源平観戦日記


第21話「いざ出陣」

■先週の日記で書いてた、「オペレッタ狸御殿」「Zガンダム」両方観て来ました。生アムロ声とシャア声を聴けたのは一生の体験です。ユーミンの喋ってるときの声を東京FM「サウンドアドベンチャー」で初めて聴いたときのような「おおーっ、そうだったのかー!」感が。
ちなみに、観客は9割男性、平均年齢29~32といったところでした。

■で、大河の感想です。
今回は、登場人物は多かったけど、わりと事件の少ない回でしたね。

 1)頼朝に意見した御家人が処罰される
 2)維盛出陣、またまた大敗
 3)義経出陣

■1)については、義経がわりと直球で自分の意見を頼朝に述べてたので、ハラハラしてしまいました。
頼朝は今の時点で義経を信用してないのかな?と思ったのですが、そうでもないですね。出陣の前に政子に平泉とのからみで義経を警戒しとけ、と進言されたときに心外そうにしてたし。
政子の義経への対応はわかりやすく屈折してますけど、頼朝の義経への対応は何なんだろう。義経が鎌倉内で自他共の感覚として浮いちゃうように仕向けてるけど、でも決して信用してないとか憎んでるとかじゃないんですよね。複雑だわー。
殺されちゃった御家人、斬首ですか。きびしー!!
「御恩と奉公」の考え方ってモロに我らサラリーマンだと思うのですが、サラリーマンの場合、忠誠は社長より会社に対してですものね(そうじゃない場合もあるが)。個人への忠誠となると、こういうことになっちゃうんだなーとブルブルしました。
■義経は平家の身内での結束を「良いところもある」と評価してましたが、今回の維盛いびりシーンを見てると、それも清盛も重盛も生きてて発言力のピラミッドがバランス良く築かれてたときだけですね。彼は全盛期の平家しか見てないので、思い出が美化されてるところがある。
そういや中国の三国志の本読んでたとき、
 ・魏は初代皇帝・曹ヒが身内の力を徹底的に削いだ為、いざとなったときに皇族の力が弱く、
  司馬家にたやすく取って代わられた。
 ・取って代わった晋は、それを教訓にして皇族に力を与えたところ、
  今度は皇族同士の争い「八王の乱」が起きて、やっぱり滅びちゃった。
ってことが書いてあった記憶が。どっちもどっちなんでしょうね。月並みですけど、バランス感覚って難しい…。
頼朝の考え方だと「所領さえ安堵してもらえれば、別にこのボスじゃなくても誰でもいいし」になるし、義経の考え方だと組織が大きくなればなるほどどうしても人間関係のしがらみでイロイロ行き届かなくなる。うーん。
■そうだそうだ。つけたし。
梶原の存在がちょっと特殊であることがここで見せられてたのは、今後の布石としてウマいなーと思いました。


■2)について。
ある友人と結婚について話してたときに、「いい人だし、話してて楽しいし、ずーっと一緒にいて苦痛ではないんだけど、負けが染み付いてる人なんだ。彼の人生に染み付いてる負けグセを、この先ずっと励まし支えていける元気が続くか、自信がない」って話がありましてね。そのことを思い出してしまいました。今回の維盛を見て(^^;
新宮行家が出てくるときとは別の意味で、この人が出てくるシーンは痛々しくて見ていられません。あっ、でも今回、出陣時の姿はカッコよかったですね。前よりもすこし顔がスッキリした?
■維盛、実はけっこう丁寧に言動を追って貰えてますよね。
次回いよいよ鎧を手放すみたいですけど、どんどん精神的に追い詰められてる様子がちゃんと描かれてますね。
「私の人生、この先辛いことしか起こらないのに、どうしてそれでも率先して頑張らなきゃいけないんだろう」って彼がダウナー回路に入っていく気持ちが、視聴者にも解る。大河登場人物としては比較的オイシイポジションです。
■それにひきかえワタクシ最愛の重衡は、今の時点で描写は「いい人なんです」くらいのレベルだもん。平家全盛期の時点でもっと貴公子っぷりを描いておいてほしかった…今更言っても詮無きことですが。


■3)について。
ようやく出陣。でももう義経の人生にはあとわずかしか時間が残されてないことを思うと、運命っておそろしいなとも思います。
出陣した後は、弁慶の存在感ももうちょっと増してくるかもしれませんね。今の弁慶の扱いはちょっと物足りないので、期待します。
■あ、そうだそうだ。梶原息子がついてきましたね。今回も義経の子守り役としての働きを誉めるようなセリフをさらっと発言して、すっかり良い友達ポジションですが、実際のところはどうなんでしょう。頼朝のことを冷静に分析してたりして、なかなか食えないやつであるような気もします。
実は政子側の息がかかってて、ずっと良いお友達のフリをしつつ、実は心の中で舌を出してた……とかだったらどうしましょう!と勝手に想像が膨らんでしまいます。「謀ったな、景季!」って!
……すみません、ガンダムの映画観た影響でイマジネーションが偏ってしまってます。


■さてさて。次回はいよいよ平家都落ちのようですね。
予告を見る限り、ようやく平家一門での女性陣と男性陣の関係が描かれるようで、楽しみです。今まで男性陣のシーンと、女性陣のシーンとがバラバラでしたから。
そういや、維盛の鎧の扱いはどう描かれるんだろう。経子様は、以前に清盛の怒りを買った維盛のことを心配してたりして、あまり義母子のぎくしゃくした感じは描かれてませんが…。
ひょっとしたら、宮尾本原作とは違い、
 
「維盛が泣く泣く手放した鎧を宗盛が着服しちゃったので、経子母さまが維盛のために取り戻そうとがんばる」

という形で単純化されるのかも。まぁ、そっちのほうが解りやすいしなー。
■それにしても、ここからはきっと動きも早くなりますね。
9月に壇の浦なわけですから、6月中に富士川まで行くのかな?? 7月中旬には一の谷??
[PR]
by mmkoron | 2005-05-29 22:06 | 大河ドラマ「義経」

<< 第22話「宿命の上洛」      第20話「鎌倉の人質」 >>

源平関連の本・ドラマなどの感想文あれこれ
by mmkoron
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のトラックバック
スキヤキ・ウエスタン ジ..
from 徒然独白 - 手鞠のつぶやき
小栗旬 カリギュラ 関連..
from 小栗旬 画像・動画 最新情報..
小澤 征悦『西郷隆盛』役
from 篤姫(あつひめ)大河ドラマ
リンクなど。
きよもりよりもよき
まみころの平家物語サイト。
あらすじ紹介漫画とか人物紹介など。



まみころのブクログ
源平関連以外の読書日記はここに。読む本にあまり偏りはないと思ってたけど、こうして見るとすごく偏ってる。
以前の記事
その他のジャンル