・小説などジャンルもさまざまだし、切り口も直球に清盛が題材であるものだけでなく、源氏・朝廷・日宋貿易・西行とバラけさせてセレクトされてました。押し付けがましくないというか、全部読む人がいたときに飽きないように、また1冊だけ読む人にとってはどれかひっかかる本が出るように工夫してる。さすがー!と思いました。
オリオン書房は、トークライブ開催したり、けっこう挑戦的な本屋さんです。私も、「日本文学ふいんき語り」(近代文学をゲーム化する…っていうテーマでゲームデザイナーさんたちが語り合う)トークライブに会社の先輩と二人で行った。

そんなこんなで、ざっと大河ドラマの時代背景を知るには、おすすめです。
ただ、世の中が百人一首ブームだから入ってたんだと思うんですけど、百人一首の紹介記事は「別にこの本に載せなくてもいいんじゃね?」と思った。
[PR]
by mmkoron | 2012-01-14 23:38 | 書籍


じつは面白かった『平家物語』

小林賢章監修 / PHP文庫 / 2012年1月発行 / 629円

発売日に見本誌をいただいたので、ご紹介を…。
イラストだけですが自分も参加させてもらった本だと、ちょっと思い入れ入って公正にならないかなと心配しつつも。

■見本誌を見て、真っ先に思ったのが「思ったよりも、オタク向けなのか…!?」という感想でした。
私、PHPの歴史系の文庫本というと、「●●に学ぶリーダー論」みたいなののイメージが強かったのです。
初見のかたは、タイトルや表紙の雰囲気、キャラ(ビワッキーくん)がナビゲートするという構成で、かなりライトな本を想像されると思います。が、中身は予想以上に手堅い

■構成は、次のようになってます。
1)『平家物語』を1巻あたり2章くらいに分けて、あらすじ紹介
2)主要人物紹介
3)合間合間にコラム

前提として押さえておきたいのは、1)はあくまでも『平家物語』の紹介だということ。
ですので、史実ではなく物語のストーリーラインに沿ってます。1)に無闇に史実を混ぜなかったのは、わかりやすくていいと思う。2)で史実との違いの話が出てきます。

■1)についてですが、巻一~巻十二まで均等に分けて紹介されてるので、印象としてはかなり詳細です。
「カンタンに平家物語がわかる!」系の本だとすっとばされがちな巻二あたりもきっちり入ってるし。
六代被斬(ここって、三国志における「五丈原の後」みたいなもんだと思う。)のあたりも詳細。
合間に、人物関係図とか、戦闘方法の図示とか舞台になった地域の写真とかが入って、イメージしやすくなってます。
■2)は、人選は『平家物語』での出番インパクトによるものと思われます。
なので、妹尾兼康とかが六波羅平家一門の主要メンバーと一緒に出てる一方で、平頼盛のように史実(この言葉あんまり好きじゃないけど)としてはかなりキーパーソンだけど『平家物語』で影が薄い…という人はとり上げられてません。
このコーナーでは、他の文献に書かれていることと、『平家物語』ではデフォルメされて「お話として面白いように」描かれてることとの差異も含めて、人物像や最期が紹介されてます。
全員にイラスト入ってるのがすごい。指定がそうなってたのか、絵を描かれた方が調べて描かれているのか、物語のどこから持ってきたかわかるポーズになってるケースも多くて、面白いです。
個性が際立つ感じなので、「結局みな同じ顔やん」的な「捨てカット」状態ではない。
紹介文は、楽屋オチっぽいツッコミではなく、印象としてはカルチャースクールで大学の先生が語ってくれてるような、丁寧で易しい語り口です。
■3)は
・巻頭に入ってるみどころダイジェスト
・「人物対決」のおたのしみコラム
・原文ピックアップして、調子を楽しむコーナー
・その章段にちなんだ漫画(ここに私の描いたのを使ってもらいました。ありがたや…。)
・平家物語好きの後世の有名人(芭蕉とか世阿弥とか)とその作品…など、マメ知識
で、飽きないようにいろいろ箸休め的に入ってます。
成立背景とか、文章のリズムを楽しむとか、国文で平家勉強するときの鉄板分野がさらっと入ってるのも、やっぱり手堅い。

■…というわけで、
学校で●●最期系の章段をやった記憶くらいしか、『平家物語』に触れたことがない人」向け
で、そういう人が
学校でやった以外の物語全体がどうなっているかを知って、主要な人物については物語での描かれ方だけでなく実像にも興味が持てて、イラストや写真をふんだんに載せることで、文字面を追うだけでなくイメージができるようになる
のを目指す本なんだなーというのがわかるつくりです。
ほんと、使われているイラストとかのタッチはイマドキ風(※自分の絵は画風を語る以前のレベルなので、除く)で、オタクっぽくも見えるんだけど、中身にオタクっぽい突っ込みや演出がなく、手堅い。
『平家物語』読み込んでる人は、知っている内容の整理だと思うので、目新しい情報が得られるわけではないですが、うろ覚えだったらおすすめだと思います。
…むしろ私の漫画が唯一の「おたくっぽい突っ込み」要素って感じですね、ぎゃふん。

■最後に…。タイトルは「は」が「に」だったほうが、平家物語大好きな私にとっては、好みだったかも。
[PR]
by mmkoron | 2012-01-14 04:24 | 書籍


第1話「ふたりの父」(録画見ながら再度)

■頼朝は御堂の柱を立てる儀式の真っ最中。ふんどし一丁のおじさんお兄さんがよいしょよいしょと柱を立てていきます。お好きな方にはたまらないシーン。
そんな中、馬をかっ飛ばして駆け寄る人がありました。頼朝の妻・政子です。「政子か」と呼びかける頼朝。

…なんか気弱そう。

政子がキビキビした物言いなのと対照的です。一緒にレストラン行ったらどのパスタにするかでずっと迷ってそうな、そんな感じの頼朝です。でも、政子からの「壇ノ浦で平家滅亡」の報告を聞いた部下たちが口々に喜びの声を上げ、さらには清盛を嘲る言葉を発するにあたって、「やめーい!」と絶叫。
多分、普段はあんまり大きな声をあげない人なんでしょう。みんなドン引きしてます。しかし、微妙に引いてたのは頼朝本人も同じ。どうしてこんなこと言っちゃったんだろう、と反芻しながら、自分の中に清盛を真の武士と認め敬意を払う気持ちがあることを認めるのでした。
■ところで。
この政子さんの戦勝報告ですが、『吾妻鏡』4月11日に実際に出てきます。
報告したのは政子じゃないんだけど、立柱の最中に飛脚が来て報告する記述があります。3月24日の報告を翌月11日にしてるわけなので、当時は下関から鎌倉まで急いで馬リレーしてもそれくらいかかるってことですね。
実際は、「滅亡」ではなく、ちゃんと入水したのが誰で、誰は生きてて…ってこまごま書かれています。また、神鏡と神璽は確保したものの宝剣がなくなったこともここで報告されてます。

■OPを終えると、清盛が誕生するちょい前の出来事へ。
清盛の父になる忠盛が、父親についてって盗賊朧月を対峙しとります。朧月は隆大介っす。でももう汚しと目のメイクがすごくて人相変わってます。こわいー! で、この怖い朧月の「覚えておけ、お前が人を斬るは、俺が盗みを働くとおなじことじゃ」という断末魔の遺言が、忠盛の耳に残ります。
翌朝、戦いの血と泥にまみれて帰還してると、そこで関白・藤原忠実と行き会います。ほめてもらえるどころか、バッチイ呼ばわり。忠実、めっちゃわかりやすく「イヤな公家」っす(笑)。
当時、彼らは汚れ役を引き受ける「王家の犬」と呼ばれてたと頼朝がナレーション。確かに、このころの武士って役人としての仕事としてってよりも、私兵っぽい使われ方ですもんね。「朝廷の犬」にもなれない感じなんだろうとは思う。
■きちゃない呼ばわりされたことにキレながら、川で体を洗う忠盛。意識的に若者演技してる。声の張り方が若い。ここで彼は、ボロ布をまとって水を飲みに這って来た女と出会います。
ここで「なんだ、こじきか!」って最初言ってましたね。おっ、今回はいろいろ大らかだ。女が身重だったことに驚いた忠盛は、彼女を屋敷の馬小屋にかくまいます。
で、家人の応援を呼ぼうと飛び出したところで、庭にいた源為義と遭遇します。

…為義、なんで人ん家で勝手に水飲んでるの?

ここは忠盛の屋敷じゃなくて、武士の職場なんだろうか。それとも為義が、勝手に人ん家の冷蔵庫の麦茶飲んじゃうタイプなんだろうか。。。
■盗賊退治してきたと伝える忠盛に、自分との待遇の差でムッとする為義。源氏が見くびられてる!と言ったところに、追い討ちをかけるように頼朝からも「見くびられてるのは、源氏ってよりも、祖父の為義だったのだと思う」ってツッコまれて気の毒。とほほ。この頼朝ナレーション、意外と面白いかも。今度から頼朝の自分の身内へのナレーションに注目しよう。
■ムッとしつつも、為義は丁寧に自分がいま請け負ってる仕事を説明してくれます。
先ごろ鳥羽帝に入内した白河院愛育の養女・璋子の体調が悪い。その原因が白河お手つきの白拍子が身ごもった赤子だとわかったので、白河院は白拍子に子をおろすように伝えた。拒否した白拍子が逃亡し、それを為義は追いかけている…と。
■「手柄を横取りするなよ!」と言い残して為義が去ったあと(このセリフもまた小者っぽいね!)、馬小屋のいななきに驚いて忠盛が戻ると、女が生まれた子どものへその緒を切ってるところでした。おそるおそる、女に「その子は院の子か…」と呼びかけると、ヤバいばれたと思った女が逆上。短刀を手に忠盛につかみかかります。さっき子ども生んだばかりなのに! まさに火事場のクソ力!!
中井忠盛の「あーもう!」とか「うわっ、いってっ!!」とかの叫びが、ああまだ忠盛は若いんだなって感じでほほえましい。今度は赤子もろとも命を絶とうとする女と売り言葉に買い言葉の応酬。
「その薄汚い太刀で、どれだけの命を奪ってきたのだ」という女の言葉が、忠盛の「戦っても戦っても、それが誰かのためになっているという実感がない」という後ろめたさの地雷を踏んだようです。
しかし、口論途中で赤ちゃんがビーと泣き、さっきとは違う母の表情で乳を与える女にちょっと感動する忠盛。
■平さん家では、女を院に突き出すかどうかで家族会議。お父さんの正盛は女を匿うことにNGを出しましたが、忠盛は断固反対を貫きます。女にほれたということではなく、仕事に誇りをもてなくて自分が揺らいでる忠盛にとって、断固守りたい一線だったってことですね。この時点では。

■ここで場面は院の御所(?)。白拍子・舞子を見つけられない為義を叱責中です。
そこに祗園女御登場。ってことはここは院の御所じゃなくて祗園女御の屋敷なのかな??
祗園女御はやんわり白河の暴挙をいさめますが、璋子>>>【越えられない壁】>>>舞子なので、あっさり却下されてしまいます。
で、その璋子さま。彼女を心配した鳥羽は手ずから庭の水仙を包んで彼女に送ったりしますが、一向に具合がよくならない。そっか、養父の白河が恋しいのかなまだ入内したばっかしだしね!と気配りしたやさしい鳥羽は、璋子の里帰りを提案します。
璋子づきの女房堀河局はちょっと苦い顔。まだ若い鳥羽は、年上の新妻に鷹揚なとこを見せようとしたのですが、それが裏目に出てしまう…と。
■ちなみに、清盛が生まれた1118年時点ですと、
鳥羽帝=15歳 璋子=17歳 白河院=65歳 忠盛・為義=22歳 
です。鳥羽と忠盛パパたち、ちょい厳しい…。
清盛は1118年生まれで、没年が1181年。1と8でわかりやすいね!
■水仙の花が当時どういうお花として扱われてたのかよくわからないのですが、少なくとも薬用じゃないですよね(むしろ毒だし)。中国から伝来した花(和名じゃないですしね)のようなので、当時はちょっとオシャレな花だったのかな?

■出産後、舞子はそのまま忠盛の屋敷にいました。世話になりっぱなしは性に合わないとのことで、下働きをしてます。気心の知れてきた彼女に、働けば働くほど体に染み付く血の臭い、目的もないまま汚れていく苦しみを吐露する忠盛。彼に、舞子は「遊びをせむとや生まれけむ、戯れせむとは、生まれけむ」という今様を唄ってみせます。そのまんまだと

子どもたちって、お前ら遊ぶために生まれてきたんじゃないか?ってくらい夢中で楽しそうに遊ぶよね。あの姿を見てると、大人のこっちまで弾んできちゃうよ!

ってな意味ですが、彼女はこの詞を「夢中になって生きる素晴らしさ」と解釈して唄ってるとのこと。遊び女として生活し、そしてどん底を経験したはずの彼女が、「夢中になって生きたい、自分が為す事の意味はきっとわかる」と目を輝かせて語る姿に、感動する忠盛。
舞子役を、目がぐりぐりっと大きくって目力のある吹石さんにしたのはナイス配役でしたね。
■で、忠盛は狩りとった鹿の角を、舞子に魔除けとして渡します。ツンデレの渡し方で
テレた忠盛は、そのまま川でお洗濯する舞子を置いて、ニヤニヤデレデレしながら帰ってきちゃったのですが、なんとそこで舞子は為義一行に見つかり、院のもとに連れて行かれてしまったのでした。
■院のもとに引き出された舞子。祗園女御は璋子の快復を告げ、これで舞子と赤子を殺す必要はないと告げますが、白河は黙ったまま。そこに忠盛も駆けつけ、我が子を安易に手にかけることは院の威信を却って傷つける、だから敢えて母子を匿ったと奏上します。
しかし、白河院のお考えはみんなの予想の上を行くレベルでした。

「でも、助けちゃうと、私がお告げを安易に信じて自分の子を殺そうとしたアホって感じになっちゃうよね。私をアホにしちゃう罪は、母親のほうの命で購ってもらわなきゃね。」

すごい発想です。グレート天下人。さすが、サイコロと川の流れと僧兵以外思うままにしてた人です。もう誰もついてけません。お許しをと何度も平伏する忠盛に、お前が斬れと命令する白河院。曰く、

盗賊を斬るのも、この女を斬るのも一緒だから、簡単だろ?

ああー。これは忠盛さんの地雷です。世の中のために盗賊を斬ってると思いたかった忠盛さんの誇りを踏みにじる一言です。忠盛のリアクションを見て、このままでは忠盛もあぶないと感じた舞子は、赤子を彼に託すと、短刀を持って院に向かい、護衛たちの矢に貫かれます。
血まみれで倒れる舞子。駆け寄る忠盛。舞子がヘンに余分な最期の言葉を言わないところが、子ども託した時点で覚悟を決めてた感じが強まって、よいですね。表情はあまり見えないんだけど、つーっと最期の涙が
伝うところが泣ける。あと、涙を堪えきれないけど、舞子から目を逸らさない祗園聖子ちゃんの泣き方もよかった。

■薄の野原で赤子を抱えて風に吹かれる忠盛。最初、舞子が逃げてたシーンでは野原は緑一色でしたから、1-2ヶ月の出来事だったってことですね。そこにお父さんの正盛が通りかかります。お父さん、さすが秋風が似合います。できれば木枯らしのほうがもっと…。
「この子に似合う名をつけてください」と言い残した舞子。その言葉に対して、忠盛は、赤子に「平太=平氏の長子」という名を与えることで答えました。のろわれた子呼ばわりされた子、けれど母親が命がけで守った子を、わが子として平氏の子として育てあげることで、彼は自分の「心の軸」を生んだのです。
■へいた、へいた、平太、と何度も呼びかける忠盛。呼びかけられた赤ちゃんがにこっと笑うところ、忠盛が微笑みながらほろっと涙をこぼすところは泣いたわー。もう脳内でですね、さだまさしの姿をした妖精さんがですね、熱唱してるわけですよ、「なきたいときこそわらえー くるしいときこそわらえー」。うわーん!!

■で、それから数年。赤子はまえだまえだ弟に成長し、知り合いの漁師さん&その息子の鱸丸と、忠盛パパと小船で海を見に行ってました。忠盛パパはイクメンが身についてる感じ。
鱸丸くん、って名前。鱸は出世魚なので縁起がいい名前なんでしょうね。平家物語巻1「鱸」ともかけてるのかな。
■で、船に乗って遊んでるところに、小規模ですが海賊船発見。宋との交易船が海賊に襲われたようです。パパ盛(めんどくさいからもうこの呼び方でいいや)は毅然と海に飛び込み、海賊に殴りこみ。
海賊側が朧月たちのように統制とれてる武装集団ではなかったようなので良かったですが、パパ盛、部下たちが駆けつけるまでターザンみたいにロープであっち飛びしながら奮戦ですよ。強すぎ!
このしーん、交易船の船乗りさんたちが端っこで固まって避難してるのとかが、リアルで可愛かったです。で、忠盛たちが勝利したらみんなで「わーい」って喜んでるの(^^
ところで、戦いの後にパパ盛が宋剣パクってるんですが。交易船は平氏所有の船で、彼らが海に来てたのは、その到着を待つためだった…ってことかな。
■平太は、あの事件の後に嫁いできたパパ盛の正妻・宗子のことを慕い(実の母親と思ってたのかどうかはわからん)、祗園女御にも可愛がられて、すくすく育っておりました。
祗園女御は忠盛からの経済的支援を受けていたので、彼女は忠盛をとりたてて…みたいな説明をしなくてもよくなったので、舞子のエピソードが巧く使われてますね。

■一方、ダウナー真っ盛りなのは鳥羽帝。
なんと、白河は璋子を娘として愛育してただけではなかったのです。白河院は、璋子が生んだ親王・顕仁への譲位を鳥羽に迫ります。それってつまり…
善良な鳥羽は、顕仁に父として優しく接しようとはしてるのですが、お父さんにお習字みせてごらんと言ったら、「はいっ!」と元気に白河にお習字を見せに行くような状態。しかも、鳥羽以外はみんなそれをほほえましくみてる状態。
仕事へのプライドも男としての矜持も全部踏みつけられて、でも、お花畑を踏みつけるくらいの逆ギレしかできない鳥羽。
白河&璋子のシーン、部屋の近くに女房が後ろ向きで控えてるのが、「爛れてる」感じUPでしたねー。

■平太のほうでも、暗雲が。
弟・平次の怪我がきっかけで、平太が「あれ? お母さんは僕をほんとは好きじゃない?」と思うできごとが。さらに、偶然出会った朧月の息子(まえだまえだ兄。「てっぱん」のときのままのキャラで笑った。可愛いわ~。)にも「お前は出世のために忠盛が法皇からもらいうけた子」と暴露され、ショックを受けます。
真実を教えてもらおうと向かった祗園女御の屋敷で法皇に遭遇、そこで犬っころ扱いを受け、またショック。
さらに、可愛がっていた犬・岬丸が他の犬にかまれて死んだ姿を見ることに…もうショックのダメ押し。
その平太をに、忠盛は慰めの言葉はかけませんでした。彼が法皇の子であるという事実を告げ、しんじつ平太が犬ころであること、しかも王家の犬どころか平氏の犬であると言い放ちます。悔しいなら、強くなれ。
忠盛が突き刺していった宋剣を、幼い力でなんとか引き抜く平太。平太はまだすべてをわかっているわけではありませんが、忠盛の思いを平太が受け取った瞬間なのでした。

■ところでところで。
舞子が殺されるシーンで院のそばにいたのって国広富之でしたよね。どうしてこんな大物が!? と思って、クレジット見て納得。藤原長実だったんですね! 彼はこのあと出てくる璋子のライバル・得子のお父さんです。まだ出番があるってことかな。
[PR]
by mmkoron | 2012-01-09 19:34 | 大河ドラマ「平清盛」


第1話「ふたりの父」

本日は大阪のホテルにノートPC(しばらく自宅に放置してたVistaちゃんを叩き起しました…)を持ち込んで感想をお送りします。
今日は大阪に行ってたわけですが、万が一にも新幹線の遅れとかで見逃しちゃうことがないよう、会場真ん前のホテルを予約。会場爆破とかされない限りは20時にはTV前に座ってられる万全の態勢でした(笑)。
いやー自分でもアホや!て思うんですけどね、でもそのくらい嬉しいんですよ。だって、義経のあと、私が時子の年齢になるまではもう大河で平家は見られないって思ってたから。こんなに早くまたみられるなんて!

【OP】
■このドラマの根底をずっと流れ続ける「遊びをせむとや生まれけむ」のフレーズが、ピアノで静かに流れます。あれ? いつから激しい曲調になったんだろう。中盤からはこっちに挑んでくる感じの曲調ですね。
■ドラマ開始のとき、「平安時代」と聞いたときに思い浮かべがちな絵画的な美しさじゃなくて、ナマナマしさを重視するってプロデューサーが語ってましたが、その言葉にたがわず、CGはアクセントに使い、実写の映像を主にする映像です。幼い清盛?がひたすら走る姿、白拍子たちが激しく踊る姿が交互に何度もカットインしますが、これ、いいですね。
まっすぐにゴールを目指すような健全な躍動感と、からだの内側でマグマのように燻る躍動感の両方が、交互に伝わる感じ。
■最後は、「遊びを…」そのままに遊ぶ子供たち(小汚いけど、表情がいいね)と、幼い声の「遊びを…」の歌声、笑い声が入っておしまい。「ジャン!」て感じで終わるわけでも、しっとり締めくくられるわけでもない、ちょっと宙に放り投げられたような終わり方です。
ところどころに、双六の賽がころんと転がっていくんだけど、それと相まって、子供の歌声が「純粋な生命賛歌」とかではなく、どこかちょっと「神様の遊び」的な無邪気な残酷さみたいなのを感じさせるなぁ。
■この時代の、複雑さとか捻くれっぷりを2分程度にぎっしり詰め込んだ感じで、私、このOP好きになりました。でも、曲だけだとわりと散漫に感じちゃうかも。映像との相乗効果がある。
■あ、クレジットは後白河がラストでしたね。

【本編】
■すっごい内容ぎっしりだった。とくに、王家関係。人物関係をこの回だけで全部説明しましたね。これ、いきなり見て情報整理できるのかな。大阪で配ったペーパーが少しでも役に立ってるとよいのですが…。
これまでの大河で、ここまで皇族のドロドロを描いたのって、初めてに近いんじゃないかな。太平記のときも、後醍醐帝と大塔宮の関係はさらっと描かれてたし。
それにしても「王家」って呼びかた、便利だわぁ。確かに、サイトやってていろんな解説書いてても、ちょうどいい呼称がなかったんですよね。「皇室」って書くとパブリックな印象になっちゃう。もっと私的な、プライベートな範囲を表すときの言葉って何がいいんだろう?て思ってたんで、飛びつきました(^^
■では、以下に今回のポイントまとめ

1)忠盛の葛藤と、光明。
清盛を育てる決意をした理由が、「舞子への愛のあかしとして…」みたいな、ある意味単純なものではなく、彼のいうところの「心の軸」として描かれてたのが良かったと思います。
■忠盛に投げつけた、盗賊「朧月」(出たと思ったら殺されるのに、隆大介!なんちゅー贅沢な配役!!)の置き土産セリフも良かった。「俺の盗みもお前の働きも同じこと」と言われるわけですが、後から出てくる朧月の息子のセリフからすると、朧月はおそらく「どっちも生きるためにやっていること、だから、お前が善の側で俺が悪の側だと思うなよ」ってなことを言いたいんだと思います。忠盛は朧月が義賊的な活動をしてることを知っているとは限らないので、もうちょい浅い「お前の盗賊退治がどれだけご立派だっつーの?人斬って仕事にしてるのは同じじゃん。」くらいの受け取り方かもしれないですね。
これ、面白いなって思いました。ほぼ初対面の人間が言葉を交わして、完全に意思疎通できる可能性なんて低い。だから、朧月の意図するところと合致してるわけではないんだろうけど、忠盛は自分の問題意識に合わせて、朧月の言葉を受け取っている。こういうのはリアルでいいなって。
■で、武士として泥と血にまみれて働いているのに、誰かの役に立っている実感がない。ただただ自分が汚れていく気ばかりがして、焦っている忠盛君の前に現れたのが、白河院の追手から逃げている身重の白拍子・舞子。
舞子との関係が「か弱い娘さんを助けるヒーロー」ではなく、対等なのがいいですね。舞子はおそらくこの1回きりで、あとは出ても回想でしょうが、自分の身分職業に卑屈ではなく、逆に武士を人斬りだと見下してるのが面白い。忠盛との言い合いも可愛いっすねー。中井氏のムキになる演技が若々しくて、もういい歳のおじさんがツンデレしてるように見えないのがすてき!

■忠盛が白河を説得しようとして失敗し、今度は覚悟の上で真情を吐露するシーン。私は舞子の表情をずっと見てました。忠盛のセリフにぎょっとして、今度は女の子っぽく涙ぐんで…。で、最後は立ち上がる。自分の胸を刺すのではなく、白河に向かっていくといく選択です。単純に「わが子と愛する男を守るためにわが身を犠牲に…」じゃなくて、彼女は何を守るのかと同時に、何と戦うのかも選択したんでしょうね。
舞子は、忠盛にとって永遠の恋人という以上に、ロールモデルというか、「軸のある生き方」のお手本なんだと感じました。
■で、彼女が残した赤子をわが子にする忠盛。王家からゴミか何かのように捨てられ、舞子が宝物のように守り抜いた子を、「平家の太郎」として育て上げる。これが彼の戦いになるわけですね。
1話の序盤は忠盛の成長物語だったなー。うんうん。


2)王家のドロドロ
■最近は控えめにしてた濡れ場っぽいシーンが、結構露骨に出ましたね。それが伊東四郎と壇れいだから、なんともエグいというかなんというか。
鳥羽院の各種トラブル(笑)へのリアクションが、ややデフォルメされぎみっつーか、一歩間違うと笑えるくらいだと思ったのですが、あれはわざとなのかな。
お花畑をばっさばっさやってるシーン、あそこで花を加えて「キリ…」とかやってくれたら、完璧でした(笑いとして)。
いやー、でもこういうドロドロは大河じゃNGなのかと思ってたので、驚いた。これなら天武・持統あたりの話も大丈夫じゃない? 上代大河への希望出てきた! 鳥羽の傷つけられっぷりが半端ないですね。役者さんが役者さんだけに、「鳥羽様をいやしてあげたい…」と思っちゃうマダムが続出するのではないでしょうか。「あさイチ」で鳥羽様特集組まれちゃったりするのではないでしょうか(いま適当なこと書いてますすみません)。
彼にも何らかの「軸」が見つかるんでしょうかね。目が離せない人物になりそうです。
■聖子ちゃんの祇園女御、思ったよりもずっと自然でよい感じです。白河の寵愛を得ていても、自分の意思を通す権利があるわけでもないっていうしんどさが伝わる。

3)平太と宗子の親子関係
■宗子がどういう理解や納得をして平太を育てているのかはまだわかりませんが、継子いじめとかじゃなくてほっとした。
これは異論あるかもしれませんが、父親と息子は「意志」が共有されることで親子として絆が作れるのに、母親と息子は血がつながってないハードルが予想外に高い…ってのはありそうだと思いました。宗子は、正しい母親であろうとすることがじわじわストレスになってそうですね。今後爆発するのかも?

4)その他の見どころ
■まえだまえだ兄(朧月の息子役)と、まえだまえだ弟(清盛役)のやりとりがかわいかったー。兄の、平太の正体を知る前の話し方とか、「てっぱん」のころを思い出してくすっとしちゃった。
■頼朝のナレーションは思った以上に控えめなので、OK。清盛の心情とか説明されても「お前が語るな」って思うよなーって感じてたのですが、ああいう「あいの手」程度のナレーションなら気にならないですね。
■為義が想像以上にトホホな感じ(笑)。
■崇徳役の子役が、ほかの子役とは格が違うお上品な感じに見えて、すごーいと思った。
■まえだまえだ弟、松ケンに似てる!
■岬丸(犬)のくだりは、「ますらお」序盤を思い出した。まぁあの漫画で犬にかみ殺されちゃうのは犬ではないわけですが…。
宮廷シーンもかなりあるからかな、予告編を見たときほどには「こぎたねー!」とは思いませんでした。

あまりに盛り沢山だったので、どう整理したものか困ってしまった…。
とりとめない感じですみません。

■ここであらためて。
私、この大河は1年応援し続けようと思います。肯定し続ける…ではなく、「応援し続ける」。
■ほかのところでも書いたことがありますが、私が平家物語に惹かれたのは、滅びる姿の美しさではなくて、どうやっても滅びるってわかっててもじたばたするその姿の美しさでした。
当時の仏教の理想的な死生観の枠組みにあてはめて物語進行しようとはしてるんだけど、そうしようとしてもはみ出ちゃう姿。思惑ならぬ思枠からこぼれ出す共感や感動。私はそういうのがあるからこそ文学だよなーって思う。
で、私のその「平家物語のツボ」と、今回の大河がチャレンジしようとしてるテーマはすごく重なるって思ったのです。だから、1年通してこのドラマを、ワクワク視聴していこうと思います。次回も楽しみ!
■次回からはもっと頭突っ込んで、清盛に肩入れ気味にレポートしていこうと思います!(笑)
[PR]
by mmkoron | 2012-01-08 23:42 | 大河ドラマ「平清盛」


あなたが主役50ボイス年始スペシャル 大河ドラマ平清盛ボイス

2012年1月3日 18時05分~18時34分/ NHK総合放映

■清盛関連の特番はお正月からどんどん始まってますが、これは特に面白かった。
■「平清盛」のスタッフ・キャストの中から50人が、それぞれ「これだけは譲れませぬ!」というこだわりを一言コメントするというものです。キャストは普段からわりと露出あるけど、スタッフがかなり多岐にわたって登場してて、それが面白かった!
■やっぱり、各パートの人に尋ねると、それぞれ何らかの含蓄がある言葉が出てくるんですね。出てきた中で面白かったのは…

○造園
…コケへのこだわりについて「コケが地面との接点だから」ってセリフにしびれた。
○照明
…普段寺社仏閣に行っても、窓からの光の差込具合を見ちゃう…ってのがプロだわー。
○装飾
…御所等に使う高級調度品のストックが少ないから、ちょっとずつ変化をつけて1年分プランをつくって使いまわしてる…ってのが、胸が熱くなった。だよね、予算も底なしじゃないもんね。やりくりって大事。
○侍女役のエキストラ
…「ホンモノの侍女も、こうやって出ててきそうになるのをグッとこらえてたのかなーと妄想してやってる」ってのがほほえましかった。そういう感覚って、エキストラやってみないとわからないですね。ちょうどその前後で時子役の深田恭子が「ともすると同じ人間じゃないような感覚になってしまうので、生身の人間であることを常に意識してる」ってなことを言ってたのと呼応するのが、興味深かった。
○演出助手
…みんなのパフォーマンスを引き出すためには低姿勢だ!という信念がすばらしい。傍目で見たら気の毒なポジションだけど、本人は達成度を「自分がどれだけイニシアチブをとれたか」じゃなく「どれだけみんなのパフォーマンスをUPさせられたか」で測ってるから、楽しめてるんですよね。すごいと尊敬した。と同時に、言い分が通らないときに負けた気分になる自分の狭量を反省した…。(まぁ、この人も飲んだらめっちゃ愚痴言うのかもしれんけど・笑)
○音響
…仕事で耳が疲れるから、プライベートは無音で暮らしてる…ってのが面白い。

このへんでしょうか。
スタッフさんの話をこんだけいろいろ集めてる番組は今まで見なかったから、すごく新鮮でした。
みんながそれぞれのパートで力を尽くしてて、でもみんなが「いい作品にするぞ」というベクトルに向かってて、さらに全体統括の人が「自分の机上の予想を超えるパフォーマンスが出てくる」ことをワクワクして待ってる…って体制なんですよ。ああ、やっぱチームっていいなー!って。
いまお正月休み中だけど、早く会社行ってまた仕事したいわって思った(笑)。私が編集っていう仕事してるからかな、「各パートの相乗効果で、ひとりじゃできないことを成し遂げていく」って姿にきゅんきゅんときめきました。
■というわけで、仕事への里心を喚起させた「50ボイス」でした。最後に、出てきた「50」を羅列しときます。

殺陣指導/流鏑馬指導(小笠原流)/馬術指導/スタント/藤木直人(西行役)/玉木宏(源義朝役)/中村梅雀(平家貞役)/山本耕史(藤原頼長役)/上川隆也(平盛国役)/加藤浩次(兎丸役)/撮影車ドライバー/特殊効果(霧・埃・雨など)/製作助手・ロケハン担当/車両/特殊機材(クレーン)/大道具(基礎担当・元大工さん)/大道具(塗装)/美術デザイン(全体)/美術デザイン(セット)/装飾(調度品など)/照明/造園(植物)/造園(全体)/制作助手(考証)/演出助手/人物デザイン監修/衣装/美術デザイン(小物)/撮影/時代考証/動物担当/所作指導/編集/CG制作/音響デザイン/デスク補(電話対応)/エキストラ(侍女)/エキストラ(子役1・2)/松雪泰子(美福門院役)/和久井映見(藤原宗子役)/加藤あい(高階明子役)/田中麗奈(由良御前役)/壇れい(待賢門院役)/深田恭子(平時子役)/音楽/プロデューサー/演出/松山ケンイチ(平清盛役)
[PR]
by mmkoron | 2012-01-03 21:17 | 大河ドラマ「平清盛」

    

源平関連の本・ドラマなどの感想文あれこれ
by mmkoron
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のトラックバック
スキヤキ・ウエスタン ジ..
from 徒然独白 - 手鞠のつぶやき
小栗旬 カリギュラ 関連..
from 小栗旬 画像・動画 最新情報..
小澤 征悦『西郷隆盛』役
from 篤姫(あつひめ)大河ドラマ
リンクなど。
きよもりよりもよき
まみころの平家物語サイト。
あらすじ紹介漫画とか人物紹介など。



まみころのブクログ
源平関連以外の読書日記はここに。読む本にあまり偏りはないと思ってたけど、こうして見るとすごく偏ってる。
以前の記事
その他のジャンル