源平観戦日記


第43話「堀川夜討」

■週末はまたまたZガンダムの映画を観てきました。
今回は初日ではなく、公開2日目だったんですけど、

……2日目だというだけで、平均年齢が10歳は若くなっている……!!

第3部はやっぱり初日に観に行こうと思います。なんていうか、気合いが違うんですよ。ああいう映画は、気合いの入ったファンの中で観た方が楽しめるように思います。そもそもそっちのほうが年齢近くて落ち着く。。。(←自分で書いてて、さみしい)
■そうそうそうそう。先日、私は初めて?源平関係の夢を見ました!
なんとそれが

重衡が家に来る

というもの。なんか仕事の都合(笑)だったんですけど、なんともトホホなのが、うちに重衡を呼ぶことになってさぁおうちをキレイにしなきゃというときに、夢のなかの私が、

速攻ダ○キンに電話したこと。


3LDKすらも自分で掃除できないこの私……そんなところでリアリティ追求しないで(涙)。



■さて、今回の久々に動きのある回です。今回思ったことといえば

行家を頼もしく思える日が来ようとは……!!

まぁ今回だけなんですけど。
■夜討ちの場面、予告を観て萌殿大活躍か!?と思いきや、あっさりへたり込んでましたね。残念。1人くらいは倒してほしかった! 倒された人が報われないか。
捕らえた土佐坊とのやり取りは良かったです。
■義経の理想は、その直前でも言ってたように「誰も飢えない、当たり前の平凡な幸せを得られる国」なわけですが、そのために頼朝と争うことによって、その「平凡な幸せ」とやらをエサに刺客にされた土佐坊がいる。
かといって、自分の決めた道を取りやめることもできない。
やりきれない状況になった義経の表情が気の毒でした。このあたりのシーンが、あとに出てきた、「都を出る」という選択肢にも繋がったのかな。
義経が、都にいる知り合いの名前を列挙していったとき、いろんな人の名前が出たのは嬉しかったですね。五足とか、なつかしいなー。あと、一条さんとか建礼門院とかの名前も出てきたことにじーん。義経、政治的には気が利かないんだけど、普通の人付き合いについては非常に細やかな人ですよねこのドラマでは。
■「義経の顔は本当はあまりカッコよろしくない」説とかありますけど、実際はどうなんでしょうね。ものすごく美男子だったら、維盛とかみたいにそういう話が残ると思うので、まぁ並かそれ以下だったんだろうと思います。
でも、結構モテてるところや、都の人がわりと義経に対して良い評価を残していることを考えると、嫌悪感のある顔ではないし、性格と相乗効果で「いいヤツ」認定される、いわゆる「善玉顔」だったんじゃないかなーとは思います。
タッキー義経のよいところは、美男子であることは勿論なんでしょうが、何よりも「キレ者」美男子ではなく、「善良そうな」美男子であることだと私は思います。少なくともこのシナリオには合ってると思う。

■今回を観て思ったことが。
いままでずっと思ってましたけど、義経と静双方の演技力があまり深くないことが、ここに来てちょっと響いてますね…。
義経と郎党達が深い結びつきを持っていることは、彼らのやり取りの端々からわかりますが、どーも義経と静はやや他人行儀というか、ちょっとお互いに距離を持とうとしてる感じがする。
私、静がちょっと暗めのキャラであることは気に入ってるんですよ。
ハキハキとよくできた女ではなく、踊ってる以外はどこかもっさりおっとりしてるってのは面白い。
でも、石原静は、もうひとつ深いところの「内心の覚悟」の表現が弱いんですよね。萌殿の梶原との会話みたいに、ストーリー上で「覚悟してます」感を出すエピソードが特にあるわけではなく、日常の会話やお酌シーンとかで出すしかないので、難しいとは思うんだけど、頑張ってほしい。
次回で吉野の別れがあり、さらにその後には「しずやしず」があるわけなので、そこでもう一歩踏み込んだ演技を期待したいです。

■で、鎌倉殿は「もはやこれまで」と決意したようです。「もはやこれまで」がなんだか遅いっつーか、もう既に始まってしまってからかなり状況が経過してる気がするんですけど……なのは、義経も頼朝も似た者同士ですね。さすが兄弟。
前回の政子が異様にカッコよかったので、院宣のことを知って頼朝の判断を本気でうかがう表情になってた政子には、ちょっとがっかり。
前回のは女の浅知恵だったんでしょうか。うーん、もっと「いよいよ義経もキレたか。してやったり!」という顔をしてほしかった!


■さて。次回はなんだか知盛の亡霊が出てくるみたいです。義経千本桜ですか。
でも、私、「見るべきほどのことは見つ」って言って消えていった人間が、そんな怨念を残すものなのか、そのへんが納得いきません。教経や、今回の大河で言えば資盛あたりだったら順当なんですけどね。
知盛が出てきちゃうと、憎しみを昇華させて死んだ宗盛たちよりも精神の底が浅い気がして、なんだかがっくりきちゃいません? 私が知盛にあまり「熱い武人」のイメージを持ってないからそう感じるだけなのかなぁー。
…って、言っても。
怨念を見るのは義経なんだから、結局は「平家追討っていったい何だったんだ?」っていう義経自身のわだかまりなんでしょうけど。
[PR]
by mmkoron | 2005-10-30 22:31 | 大河ドラマ「義経」

<< 「義経英雄伝 修羅」レポート ...      第42話「鎌倉の陰謀」 >>

源平関連の本・ドラマなどの感想文あれこれ
by mmkoron
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のトラックバック
スキヤキ・ウエスタン ジ..
from 徒然独白 - 手鞠のつぶやき
小栗旬 カリギュラ 関連..
from 小栗旬 画像・動画 最新情報..
小澤 征悦『西郷隆盛』役
from 篤姫(あつひめ)大河ドラマ
リンクなど。
きよもりよりもよき
まみころの平家物語サイト。
あらすじ紹介漫画とか人物紹介など。



まみころのブクログ
源平関連以外の読書日記はここに。読む本にあまり偏りはないと思ってたけど、こうして見るとすごく偏ってる。
以前の記事
その他のジャンル