源平観戦日記


第31話「飛べ屋島へ」

■「戦国BASARA」というゲームを買いました。
多分これが源平ネタだったら怒りに震えるかもしれない(笑)キャラの壊れっぷりなのですが(英語しゃべってるよ伊達政宗が…上杉謙信がタカラヅカだよ…)、戦国時代はよくわからないので、楽しくプレイしています。
私の戦国時代に関する知識は「戦国自衛隊」と「おんな風林火山」くらいなので、元々の知識がゼロに近いか、寧ろ歪んでるんです。なので気にならない。
もちろん、私の脳内では、織田信忠=松村雄基、武田信玄=石立鉄男です。

■さて、飛んで屋島…じゃなかった、飛べ屋島へ。つい魔夜峰夫「翔んで埼玉」と混ざってしまいます。ご存知の方いらっしゃいますでしょうか。東京都民の埼玉差別と戦う、問題提起漫画(笑)なんです。作者が所沢?から横浜へ引っ越したときに打ち切ったらしい。確かに埼玉に住んでない人が描くのは許されないネタだった。
■本題に戻ります。今回は屋島前夜のお話ですね。


わたくし、後半10分くらいもう涙ほろほろ。


だってだって、佐藤兄が、佐藤兄が……(号泣)。
次回予告ご覧になりました? 「こののちも、私の傍におれ…!」。
ちょっとあれは反則ですよー!
■私はタッキーの演技には全然満足してないのですが(しかしあれも一つの味だと思うようにはしてる)、タッキーで良かったと思うのは、郎党たちがどうして皆義経のことが大好きなのか、どうしてそんなに必死で義経を守ろうとするのかが伝わること。
妙に坊ちゃんっぽいところと、天才的なところとの危ういバランスを、タッキーという人間のキャラがうまく表現できてるんだと思います。多分演技じゃないけど。
あんなこと言われたら、死に行く佐藤兄のみならず、周りの人間も全員義経にずっとついていこうと思っちゃいますよねぇ。
うわー、来週も泣きそう。今週も佐藤兄と義経の会話でほろほろしてしまいました。

■しかし佐藤兄は次回がメイン。今回は何といっても梶原父ですね。
私の中で「実はスパイ」説が拭いきれなかった梶原景季ですが、今回の挙動によって、彼ファはただの義経FANであるということは確定しました。
今までイマイチ役に立たなかった景季ですが、今回は義経とともに先発隊に志願したことで、うまく緩衝材になりましたね。
景時が、「これで出陣するなら、それは義経の勝手」と言ってたけど、自分の息子も一緒に行くとなると、頼朝にそう悪しざまには言えなくなりますものね。そこまで考えて行動してるなら、景季グッジョブ!
■景時の義経に対する苛立ちは、とても丁寧に描かれていたと思います。
このドラマでの景時という人は、時勢を読み、ある意味したたかに動いてきた人のようです。
うまく立ち動いてきたから、挙兵時からの仲間でないのに、軍奉行の役にも就けた。
それが彼の人生哲学だから、義経のひたむきさが理解できない。
■でも、最初に、義経が部下達の前で「鎌倉殿のために…」ってなことを言ってたときは、梶原には、事情を知らずにただただ抜擢を喜んでいる義経への憐憫みたいな表情が出てました。
それが、逆櫓騒動のあたりでは、義経の思考が理解できない苛立ちにシフトしてましたね。
自分に関係ないときは、「可愛いけどかわいそう」で済むけど、自分が巻き込まれそうになると事情が変わってくる…ってことでしょうか。
■義経の感覚に対して、「わからん」って景時は何度か口にしてましたが、口に出して一刀両断してしまわないと、自分の生き方や信念を脅かされる……ってところもあるのでしょうね。
「ははは、若いなぁ」と余裕をもってたしなめることができず、「イノシシと同じだ」とか過激な言葉になりがちなのも、義経の戦い方考え方に対する強い拒否感が出てて良かったです。
景季が義経に憧れてしまってることも、景時の危機感につながってる。
いやはや今回の景時の描き方には感心しました。
義経って、全体的にはわりと心情描写が単純だと思うのですが、鎌倉サイドは細やかですね。
■で、なんだかんだで義経は出航するのですが。
今回は景季もちゃんと手伝ってましたね! やればできるじゃないか景季!!
義経が風雨に打たれながら、微かに笑みを浮かべている表情に、ちょっと寒気に近い感じでトキメキましたよ。戦いのない世の中に…と言いながら、命を捨てた戦いそのものに喜びを感じちゃってる。義経のアブなさの片鱗でしょうかね。そこがカッコいいんだと思うんだけど。


■今回も平家サイドは出番ちょろっとでした。今回の相談シーンで、ああメンバーが減っちゃったんだな…と寂しくなりました。維盛も重衡もいませんものね。ついに清宗が登場してたようですね。「父上」っていうセリフだけだったからちゃんと確認できなかったのですが。
■やっぱり教経は登場しないようです。
代わりに佐藤兄を討ち取るのは……N●K番宣サイトの表現からすると、資盛!?
資盛、いきなりカッコよくなっちゃうのでしょうか。オイシイ役になってるなぁ。


■というわけで、屋島実況中継は来週です。
[PR]
by mmkoron | 2005-08-07 21:50 | 大河ドラマ「義経」

<< 第32話「屋島の合戦」      第30話「忍び寄る魔の手」 >>

源平関連の本・ドラマなどの感想文あれこれ
by mmkoron
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のトラックバック
スキヤキ・ウエスタン ジ..
from 徒然独白 - 手鞠のつぶやき
小栗旬 カリギュラ 関連..
from 小栗旬 画像・動画 最新情報..
小澤 征悦『西郷隆盛』役
from 篤姫(あつひめ)大河ドラマ
リンクなど。
きよもりよりもよき
まみころの平家物語サイト。
あらすじ紹介漫画とか人物紹介など。



まみころのブクログ
源平関連以外の読書日記はここに。読む本にあまり偏りはないと思ってたけど、こうして見るとすごく偏ってる。
以前の記事
その他のジャンル